お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

日々の思い

半年ぶりに…

ゴールデンウィークが終わった。

パートに行くようになってからすっかり夜更かしが常態化して
なかなか普通の時間に寝付けない。
閉じた瞼がピクピクとうずいて、眠りにつくことを拒否し続けるのだ。

まあ10連休だし、昼寝すれば大丈夫ってことでモゾモゾとベッドから起きあがり
録りだめてあったドラマなんかをボーッと見ている内に夜が明ける。
「ああ、この時間に寝てしまったら、ゴミ出しの時間には夢の中だわ。」
 ※我が家のゴミステーションは夜中のゴミ出しは禁止。
なんて思ったりして、庭の草むしりを始めたのは午前4時半。
7時にゴミを出したら睡魔が訪れ昼まで爆睡。

そんなことをくり返していたら、5日目には完全な昼夜逆転となってしまった。
最初のうちこそ「引きこもりの学生かよっ!」などと、一人でツッコミ入れて笑っていたけど
さすがにねぇ。いつまでもはねえ・・・還暦過ぎてみっともないわねぇ。

眠剤飲んで強制的に寝ようとするも、何故か全く眠れない7日目の夜。
考えてみれば外出したのは近所のスーパーへ1度きり。
あまりにも運動不足で、体が休養することを拒否するのも当然だわ。

運動がてらスーパーへの道を遠回りした9日目の夜。
友達の家の前を通り過ぎようとしたとき、犬と共に飼い主が外に出てきた。

「久しぶり~、元気だった?」って、今年はじめてのご挨拶をしつつ
半年ぶりに見る犬の背中がまあるくなっていることを悲しいと思った。

何故か犬をいじめていた飼い主の娘さんが、年老いた犬に執着するようになってから
私はラブとの散歩をしなくなっていた。

おやつは無添加のものじゃなきゃダメ!
って、15歳にもなった老犬に今更なことを言いはじめたり
少しの体調不良に大騒ぎして、病院に駆け込まれても、
今まで世話せずにきたから、当たり前のことさえ分からないくせにと思ってしまう。

ならば、汚れたペットシートぐらい交換してやれよ。
ブラッシングしてやれよ。
水の皿を空っぽで放置するなよ。

でも、私に所有権はないのよ、いざというとき手出しはできない。

それでもラブは私のことを覚えていて、立ち上がって散歩をおねだりする。
「うんうん。忘れないでくれてありがとね。」

久しぶりに散歩をしながら、友達とこの半年のことを話しまくった。
膝の回復具合とか、パートのこととか。

友達はラブの様子を話し、娘の話をし、自分の話をした。
「私、○○ガンになった。」
「こちるさんに電話したかったけど、できなかった。」って。
・・・・・・・。

「薬は? 治療は? 手術は?」
「うん。今は経過観察中で定期的に大学病院に行ってるところ。」
「そっか、よかった。」

……………………

友達と知り合ったのは、前の犬がきっかけだった。

あれから20年の歳月が流れて、2匹目のラブも今はすっかりおばあちゃんだ。

当然よね。私たちも歳をとるはずよね。
これからは、自分がどうなっても仕方がない歳よね。

そんなことを言い合いながら、私たちはそれぞれに覚悟を決める。

それは、慰めではなく、受け入れざるを得ない現実としての話だ。




にほんブログ村

働くのだ

去年の今ごろ、私は働かずに老後を過ごすことを夢見ていた。

仕事が嫌いというより、人が嫌い。
人付き合いを考えると、水だけしか飲めなくてもこの部屋から出たくなかった。

失業保険と退職金と厚生年金で65歳までしのげたら、
後は貯金を切り崩しつつ年金暮らしをするつもりだった。

なのにねぇ~、現実は失業保険を受給しつつパートに出てしまっている。

…………………

長く働く気なんかなかった。
前の取引先から声をかけられてパートに出てはみたけれど。
嫌になったら即撤退のつもりだった。

だからこの冬、通勤時間の長さにウンザリして、膝の痛みがとれなくて
雇い主には次の人を探してもらうようにお願いをした。
「この仕事は信用が大事な仕事で、誰でもって訳にはいかないのよ。」
と、言ってはいたが…

多分、雇い主の中ではそれで話に決着がついていたのだろう。
あるいは、そのことをすっかり忘れてしまったのか?

