お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

日々の思い

春なので

昼間、歩いていて近所の庭の桜が満開なのに気がついた。
梅にレンギョウに辛夷、ツツジも咲いて、一気に春。

ボンヤリしている内に、季節は本格的な春になっていた。


ブオ~ンと唸りながらゆっくり私を追い越していく黄色いトラック。
シャカシャカと車体の下で、ブラシが回転している。

道端の小石や土がきれいに無くなっていく。
ん? 無くなっていく・・・・?

あら~ん。
清掃車って、巨大な掃除機なのね。
まるで、車の形をしたルンバみたいだわ。

などと、下らない発見に、ちょっとウキウキしてしまった。

あいつ、いい歳して、何、浮ついてんだい!
と、バカにされそうだけど、どうでもいい発見に心が躍ってしまうのよ。

そして、何というか、感性がまだ錆びきってはいないんだなって。
まだ、生きているんだなって、脈絡もなく思った。

桜が咲いて春だもの。
半年経ったら、雪が降るんだもの。
道端で、ひっそり咲いてる大好きなタンポポ発見に
少しぐらい浮き足だってもいいよね。

…………………

年相応って、なかなか難しい。
年齢に心が追いつかない。

まっ。いいか。(o^∀^o)



にほんブログ村

優しい時間が恋しくて…

ああ。。。意味のないタイトルです。

とりあえず、今の私の心を表すならこれかな?と。

時々そのやさぐれ加減半端なく、攻撃的でブチ切りそうになっても
たやすく自制がきくのは歳を重ねたせいでしょうか。

短気は損気。
我人なれば、彼もひとなり。
他人は他人、私は私。

そんな言葉を心で繰り返し、色々なことを受け流せるようになった気がします。

…………………

若かった頃、私は正義感?に満ちていた。
若さゆえに直情的で、自分を抑えることに七転八倒していた。

強い者にこびを売り、なあなあでことを納めようとする上司が大嫌いで
しょっちゅう苛立っていた気がする。
弱い立場の者には、薄笑いをかみ殺して横柄に構えるくせに・・・
バカヤロウのロクデナシども…

それが、20代の中盤のある日のこと、年寄りをみて苛立つ自分に気がついた。

え?私はこんなことで苛立ったりはしなかった。
むしろ、手助けするために歩み寄っていたのではないか。
「お前はそんなヤツだったのか?」

自分の心がすり切れて、他人を思いやる心が消えた。
優しかった私が消えた。

心の中にやりきれない思いが溢れた。
呆然ではなく、絶望でもなく・・・
ただただ、やりきれなかった。

………………

今でも「こちるさんは、優しいよねぇ~」と言われます。

おそらく、昔に比べたらものすごく擦り切れてしまっていても
私は優しい人に見えるのでしょうね。

でも、多分、違うの。

人にもまれて歳を重ねた自分が悲しくて、
時折、優しかった自分が恋しくなるもの。



にほんブログ村

スマホ…相も変わらず溜息ばかり

ところでスマホ。いりますかねぇ~?
いやー、使わないんじゃないですか?

でも、時代に乗り遅れるんじゃない?
そんな理由で無駄遣いする気? バカなんじゃない?

確かにバカだと思うけど、今使わなくちゃ取り残されて
本格的にガラパゴスな人になっちまうしなぁ。。。

いつまで経っても、自問自答。行ったり来たり。

携帯ですら解約したいくらいなのに、スマホって・・・
でもなぁ~ばかりがエンドレスで続いております。

で、こんな記事を見つけた。
国民生活センター
こんなはずじゃなかったのに!“格安スマホ”のトラブル-料金だけではなく、サービス内容や手続き方法も確認しましょう-

安くなるには理由(裏)があるのは当然だわね。
って、クレーム入れる側も勉強不足で不注意な気もしますが…

まあ他に、こういう事業者(MVNO)っていつの間にか大手に吸収されるんじゃないかと
信用できないところもあるのよね。

……………………

私がスマホ料金の高さに恐れを成して、アホみたいに格安SIMを検索したあげく、
途中で放置しているのはこのサービスの違いのせい。

まあね、グリコのキャラメルを買わずに、おまけだけ欲しいと思いつつ
一粒ぐらいキャラメルも食べたいわなぁ~となれば、まともにお金を払うしかないものね。

でもなぁ、私の場合は、キャラメルもおまけも観賞用だから
お金を払う価値がない。。。
てか、無駄に使えるお金はないのよ。キッパリ

でもなぁ。ひしひしと老化を感じる今日このごろ、
かたくなに拒絶してたらいざという時、なにも対応できなくなるという不安がある。
最近、脳の機能低下が激しくて、冗談じゃなく恐怖を感じている。
時代後れで人に迷惑をかける老人になったらどうしよう。

やれるとこまで、やってみようか。

フーッ。お金に余裕があったらね~

…………………

docomoからダイレクトメールが届いた。
『はじめてのスマホ割』
フム。なかなか魅力的。
そして、やはりキャリアは安心。

でもなぁ~。2年経ったら、料金が上がるらしい。
その頃私はアルバイターだわ。。。

フーッ。
知能と収入が低下して、歳と出費が増えるのはつらいものだわ。
と、溜息をつきながら、DMを今日も私は見つめている。



にほんブログ村

南の風吹いて

「今日は南の風が吹き~」
先日、朝寝坊な私は、ベッドの中で天気予報を聞いた。

春なんだね。
そういえば最近、雪が消えたのでエサに困らなくなったのか
セキレイ君が来なくなった。

冬の間は、ポコポコまんまるだったのに、
暖かくなってきたら、みすぼらしい姿に変身。
春を感じて羽が生え変わりはじめたか?


