ある猫ブログを読んでいるのだが、その人の野良猫に対する姿勢に頭が下がる。
この子でもあの子でもなく、ひたすらに猫を愛して止まない人。

私などは、タヌコ に 愛情を感じたわけで、猫全体に愛情を持っているのではない。
なのでその人に羨望の眼差しを向けつつ、意地悪な考えも頭に浮かんだりする。
全ての猫を『愛して止まない』は『愛して病む』に通じるのかも…と。

疑うことなく『病み続けられる』なら、それはそれで結構なこと。
覚悟の上で『病む』のなら、それは尊敬に値することだと思います。

……………

十年くらい前だったろうか、その猫たちは突然姿を現した。
シャム系の家族?総勢5~6匹。

母ちゃんと父ちゃん。
ほとんど大人になっている長男と次男と三男、たまに四男?な感じ。
多分、一家族まるっと、捨ててったロクデナシがいたんだろうね。

会社にいたおじさんは猫が大好きで、以前から野良ネコにエサをやり続けていた。
なので、当然そのシャム一家も会社周辺に居を構えた?

おじさんは餌をやり、しょっぱい竹輪をやり、与えてはいけないチーズをやる。
「動物好きで猫に好かれるオレ。いい人!」を目指していたのでしょうか。
純粋に猫が好きなようには見えなくて、残念な空気をまとっておりました。

猫のエサってくさいのよ。
夏になったら悪臭に近いし、蝿もたかる。
カラスだって喜んでやって来る。

ご近所めいわくなんぞ、何のその…
「いい加減でやめときなよ」なんて言っても、聞く耳持たず。
優しい自分に酔いしれておられたわ。
仕事が終わったらほったらかしで帰ってしまうくせに。

…………

最初に死んだのは、母ちゃん猫。交通事故でした。
やがて四男が来なくなり、次男も事故にあってこの世を去り
父ちゃんも姿を見せなくなり、長男はパン屋の近くに引っ越したらしい。
雄猫たちは冒険家だから新天地を求めて旅だったのでしょう。

ほんの一夏のこと。

翌年、生きていたのは長男と、会社の近くに住みついた三男のサン太だけとなっていた。

まあ、猫たちのことは裏玄関の話で、表玄関を利用する私には関わりないこと。
ご近所とトラブらなければ、放置でいいと思っていた。

そして、翌年の夏。
会社をでたら猫が鳴きながら寄ってきた。サン太だった。
汚れて痩せた体。ゴワゴワでヨレヨレのヒゲ。よだれでカピカピの口元。
お腹が空いているのかニャーニャーと鳴き続ける姿が可哀相で
犬用に持ち歩いていたチーズ(動物用です)を指先で潰して地べたに置いてやった。
ムシャムシャと食べ、少ししたら吐いた。

おじさんはサン太が病気なのを知っていた。
「エサを食べてもほとんど吐いちゃうんだよねー」って言いながら
でも、シャム猫特有の用心深さがはんぱなくて、
捕まえられないから仕方がないと放置していた。

秋が過ぎて、冬の始まりに近づいた頃、おじさんがようやくサン太を捕まえた。
水を飲むのもやっと。明らかに衰弱しきって手遅れの状態だった。
病院は症状を伝えただけで、診察さえ拒否。←仕方ないけど

おじさんが責任を持つということで、サン太は裏玄関で飼われることになった。
といっても、すでに立ち上がることさえままならない状態。
保護と言うより、飼うというより、看取りといった感じでしょうか。
私は関知せず。

それでも何日か目の夕方、様子を見に行くと冷たいコンクリートにタオルが1枚。
湯たんぽ代わりのペットボトル2本に挟まれてサン太は眠っていました。

なんかね、衝撃的だったわ。
冬間近の北国のコンクリートの冷たさや、シャッターからのすきま風。
あっという間に冷めてしまうペットボトルの水の冷たさを想像してごらんなさいませ。
おじさんの愛って、どっち向いてんだか分からない。
サン太はもう寝返りも打てないというのに。
冷たいコンクリートの上、冷水に挟まれて夜を過ごしていたなんて…

あまりにも可哀相すぎて、段ボールを何枚か重ねて、古いセーターを敷いて、
タオルで周りを囲ってやりましたよ。
生きられないのは分かっていても、生きてる間は、せめて少しだけでも快適に…

それから間もなく、呼吸をするだけになってしまったサン太を
おじさんは工場に入れてやりました。
寒くないようにって、乾いた温風がガンガンあたる場所に。
おじさんの優しさに何も言えなかったけど、
私は残酷なことするなって思ったわ。

夕方、終業間近、サン太を見に行ったら、段ボールの箱の中で
四肢を突っ張って痙攣していたわ。
でも、箱が小さくて足を伸ばすことすらできない。
窮屈な箱の中で、もがくように痙攣するサン太。

見てられなくて、箱をこわすようにお願いしたわ。

そしたら、大きく息を吐いて、動きがとまった。
終わったのか?と思ったら
おじさんが、「サン太!」と言って、体を揺すった。
と、呼吸を再開するサン太。

5分もせずに、また痙攣が始まり荒く大きく息を吐くサン太。
おじさんが手を伸ばそうとしたとき、私はそれを止めたわ。
「いかせてあげなさい。」って。

サン太はそれっきり呼吸をしなかった。

ねえ、私って冷たかったかしら?
おじさんは、優しかったのかしら?

おじさんは泣いていたわ。

優しさってなんなのかしら。

……………

その猫ブログの主は、私には信じられない程、猫に愛情をそそぎ、
保護し、治療費を支払って野良ネコを飼っている。

その人のブログの中に、こんな言葉があった。
「動物愛護は 助けるか 見殺すか それしかない」


そうね。私には見殺すことしかないってことなんだわ。



にほんブログ村