お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

日々の思い

寝返り

毎月、美容院で髪を切っていた。
3ヶ月ごとに縮毛矯正もしていた。

それが面倒臭くなって美容院に行くのをやめていた。
美容師さんとの会話は面倒だし、パーマをかける時間は無駄に長くて嫌いだった。

気がつけばほぼ半年。
なーんだ。毎月髪を切る必要なんてなかったんだ。
私は無駄に時間とお金を費やしていたんだわ。

……………

髪の長い人はどうやって眠っているのだろう。

肩くらいで切りそろえた髪は、寝返りのたびに顔にまとわりついて何度も目が覚めた。
グイッと髪を引っ張られる感覚はちょっとオカルトで、驚いて目を覚ますことも何度か。
なんのことはない、枕と肩に髪の毛が挟まっているだけだったのだけど…

そんなことをロングの人に言っても笑われるのはナゼ?
みんなどうやって眠っているの?

返事はみんな同じで「フツーに寝てる。」って、そのフツーが分からない私。

それで、あるとき気がついた。
私は寝返りを右回りにしかうたない。
だから髪の毛が顔に巻き付くのだと。
私の寝相がフツーではなかったらしい。

ならばと、伸びた髪を頭のてっぺんで結んで見た。
快適に眠ることができた。
バランス良く左右に寝返りを打てればいいのに、いらぬ一手間が必要になってしまった。

で、最近ドライヤーをかけていて気づいたのだが、
なんだか前髪近辺の地肌が目立って来たような・・・?

絡んだ髪を強引にとかし過ぎましたかね。
夜中まできつく結んでいては、毛根に負担がかかりましたかね。

イエイエ、はげてはおりませぬ。
ですが、ちょっとそっとじゃない不安感が…

………………

昨日から降っていた雪が、朝になっても降っていた。
今年もまた一気に雪が降り積もった。
たくさん庭に積もっているのを見て、イヤでもタヌコを思い出してしまった。
『タヌさん。1年が経ちました。あなたは、本当にもう来ないのですね。』
CIMG0964

………………

こんな寒い日は外になど出たくはないけど、思い切って美容院に電話を入れた。
突然降り積もった雪のせいで、美容院はガラガラだった。
「昔みたいにショートにして下さい。」
髪が束になって床に落ちた・・・

今夜から寝返りを気にせず眠れる。

明日の朝には、封を切っただけのロイヤルカナンをゴミに出そう。




にほんブログ村

食へのこだわり

輸入肉ばかり食べているこちるですが、元気です。

知り合いのお子さんに料理教室に通っている人がいます。
そうさなぁ~、かれこれ6年?7年?

最初の2年は、個別指導で数百万円以上お支払いをしたらしい。
貧乏人にはとても真似ができないウソのような本当の話。

まあ、包丁の持ち方から始まるという、
調理のABCを頭から教えてもらったのだから仕方ないのかも。
そう、『ABC』から。。。

最初の3年くらいは親が月謝を払ってくれたらしいけど
今は、気が向いたときだけ自腹で行っているらしい、
それにしても、総額いくら注ぎ込んでるんだか?

その子が今年になってから、食材にこだわりを持ち始めた。

それまで使っていたあらゆる食材や調味料を全部ゴミに出し
生協と自然食品の店から購入したもの以外は調理をしないらしい。
親が買ってきた自然食っぽいふりかけですら封も切らずに捨ててしまう。

