お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

これから…

時には強気に!

ハローワークで手続きをした。

午前中、証明写真を撮るため近所のスーパーへ。
狭ーい箱の中、説明のアナウンスの声が大きくて、こっ恥ずかしかったわ。
それ以前に、箱への入り方が分からずアタフタ。
カーテンみたいなのが、ちょっと引っ張ったくらいじゃ開かないのよ。
『まさか、しゃがんで入るの?』って、本気で思ってしまった。
マグネットが強力すぎです。

さて、写真を貼りましょう。と、書類を引っぱりだしてぼーぜん。
記入するものがいっぱい。(個人の感想です。)
失業保険をもらうには、求職しなきゃいけないのね。

60歳を過ぎて、採用してくれる所って簡単にはないだろうな。
と、覚悟し過ぎて、希望する職種とか給料って自分でも分からなくなっている。
時給しだいで働く時間も変わるから、どうしたらいいのやら。
労働条件は、ご飯が食べられるなら、それなりに、そこそこにでOK。
って、文章にするのはとても難しい。

1時間以上、考えに考えて空欄にすることにした。

気がつけば2時。
ハローワークで整理券をとったら、155番だった。
そしてその時は、143番の受付が呼ばれたばかり。
待つこと1時間。離職手続き完了。

そして求職の窓口へ。
担当の人はとても親切で、空欄を埋めるのを手伝ってくれた。
「もっとアピールしていいんですよ。」と言われて、
還暦でも強気でいいのか?と、思った卑屈な私。

 ・希望職種 表に出ずにすむ仕事
 ・希望時給 最低賃金より心持ち高く
 ・勤務時間 柔軟に対応できます的な
 ・勤務地 私の知ってる範囲内
以上が私の強気な希望。
書き出してみると、かなり弱気な気がする。
情けない・・・

…………………

席を立つとき担当者が言った
「これから7日間の待機期間中は、絶対にアルバイトをしないで下さい。
 受給資格を失いますよ。」

うん。そんな恐ろしいことは絶対にしない。

おかげで(なのか?)、面接結果は先延ばしとなった。
このまま採用されなければ、それはそれ。
その時のために、求職票は真剣に書いた。

物事は、なるようにしかならないのさ。←強気!



にほんブログ村

限りなく無職に近いブルー?

ついに会社が完全に消滅してしまった。

先に辞めてやろうと思っていたのに、最後まで看取ることになるとは皮肉な話。

それで今、何をしているかというと、まだ元の事務所に通っている。
不動産関係の経理の引き継ぎが終わらない・・・

経理のテキストなんていらないくらい単純な仕事内容なのだけど、
理屈で理解したい人を相手に、私は、ほぼ勘で仕事をこなしていたから、
言葉で説明するのがむずかしい。

と言いつつ、何よりも私自身することがなくて身が持たない。
とても憧れた余暇なるものが、退屈で仕方ない。
つくづく貧乏性なのだと思う。

…………………

実は、まだハローワークにも行っていない。

以前の会社関係の取引先に、バイトに来ないかと言われ
落ち着いたら連絡しますと言ってはみたものの
仕事の内容とか、給料の額とかが全く分からないってどうなんだろう。

その気になって行ってみて、お互いに「あれ?」なんてことになったら、身も蓋もない。
なまじっか知り合いってことで、私は及び腰。
自信がないわ。私。

とりあえず落ち着いたので、一度うかがう連絡をしたら、担当の人が出張中だって。

もしかして、ご縁がないのかも知れないと思い始めた今日このごろ。
それでも、この仕事がはっきりしなければ、ハローワークには行けない。

仕事があるなら、失業保険が減額されるのは一向に構わない。

…………………

最近、脳味噌の劣化を強く感じるようになって、
休んでいたらさび付いて再起不能に陥るのではないかと不安になっている。

イヤイヤでも動かしているから、かろうじて錆びないでいられる私の脳味噌。
もしここで休ませたら、機能不全の悪い予感しかない。
社会的ななんちゃらではなく、私自身のために働かねばと思い始めた。