冬の始まり 12月17日
12-17-1


春のきざし 3月18日
03-18


下り立つ
03-11 oritatu


飛び立つ
03-18-1


ついでにヒヨドリ。冬。
01-21 hiyo2


春。
03-05-hiyo


寒い冬が過ぎれば、ダウンコートを膨らませなくてもよくなったみたい。

よそのお庭にクロッカスの花が咲いた。

南の風が吹き始めて、北国はようやく春だよ。

鳥たちは自由に空に飛んで、私はまた置いてけ堀だけど
暖かな日差しと南の風に、心は少し浮き足立ってる。

なーんて、書いていたら、今日は吹雪と来たもんだ。。。

まあいいさ。それでも春なんだから。

…………………

知り合いのお子さん一家が、南の島に期間限定で移住した。
家族旅行の先で、その島に魅入られて「住みたい!」となったらしい。
ほんの1ヶ月で嫁様、仕事を見つけてきて移住決定。オオーw(*゚o゚*)w

すんごい行動力。決断力。あらゆる能力。
オバサンは、あまりにもうらやましくて卒倒しそうだわ。

どれどれと検索したら、今日の気温は22℃だって。
こっちはお昼の気温がマイナスで、震え上がってるてのに。

もしかして島の人達は、コートやストーブなんて知らないんじゃない?
なんて、北国育ちの私は、素直な疑問を持っている。

と、夏に東京からこちらに転勤して来た人を迎えに行った知り合いが
毛皮を着て飛行機から降りて来た人を見てビックリした話を思い出した。
いくらなんでも、偏見強すぎだわ。←お前もな(^^ )

現在、ようやく吹いた南風は、北風に追いやられて苦戦中。
エサ場をベランダから自然界に移したセキレイたちもきっと苦戦しているわ。

南風よ、頑張って北風を押しのけておくれ。


にほんブログ村

自分以外の相手に理解を求めることは難しい

本日の記事タイトルは、こちらからまるっとパクってます。(*^ー゜)

うん。毎日読んでる。ブログの記事タイトルね。

でね、記事を読んでちょっとばかしイラッとしたの。
そして、小さく小さくこう思いました。
“バカじゃねーの?”って。

…………………

母は虚弱な人でした。←生きていますけど。

私の腕の中にすっぽり包み込めるほど小さくて、華奢で。
卵アレルギーで、魚アレルギーで、抗生物質アレルギーで…
肉はあまり好きじゃなくて、無理して食べると吐いちゃって…

フーッ。よく生きてるね?って感じの人です。

なのに、ものすごく辛抱強い。
体調が悪くてもギリギリまで我慢する。
我慢したおして何度か入院。
抗生物質を使うと死んじゃいますから使えない。
だから入院は長期になる。

なのに、なんでそこまで我慢なんぞするの?
庭に草がはえても、雑巾がけをしなくても、誰も死んだりしないよ。(^^)v
フーッ。
バカじゃねーの?ってね。

腎臓と肝臓をWで痛めて、でも、入院がイヤだからって
絶対安静を条件に自宅療養になっても、「寝てばかりいたら・・・」って。
フーッ。
バカじゃねーの?

寝てるのは暇でつまらないし、家族に迷惑かけてるって思ってるんだろうけど
なにか家族の役に立ちたいって、思う気持ちは分かるんだけど。
「安静にして、寝るのが一番の薬なんだよ。」
などと話をしながら、お終いには
「いつまで起きてるの! もう寝なさい!」って叱り飛ばすはめになる。

無理しちゃだめだよぉ。
回復できなきゃ、もっと寝てなきゃいけないのに。ってね。

何十年も親子をやってきて、それでも体調に気づかないことってあるんだよね。
実家の家族はとても優しくて、昔から両親の健康にとても気を使っていて
たまの電話でも、昨日は眼科、明日は内科、来週は整形に~~~
チュリャ チュリャ チュリャリャ~♪♪♪ 

それでも、言ってくれなきゃこっちは何にもできまへん。

…………………

で、だ。
何十年も親子をやってても、病人の症状は分からない。
理解とかじゃなく、その体調や揺れる気持ちについていけない。

それが、かなりちょっと鈍感な配偶者なら尚のこと。
生まれてから家族になるまでのブランクだって長いしね。

病気のこと『心配かけすぎるのもなぁ』なんて思わないで、しっかり話せばいいのに。
彼なら、3割増しで話しても、3割引でしか聞いてないと思うんだ。←偏見?


「病人の気遣いほど、後から面倒なことはない。」by私の家族



にほんブログ村
livedoor プロフィール