「料理教室の先生が、食材にこだわりがあるんですって。
 あの子はすぐに真に受けるから…」
とは、ふりかけを捨てられて怒っている親からの話。

肉とかむきエビなんかは、ジャージャー水道水(高級浄水器付き)で洗う。
キャベツの千切りは、これでもかってくらい水にさらしてゴワゴワ食感に。

「ねえ、それって美味しいの?」と聞いたら
「肉やエビの味なんてほとんどないわ。」とのこと。
それでも家族の健康のためだと言われたら何も言えないのだとか。

というか、何を言っても無駄だったので諦めたらしい。
「何もできなかったあの子が、料理をしてくれるだけで満足。」
なのだそうです。

この前行ったら、未開封の上白糖が玄関にありました。
「あの子、これも捨てちゃうのよ。」
「じゃあ、もらってくね。」と、私がいただきました。

上白糖は白いけど、漂白剤なんか使ってないんですけどね。
白いのは漂白されてるって、教えられたのか思い込みなのかは不明。
木綿の服じゃあるまいに…

その子の旦那さんがグチっておりましたわ
「生協の肉が良いとかっていうけど、半分は脂身で
 あんなもん食ったら、かえって体に悪いと思う。捨てたってお金だし。」

それでも、あなたのため。家族のため。
そう言われたら、黙って食べるしか道はないらしい。

そこで素朴な疑問を口にした私。
「食材にそこまで気を使ってたら外食なんかできないよね?」

知り合いいわく。
「それがね、そんなこと気にしてたら外食なんかできないって、平気なのよ。
 今日もクーポンを使える店へ夫婦で行ったわ。」

もう、どんな食へのこだわりなのか理解不能なんですけどぉ~~

ま、よその家庭の食へのこだわりなんて私には関係ない。
ただ、私は知り合いの家で勧められても食事はしない。

だって、その子、手を洗わないの。
目をグリグリかいても、足の裏をいじくってても…
家族なら諦めも我慢もできるんだろうけど、私には無理。

これ、私の食へのこだわり。←てか、常識のような気がする。

料理学校の先生にお願いしたいわ。
へんてこな食材へのこだわりより、清潔な料理の心構えを教えてあげて。
ABCのAって、包丁の持ち方からでなく、まずそこからだと思うわ。



にほんブログ村

かっぱらい

この前の風にぶっ飛ばされたコスモス。
玄関で咲き誇っておりますが、花壇に異変が…

先日、いつものように出勤していて違和感を持ちました。
何かが違う。

ん?いつも会社の影から顔を見せていた柿色の花が見えない。
昨日は風も吹いていなかったのにナゼ?

近づいて分かりました。
根元からそれは見事にスパーンとなくなっておりました。

もう、おはようの挨拶もそこそこに
「キバナコスモスが盗まれてます。」と叫んでおりました。

社長いわく「こちる君が、玄関で見せびらかしたから・・・?」

  ↓  現在のコスモス。
BlogPaint


いやいや、それと花泥棒は別のもんでしょうよ。
第一、あのでっかい花のかたまりを玄関以外のどこに置けるというんだ。
花瓶の口径、20㎝以上ありますけどね。

「花泥棒は泥棒じゃないっていうから・・・」と、とぼけた事をいう社長に
「根元から持ち去るのはドロボウでしょ!」と、語気が荒くなる私。

だって、1㎝以上あるしっかりした茎が、スパーンと綺麗に切り取られてる。
それって、わざわざ刃物を持ってきたって事だよね。
やる気満々だったってことだよね。

執念感じるわ。
心底こわいわ。

社長との会話の結論は、
『やる気のあるヤツにはかなわない。』で、落ち着いた。

………………

ある人のブログを読んでいたら、ブログを丸ごとパクられたという記事があった。

ググってみた。まるっとドロボーブログを見つけた。

一体このドロボー行為にどんな得があるのかわからない。
でも、本家のブログがGoogleさんの検索に嫌われることもあるらしい。

なんだよそれ。
気に入らねぇ。

現実(コスモス)でもネット(ブログ)でも、かっぱらいが横行ですか。
こっちが大切に育んできた物を・・・バカたれが!

『やる気のあるヤツにはかなわない。』のだが
ブログだったら対処方法があるみたい。

私は、かっぱらいのバカヤローに天罰が下ることを願うだけだけど。


にほんブログ村

一人暮らしの無精メシ

一人暮らしをはじめたころ、食事をするのが寂しかった。
家族と囲む食卓が楽しかった訳ではないけど、
自分だけのために料理をして食べるのは、なんともつまらないものだった。

それでも、料理をしていたな。
あの頃・・・

それがいつの間にやら・・・

…………………

最近、肉を食べるよう心がけている。

歳を取ったら皮膚の再生速度が落ちてきたようで
最近空気が乾燥してきたせいで、スネにひび割れが激しくなってきた。
乾燥した田んぼな感じだけではなく、血まで滲むって弾力も失われたか。

タンパク質、不足ですかね?