仕事をすることも、休みを取ることも、どっちも憂鬱でしかないのだわ。
将来のことを考えるのも面倒で憂鬱だわ。

気がつけば、私は失業者になっていた。トホホ



にほんブログ村

仲良し家族

久しぶりに実家から電話が来た。
家業が忙しいうえに、両親が高齢なので家族の邪魔にならないように
用がなければ私から電話をかけることはめったにない。

邪魔をしないのが、私にできる唯一のお手伝いだ。

…………………

この前実家から電話が来たのは、8月のはじめだったろうか。
お盆には帰る気だったのだが、「仕事を完全に辞めてからでいいよ。」とのこと。

まあ、お盆のさなか、観光地近くの実家へバスで帰るのは地獄へ転がり落ちるようなもの…
車を持たない私が帰っても、全く役にはたたないわけだし、
かつての私の部屋には兄たちが泊まっているだろう。
帰りたくない私にはありがたいお申し越しで、その言葉に乗っからせてもらった。

それが今回の電話で、「あら、そんなに休みが長かったら、帰って来たらよかったのに…」
と言われても、あの時「帰らなくてもいい。」と言ったじゃないと言いつつ
ああ、家族は忙しくってそんな会話を忘れちゃったのねと思い
なんだか少し申し訳ない気分になった。

…………………

私の家族は仲がいい。(と、思う)
でも、そんな家族の中で私の立場は最下層(笑

このブログにちょいちょい出てくる兄など、私をバカだと思っている。
まあ、勉強では兄の足下にも及ばないのは間違いないが
別の面では口には出さぬが、「お前の方が大バカ野郎だ!」と思っている。

それでも仲良しだというと、嘘くさく思われるかも知れないけど、本当に仲は良い。
家族ってやつは、プラスマイナスでプラスになる。そんなもんだ。

それはさておき、そんな仲の良い家族が私には息苦しい。

「仕事を辞めても、ビルの掃除に行くんだ。」なんて言ったら
「そんな中途半端なことはやめなさい。」って…
いや、それ、バイトなんですよ。
わずかであっても、私はお金を稼がねばならんのですよ。

「ちゃんと別の仕事を探して働いた方がいいよ。」って、分かってますけど
60過ぎのおばちゃんには、そう簡単に仕事は見つからないよ。
というか、少しの息抜きは許してほしい。

まあね、私のこれからを心配してくれてるんだと分かっていますが
家族であればこその言葉なんだと思ってますが
なんとなく、指図されてるようで不愉快だった。

家族に迷惑かけないように、ずーっと真面目に働いて来たよ。
よそ様に自慢してもらえるものは何もないけどね。

…………………

「うるせーんだよ!」なんて言ったら、仲良し崩壊は目に見えている。

1時間以上おしゃべりに花を咲かせて、電話を切ったとき
これからも、実家へ電話をかけることは、あんまりないんだろうな~
と、思った。

誰の邪魔にもならぬよう、生きて死んでいけるだろうか?



にほんブログ村

それは、私のいつかの姿・・・

足が痛い。
正確には、右足の土踏まずと甲の骨の間。

腫れてるせいか、靴がきつい。
一足ごとににぶく痛む。
どうしたんだろうね。これって、老化なんだろうか?

それでも、するべきことはしなけりゃいけない。
バスに乗って、地下鉄に乗って、電車に乗って出かけてきた。
ハローワーク、市役所、労働基準局。
ついでにデパートにも行って、親孝行もどきで実家に桃を送った。

いっぱい歩いて、くたびれたので、どうしても座りたくて
かなり早めにバスターミナルに行った。
すでに、かなりの人が並んでいたが、まあ、なんとか座れそうなんて思っていたら
背骨が曲がったおばあちゃんが、ゆっくりと列の先頭へと歩いていった。

足下もおぼつかないのに、杖も持たずに、ゆっくりと、ゆっくりと。

…………………

バスは出発時刻の2分前にやって来た。
ムムム。乗車から出発まで2分しかないって、かなり無理なんじゃね?