1ヶ月も経たぬころ「夏になったら、冷蔵庫で炭酸冷やしましょうね。」って…
ついつい私も「そうですね。」って…

アレ?
どうやら私は、夏になってもここで働いているってことらしい。

…………………

雇い主はとても優しくて、とてもおしゃべり。
そして、ものすごーく忙しい。

雇い主が留守の間、私はコーヒーをすすりながら、黙々と仕事に精を出す。
とはいっても、雇い主がいないとき、分からないことに出くわすと、
過去の資料とにらめっこばかりで、仕事はのたりとしか進まない。

仕事をしに来てるのに、仕事ができないってのは、いやなのよ。
なんかね、自分に対して「この無駄飯食いがぁっ!」て、怒鳴りつけたくなる。
まあ、出来もしないこと、出来たふりしても仕方ないけどさ。

なので「これだけしかできてませんが…」と言うと
「いいのよ、その内慣れるわよ。」と寛大な言葉が帰って来る。

そして、大量のおやつを買ってきて「休憩しましょっ」と。

そこからは、話の洪水に私はおぼれる。
多分、もの凄いストレスを抱えているのだろう。
高音のその声が、頭の芯まで突き刺さって、耳鳴りがするほど。
「ね。仕事しましょ。全然進んでないから。」と、
話をさえぎって、ようやく私は雇い主の熱狂から解放される。

こんなだから、仕事は全く辛くない。
雇い主の話は自慢話とグチのオンパレードだが我慢はできる。

でも、本当のところやはり辞めたいと思っている。
でも、多分辞めない。

…………………

以前、思い描いた生活が不可能だとは思わないけど
それはやはり現実的ではない。

私は急にお金が惜しくなった。
自分の貯金が減ることに恐怖を感じるようになった。
健康でいつづけることにも自信がなくなった。

ならば、今は働くしかないんじゃね?

ということで、私はパートを継続することにした。



にほんブログ村

春風のいたずら

風向きが変わった。
そろそろこちら方面にも春が来るらしい。

今日ついにストーブが点火しなくなった。
故障ではない。

これって、私がこのマンションに引っ越して以来の風物詩。
北風が弱まるころになると、何故かストーブのエラーが出て点火しなくなる。

最初の年には業者さんに何度も来てもらい、動作確認をしてもらった。
点火する日もあれば、しない日もありと、とても不安定でいかんともしがたく、
最終的にはメーカー修理に出してみたものの、
何故か工場?では点火して普通に燃焼して修理のしようがない。
そこで、我が家に出戻りで取り付けると何故かエラーが出る。

ついに業者さんも音を上げ、もう初夏になろうというころ新品交換とあいなった。

そして冬を無事に乗り切り、次の春が近づくころ、またしても点火不能に・・・

こりゃもうストーブのせいじゃないってことで、排気筒の交換工事をし
何時間もかけて微調整したら無事に復旧した。

と、思っていたが、次の春には同じことに・・・

ああ、このストーブは春風が吹くと、さっと身を引くいさぎの良いやつなのね。
あるいは、拗ねてそっぽを向く可愛いヤツ。
だけど、私はまだまだ一緒にいたいのに・・・

…………………

今日の午後、激しい雨と共に雹も降り、気前よく雷がとどろいた。

これは春雷ってヤツかしら?

今日の最高気温は11℃だった。(もう、昨日になったけど)
明日の気温は18℃の予報。(火曜日)
明後日は24℃。(水曜日)
その次の木曜日は22℃。
そして、金・土曜日は12℃。

もう、何を着たらいいんだか、モモヒキしまって良いのやら。(゚∀゚)アヒャヒャ

春風に弄ばれてるなって思いながら、南の風が待ち遠しい。

夏になるころ風が落ち着けば、ストーブは普通に燃えるはず。
いや、さすがに使うことはないんですけど…



にほんブログ村

格差社会を楽しむ?

貧乏人の子どもは教育を受ける機会を奪われている。
あるいは奨学金を使って教育を受けると、多額の借金を背負ってしまう。
それは不公平で可哀相だ。的なことをよく見聞きする。

確かに。と、思い、だから?と思う。

奨学金の返済に苦しむのは、貧乏人のくせに、自分の力量を見誤ったせいじゃないの?
だいたい奨学金が返せない人が続出で、社会問題になるっておかしくない?
いくらなんでも身の程知らずの数が多すぎじゃなかろうか。
そりゃあ、大卒でも仕事にあぶれるヤツも出てくるわな。

などと冷めた目で見ている私ですが、教育というものがイマイチ分からない。

どんなに温めても、無精卵からヒヨコは生まれないのと同じことのような?