だからといって、コラーゲンなんちゃらなんて買う気にはなれない。
あんなものじゃ、腹はふくれないわよ。

コスパ悪すぎて、貧乏人が手を出すようなもんじゃないわ。
それにあれって、ただのゼラチンでしょ。
なんか、アホくさって思ってしまうわ。
※貧乏人の負け惜しみ。

とりあえず特売の豚ブロック肉を買う。
アメリカ産でもカナダ産でもかまわない。
私、国産だから安全だなんて思っていない。

………………

昔、大腸菌O-157で大騒ぎになったとき、貝割れ大根がえらい目にあった。
当時の厚生大臣の菅直人さんが、貝割れ食って安全宣言のパフォーマンスしてたっけ。

保健所の調査なんていい加減で、調査に入るころには
食品輸送の車はキレイに消毒されたあとで、菌なんか出るわけがないから
原因を突き止めるのなんか不可能だったのよね。

菌が検出されたわけでもないのに、とりあえず貝割れじゃね?って感じ。
本来、牛の排泄物から検出される菌と、水耕栽培の貝割れを結び付けるのは無理があった。

でも、その後の検証で、水耕栽培の水に菌を入れて貝割れがそれを吸収するか
実験をしたところ、根から吸収することもあるって結果がでて、貝割れはグレーゾーンへ。

どうしても貝割れが絶対安全ではないと言いたい、厚生省の意地を感じたわ。

うーん。でもさ、シロウト考えなんですが
根から吸収されるなら、全ての野菜が危険だってことにもなると思うけど、
違うのかしらね。

………………

そのような昔話をしていたら、農家のおばちゃんが言ったよ。
衛生的な水耕栽培の工場見学に行ったんだって。

「水耕栽培? あれって気持ち悪いものよ。
 殺菌された水とかって言ってるけどさ、隅っこの方なんてぬめってるのよ。
 なぁんだ。所詮って、感じよ。」

でも、私たち消費者はそんなこと知らない。
まさに知らぬが仏ってやつですわ。

………………

肉の輸出国がアメリカでもカナダでもかまわない。
国産の肉の飼料なんか輸入もんがほとんどだからね。
輸入肉との違いってなによ!って、突っ込みかましてやるわ。(☆゚∀゚)

………………

そのような訳で、輸入もんの安い豚肉のかたまりを
水と酒とわずかな塩で茹でて、ゆで豚風を辛子酢醤油であっさりと食べ、
それにみりんと醤油を投入して角煮風に変身させ
残った煮汁にタマネギと豚こまを突っ込んで豚丼風にして食べる。
余すことく食べ切れて、手抜きができて経済的。

小さな子どもがいるわけじゃないので、食材を吟味する必要なーし。
とりあえず、私は満腹になれたらそれで幸せ。

独り身の身軽さ。
貧乏人の一人メシは、無精メシなのです。



にほんブログ村

ゴォォ~~と、風が吹いて

月曜日の朝、雨が降っていた。
傘をさして出勤。
外に出ると思いの外風が強かった。

向かい風に「負けるもんか!」と、傘で応戦。
だが、私が負けなくても傘が負けた。(′∀`)アハ。

羽織っただけのコートの前がはだけようとも、前進するだけで手一杯。
髪の毛が逆立とうが、ズボンが濡れようが構ってなんかいられなかった。

会社の花壇のコスモスもグワァングワァンと風に煽られてきりきり舞いをしていた。

こんな日に限って生ゴミ用のゴミ袋が切れている。
よりによって。ブツブツ。

幸い風は強いが雨は小やみ。
生ゴミと1週間なんてイヤだわ。
エイヤッと外に飛び出し近所の店へ。

と、その店の駐車場に止まった車の下で目にした物は・・・

風にもまれねじられ、根元から引きちぎられた我が社のキバナコスモス。
えっ、さっきまで花壇にいたよね?
強風にぶっ飛ばされてしまいましたか?
こんなとこまで・・・

店から出ると、ためらうことなく車の下から引っぱりだして会社に連れ帰りましたよ。

夏の間、丹精込めて育てたんだもの。
風にいたぶられて花びらは変色していても、まだまだ蕾がいっぱいついているんだもの。
ぶっ飛ばされ方が良かったのか、枝は折れてはいないもの。

車道に飛ばされなくて良かった。。。

それを超特大の花瓶にずぼっと差し込み玄関に置いておいた。

1日経って本日。
復活!
うなだれていた蕾が頭をもたげていた。

玄関の蛍光灯に照らされて、緑とオレンジ色のコントラストが美しい。
元気ハツラツ。

ああ、あなたはなんと生命力に溢れているのか!


家に帰って傘の骨を内側からガシガシ押してみた。
なんとなく復活?
雨だけだったら何とかしのげるわね。

傘もコスモスも私も多少のことでへこたれたりしないのだ。
と、真夜中に意味もなく息巻いてみる。


にほんブログ村