お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

終の棲家

貧乏人マンションを買う。銀行での黒い集団

支払日当日は爽やかーな日本晴れ。

不動産屋のお兄ちゃんの車に乗って、結構離れた銀行に行った。
通されたのはあまり広くない応接室。

こちらは不動産屋のお兄ちゃんと私。
先方の仲介をした不動産屋さんが2人。
名義変更などの手続きをしてくれる司法書士が1人。
売り主にはお会いしたくないと伝えてあったので来ていなかった。

さて、それでは支払いを・・・とはいかない。

「融資先の方達も来るので、少しお待ちください。」ですとさ。
もうね、待つしかないでしょ。

どのくらい待ったのかなぁ~。
ようやく融資先の人がやって来た。
でも、「まだ来ていない人が…」ということで始まらない。

やがて、やって来た金融機関の方々。
えーっ! 一体何人来たのっ!
ざっとね、7・8人くらいいたと思う。
広くもない応接室は黒いスーツの男達に埋め尽くされたw

そして、私はその人達の目の前で、銀行の払出用紙を書かされた。
さすがに緊張で手が震えた。

その紙を持って出ていく人。しばらくすると戻って来た。
本人が窓口に行かなきゃダメなんだって。
はい。窓口に連行されましたよ。

そうして、応接室で会話もなく待つこと数分以上。
息苦しいったらありゃしない。

やがてお金が届けられ、「確認してください。」って、言われてもねぇ。
この束、1枚ずつ数えるの?って感じ。
「あ。端数だけでいいですよ。」ですとさ。

「確かにあります。」そう応えると、金融機関の方々と共に現金は姿を消した。。。

黒いカタマリが去り、一気に空間が広がった。
別室に移り、各金融機関の方々がその取り分をわけているらしい。
なんだか、生々しいわぁ~。

あの金融機関の同意を得るため、私はさんざん待たされたんだ。

私は、司法書士と不動産屋に手数料を支払い解放されたw

私「いやー、私なにも知らないから大変だったでしょ?」
不動産屋「まさか、これほどとは…」

不動産屋のお兄さんには気の毒なことをした。

だって、私なにも・・・・・w
最初に言っておいたよね!

これにて、マンション購入編は終わりとなります。
そして、怒濤の「貧乏人リフォームに泣く」へ…。

さすがに疲れたので、そのうちw



にほんブログ村

貧乏人マンションを買う。訳あり物件w

さて、小爆発から少し経ち、決済の日がやって来た。
はずが…またもや日延べ。

支払い場所を貸してくれるはずの銀行が都合が悪くなったらしい。
はぁー。。。仕方ないですねぇ。
もう、怒ったりはしませんよ。不動産屋を怯えさせてよいことはないw

もうね、お互い疲れているしね。
不動産屋も場所を貸してくれる銀行を必死でさがしているみたいだし・・

で、ここで????疑問が。
どうして、銀行の部屋を借りなきゃいけないんだろう。
振込先を教えてくれたら、それで済むんじゃなかろうか。

なので、「振込先を教えてー。」と言ったら「だめですー。」だった。

ま。不動産の売買とは不思議なものなのね。
と、素直に引き下がりつつ、その疑問を不動産屋に穏やかに聞いてみた。

で、分かったこと。

このマンションは『任意売却物件』です。

って?

売り主がローンを支払うことができなくなったので、
融資先に半強制的に売却することを奨められたらしい。
競売にかけられるより、ましってこと・・・

あらら、だからなのね。だから、あんな風にプライスダウンできたのね。
だからこんなに時間がかかっているのね。
そして、抵当権も解除されて、綺麗な体で私のものになるのね。

今更である。今更そんなことに気がついたのである。

そういえば、最初のころの説明で「任意で売却」と言っていたっけ。
そうか、任意の意味を私は取り違えていた。

売り主が売りたいから売る、という任意の選択でマンションを売却するのではなく
融資先に「このままじゃ、競売になるけど、どうする?二束三文だよ。」と言われ
「それくらいなら、自分の意志で売ることにします。」という意味の、任意だったのね。

と、大雑把に解釈した。(あ。間違ってるかもですw)

支払い1週間前にようやく全てを理解した私。

そんな私に驚く不動産屋w

だって、私なにも知らなかったんだものwww



にほんブログ村

貧乏人マンションを買う。小爆発w

不動産屋の担当は、30歳前後のお兄さん。

初めてあった時は、黒のスーツに黒のトレンチコートという
なにやら悪徳不動産屋めいた姿に怖じ気づきそうになったけど、
話しをしてみると、とっても真面目な人だった。

というか、30代ってこんなに幼いの?と思える人だった。


住民票をとりに役所の出先機関に行くと「個人票ですか、世帯票ですか?」と聞かれた。
はて、住民票に種類があるとは知らなかった。
どちらを取れば良いのやら…

窓口の人に「かくかく、しかじか」と説明をしても
「どちらか指定してくれなくてはだせない」とのこと。
ふーっ。

担当のお兄さんに電話をかけて確認をとると、「分からない。」だって。
え?
聞き違ったのかと思ったけど、「分からない。」をくり返す。
はぁ。。。

さすがにね、カチンと来た。
不動産屋が分からないもの、私にわかる訳がないじゃないか!
そっちが用意しろと言ってきたんだろう!