ところが、乗車口は開いたのに、列は全く進まない。
ようやくバスに乗り、席に座ったときには、出発時刻をとうに過ぎていた。

なのに、バスは出発しない。

やがて、マイクを通した運転手さんの声の冷たい声が聞こえた。
「このバスじゃないですよっ!」

先ほどのおばあちゃんが、運転手にバス停を確認していたらしい。
「行き先は同じでも、そのバス停には止まりません。
 次のバスだから、それに乗って!」

舌打ちせんばかりに、吐き捨てるように。切り捨てるように・・・

おばあちゃんは、ゆっくりゆっくり歩いて乗車口に向かう。
多分、全速力なのだろうが、ゆっくりと。

そして、ステップの所で躊躇する。
その段差が大きすぎて、足を踏み出せずにオロオロしている。

親切な女性が、手を貸してようやく1段降りたとき、ブザーが鳴って
「ドア、閉まりま~す。」と、運転手が言った。

「まだです。まだですっ!」と、女性が声をあげた。

運転手は無言だった。

…………………

「はい。出発しまぁ~す。」
運転手の声は不機嫌そうだった。

バスがもう少し早くターミナルに来ていたら、こんなことにはならなかったろうに。
他の乗客達がどう思ったかはわからない。

『あれは、将来、いつかの私の姿か・・・』

足がにぶく痛むのは、老化なのだと観念しつつ、それを恨めしいと思った。



にほんブログ村

税理士さんからの電話

廃業後も会社の始末が終わるまでの数ヶ月分の給料を先払いしてもらった。

おかげでビルに関することは、じっくり時間をかけて引き継ぐことができる。
そんなふうに余裕しゃくしゃくでいたのだが、税理士さんから電話がかかってきた。

「こちるさん。(税理士さんの)取引先で事務員を募集してるんだけど、行かない?」

驚いた。

税理士さんからのアドバイスで、給料の先払いをしてもらったのに
まさか、次の就職先を斡旋してくれるとは思ってもいなかった。

何より話が急過ぎて、頭が混乱してしまった。
「返事は早めに下さいね。」って・・・

まだすることはたくさんある。
いろいろ考えたのだけど、お断りするしかないんだろうな・・・

……………

ここ一年以上、まともな服を買っていない。

定年になって再就職するにも、どんな職に就くか分からない状態で
その職にそぐわない服を買っても無駄になるから。

服を買わないことが節約だとは思わないが、
着る可能性の低い服を買うのには躊躇いがあった。
できる限り無駄遣いはしたくなかった。

私の希望としては、できるだけ自宅近くで人に接することのない職種。
見苦しくない普段着程度で済ませられる職種。

例えジーンズを穿くにしても、職種によってメーカー変えちゃうよね。
どこでもしまむらでいいや。って思えるほどの度胸を私は持ってない。

そのうちハローワークに行くようになったら、現実をみて考えようと思っていた。

………………

税理士さんからのお話はありがたかった。
なんと言っても「給料や待遇は今の条件と変わりませんよ。」と言われて
かなり心引かれたのは確か。

でも勤務先は、自宅からかなり離れている。
ずっと仕事以外は、ほぼ引きこもり状態で暮らしてきた私には未知の土地?
通勤時間はどんだけかかるの?

何より、今まで安月給で暮らせてこれたのは、引きこもって暮らしてきたからに他ならなくて、
ちょっと遊びに出かけたら、あっという間に生活破綻は目に見えていて、
昼食も自宅に戻っていたから食費も抑えられてきた。

そんなだから、通勤手段はどうする。服はどうする。靴はどうする。昼飯は?
節約する余地なんてないんじゃない?
なんて考えたら、現状維持よりずっと厳しい労働条件だと思えてしまった。

これなら近所でパートをした方が、時間だけでも余裕がある。
こんな歳になって、贅沢で甘い考えだとは自覚しているのだが。

………………

と、ここまで書いてみたけれど、本当に本当のところ

私、自分に自信がないのよ。
だから、とても怖いのよ。

エイッ。ヤッ。と、踏ん切りつくまで、もう少し時間が欲しいものだわ。

私って、腹をくくったら、無敵なのだけどねぇ・・・




にほんブログ村
広告