平等に教育を受けたとしても、バカはバカじゃあるまいか?
お金があってもなくても、バカはバカ。
どっちにしても、賢くなる資質がないものはバカな気がするのだが…

まあ賢いかバカかなんて、すぐには分からないから学歴が大事ってことになるんですかね。
その学歴にすらランクがあるのだから、あらゆることに格差はなくならないんだろうね。

……………………

ディスります。

私の雇い主は個人で事務所をもっている。
建物の別フロアにはその配偶者の同業事務所がある。

雇い主の配偶者は大学を3つ出ているそうです。
「配偶者はとても頭が良い」のだそうです。
国立・国立・私立と渡り歩いた。「どうだっ!」って感じ。

私は思いました。
「もしかして、私が高卒で何も知らないからバカにしてる?
 それにしても経済的にゆとりがあれば、これ程までに贅沢ができるのか。」

ごめんよ。無学でも私は知っている。
かつての国立大学には一期校と二期校があったことを。
まさか、最初から二期校ねらいなんてないよね。
その私立大学って、箱根駅伝に出場するまで聞いたことさえなかったよ。

ごめんよ。私、無学だからさ。
有名どころしか知らないんだよぉ。

多分、本当に、とても頭の良い人なのだとは思うのだけど…

でもねえ、私はその学力とは別にお金の力の凄さに圧倒されてしまいましたよ。
30歳+アルファまで仕事に就くことなくお勉強に専心できた経済力のすごさに。
東北・北陸・関東なんて、北の大地から通学できるわけもなく…
予備校にだって何年か通ったのでしょ?と。

配偶者の学歴自慢のかたわら、自分の学歴についても自慢する雇い主。
いや、知ってますよその大学。
いとこが国立に落ちちゃったので、そこの私大に行って主席で卒業しましたから。
ああ、言ってやりてえ・・・言わないけど。

ちなみに今年、雇い主のお子さんが東京の中堅私立大学を卒業するそうな。
25歳。今年から大学院に進むのだそうな。

もうさあ私にゃあ、学歴自慢なんだか金持ち自慢なのか分かりませぬ。

はっきり分かるのは、学歴は経済力に正比例するってことかしらん?

……………………

そりゃあ挑戦する機会さえない貧乏人が、妬むのも仕方ないわね。

でも、今の私は雇い主の優越感を満足させて、パート代を稼ぐために
ただニコニコと話を聞くだけ。

もう枯れ朽ちていくだけのオバサンには、見たい夢なんかないので
雇い主の話がなんだか面白くさえある。
出てくるご自慢の学校名がCランク以下ってどうよ?

見下されてんのを感じてるので、こっそり見下し返しをしています。
無学な貧乏人は、たらればの可能性を武器に批判・批評ができるから、
それなりに楽な気分で生きられます。

ただ、こうなるまでに半世紀以上かかってしまいましたけど…



にほんブログ村

蒸し大豆

ブログを書いては消しをくり返しているうちにもう3月。

どうしてそうなったかってえと、書いたものを読み返すとネガティブな話ばかり。

現状は、気楽なパート暮らしである。
なのにねえ、思うこと感じたことを文字にしたらほとんどグチばかり。

何故だ!
今、わたしゃ~それなりに楽しく生きているのに。

…………………

最近、楽をし過ぎて体重が大幅に増加してしまった。
ズボンを穿くと上半身と下半身がぶっちぎれるんじゃね?
ってくらいウエストがきつい。
もう、体重計なんぞに乗る気もおきないくらいだ。

そこで今日は、特売の蒸し大豆をスーパーでいっぱい買ってきた。
大豆って体に良いんだよね? カロリー低いんだよね?
程度の知識しかないけど、駄菓子を食べるよりはマシだろう。
小腹が空いたらこれでしのげばいいんじゃね?

蒸し大豆をわしづかみでカゴに放り込み、さて、レジへ向かおうとして
突然恥ずかしさがこみ上げる私・・・
いや、べ、別に恥ずかしがることなどないのだけど、やっぱりなんだか恥ずかしいよ…

そこで、セルフレジを使うことにした。
ここなら横に並ばれることもない。
カゴの中を見られる心配もない。

レジにバーコードをかざす。
すると! 無機質な声が『○十円』と金額を読み上げた。
あらら、まいったね。
これは数の分だけ読み上げられちゃうってことだよね。
それは20回ほどになる。
誰も聞いちゃいないんだろうけど、身も蓋もない気分になってしまったわ。

……………………

帰り道、蒸し大豆を詰め込んだレジ袋が指に食い込む。
なんだかとても重いのだけど、100グラム×20個=2㎏だもの、仕方がないわね。

できることなら、これを食べ終わるころには、これくらい体重が減れば良いのだけれど。



にほんブログ村
広告