はい。そのような趣旨のことを厳しい口調で申し立てましたです。

たじろいだお兄さんは、調べて電話をくれました。
「どちらでも良いそうです。」

そんなこと、調べなくちゃ分からないの?という不信感。

ちゃっちゃと終わらせたいのに、進んでいるやらいないやらの状態に
いい加減いらつき始めていた私。
もうね、購入かを決めてから1ヶ月以上がたっていた。
私の準備は整っているのに、さすがにね、面白がってはいられない。

売買が終わっていないから、部屋の鍵を渡してくれないのに、
リフォームの見積を持って来られても仕方がないではないか!

でもね、この小爆発、不動産屋のお兄ちゃんにはひどく応えたらしいのだ。

説明のためにアパートに来るたび、緊張のあまり大量の汗をながす。
だから、話しの間中ハンドタオルが手放せない。
呼吸困難でも起こされたらどうしよう。私は気が気ではなかった。
冗談ではなく、マジな話です。

普段温厚を装っている分、相手に与えるダメージは大きいのねw

こりゃいかん。

以後、お兄ちゃんが来るときはケーキとお茶を用意して、笑顔で迎える私。

ふーっ。めんどくさいヤツだわー。



にほんブログ村

貧乏人マンションを買う 契約&ご説明を…

さて、資金は準備できた。次は契約なのだけど、これが面倒くさかった。

契約のためには不動産屋の説明を受けなければいけない。

不動産屋の義務として法律で決まっているものらしいけど
それが不動産屋に出向くか、自宅で説明を受けるかのどちらかしかできない。

最初、会社を休むわけにもいかないので、会社の事務所に来てくれるように
お願いしたのだけど、それはできないと言われ、不動産屋に出向くことにした。

ところが、約束の前日、不動産屋から書類が整っていないので
説明は延期して欲しいと連絡がはいり日延べに。

手付け金、もう、下ろして準備してあったのだけど…

そして、説明は翌週の土曜日に、私のアパートで行われることになった。

購入を決めてからすでに3週間が経過していた。
なんだかとってもスローペースなんだけど、こんなものかしらねぇ~

で、土曜日。たくさんの書類について延々と説明が続く。
たしかに会社で片手間に話しを聞くなんて無理だわなー。
ウンザリしながら、真面目を装う不真面目な私w

何時間たったのだろう、不動産屋が言った。
「今日は嫁が結婚式に行っているので、子どもを保育園に迎えに行かなくては。」

はぁ~?
そんなの事前に分かっていたんじゃないの???
ま。そういうこともあるのかしらね。

そこから説明は一気に加速する。もう、マッハな感じねw
質問なんぞできる雰囲気ではない。
まあ、後でゆっくり書類を見ましょうかね。と、悠長な私。

そして、説明を受けた各書類に署名捺印。
時間がないので、私が名前を書くと、不動産屋が判を押す。
見事な流れ作業。こんなんで良いの?

もう飽きてはいるけど、ちょいと雑すぎやしないのかい?
多少の疑問はあるものの、プロの不動産屋がやることだから
まあ、間違いはないのだろう。

手付け金を支払って、どうやら契約は成立したらしい。

「決済までに住民票を移動する必要があるため、住民票をとってください。」
そう言って不動産屋は子どものお迎えのため帰って行った。

ホッとする私。
でも、説明されたことを忘れる前に、書類をチェック。

ん?書類が足りない。
まあ、急ぐような書類ではないので、後日届けていただきましょう。

ん?でも・・・書類がないってことは、説明が終わってないってことじゃないのか?

あらら、それで良いのだろうか・・・さすがにねぇ~
少しの不安が頭をよぎった。



にほんブログ村

貧乏人マンションを買う。有り金はたいて…

さて、色々わからないことだらけだけど、一応中古とはいえマンションを買うわけだから、
お金の準備をしなくてはいけない。

借金は嫌い。大嫌い。なので、ローンは組まない。
手持ちの資金をかき集めることにした。

給料は何年も昇給されることがなかったので、生活費に毛が生えた程度しかもらっていない。
それでもつつましやかに貯めたお金が数百万。

こう書くと余裕じゃん!って思えるでしょ。でもね、なんたって人生長く生きてるわけで、
真面目に働き続けて数十年。一体、1年にいくら貯金してたの?
「イヤー、面目ないテヘッ!」て、笑える金額なんだよね。
というか、泣けるかも。

それと、その前の年、私が18歳で加入した保険が満期を迎えていた。

私が免許を取得してすぐに『あいつなら、事故っても不思議話ない』って、親は思ったらしいw
だから、保険料は実家で支払ってくれていて、私が保険料を払ったのはほんの数回だけ。

その満期金を、「お前のためのものだから」「お前だって掛金を払っていたのだから」
そう言って渡されたもの。実家だって、ギリギリで生活しているのだから、
「大丈夫だよ。いらないよ。」と、見栄をはって、一応ご辞退したのだけど、
親からのたっての願い?を聞き入れて有り難く頂いたものw

それと……母が…数年前、体調を崩したときに家族に内緒でくれたお金。
少ない年金の中からどうやってひねり出したのか…。
さすがに本気で断ったけど、「母さんは大丈夫だから。」の言葉に甘えて頂戴したもの。
空元気、見透かされてるよね。心配かけてるよね。
有り難いというより、切なくなるようなそのお金も使わせてもらうことにした。

以上。かき集めるもなにも…それが私の全財産だった。

お金のことを書くと、複雑な気分になる。
こんな歳になって、これだけしかお金がなかったと思うと
本当に生きているだけの人生だと実感してしまう。

旅行も行かず、遊びもせず、贅沢もせず…それで、この程度ですかぁ?

まあ、欲を出してもきりがないから、この程度がちょうど良いということにしますかねw



にほんブログ村
livedoor プロフィール