お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

雑な読書感想文

宮澤賢治…『よだかの星』

帰宅してからドラッグストアとスーパーとホームセンターに行って来た。
日が落ちて間もない空の、白くて丸い月を見つめながら。

……………

先週、美容院の帰りにもスーパーに寄った。
いつものことだが、重たいのにキャベツなんか買って、
ああ、もっと近所のお店でも売ってるのにバカだ・・・
と後悔しつつ、かなりの距離を歩いて
もう、おばちゃん歩きたくない。座りたい。と、一人だだっ子をしかけたとき
目のはしにツーッと黒いスジが流れたように見えた。

滑空する黒い鳥。
カラス?かと思って見つめていると、いつまでも羽ばたかない。
その鳥は、翼を広げたままゆるやかに円を描きはじめた。

ああ、トンビか。

トボトボと歩きながら、トンビの姿を目で追う。
斜め45°の空に大きな円を描きながら、
静かに角度をあげ、やがて私の頭上に。

首が疲れた私は、誰もいない中小路で立ち止まり空を見上げた。
天頂には薄白くはかなげな細い月があった。

トンビは羽ばたきもせぬまま上昇していく。
うまく風をとらえたのか?
だとしても、なんだか不思議だわ・・・身じろぎもせず天を目指すって。

トンビは月の周りを静かに回って、どんどん小さくなっていく。

近づく車の気配に気づいて、何ごともなかったように歩きだし、
車をやり過ごして空を見上げたら、トンビの姿はもうなかった。

……………

宮澤賢治は得意ではない。
食わず嫌いならぬ、読まず嫌い。
まあ、嫌いというわけではないけど、食指がのびない苦手な作家。

むかーし、昔、国語の教科書に、『よだかの星』があった。
 宮澤賢治『よだかの星』は、青空文庫で読むことができます。←クリックしてね

“よだかは実に、みにくい鳥です。”から始まる文章は、
切実な痛みをともなう物語だったように記憶しています。

「不条理」「理不尽」

宮澤賢治の小説を何冊か読んだことはあるのだけど
この『よだかの星』のように記憶に残るものはほとんどありませんでした。

……………

はて、月を目指していたトンビは、無事に月と結ばれたのだろうか?

あの日、キャベツをぶら下げて空を見上げる還暦女の頭の中は、
なかなかロマンチックなものでした。

今日の買い物、オレンジ・土・肥料・クリーム(顔用)・その他。
腰の調子がおかしい・・・懲りないヤツだ。



にほんブログ村

走れメロス

最近、悶々としているとき、ふと頭をかすめたのがこの小説。

嫌いだといいながら、またも登場の太宰治です。
青空文庫で読むことができます。←クリックしてね。

読み返して気がつきました。
『信実』という言葉があるのですね。
この言葉が、この小説のキモなのかもしれない。
とは、今、読んで思ったこと。

物語はこの言葉に肉付けされてできあがっているのかも知れません。

信実=まじめで偽りがないこと。打算がなく誠実であること。また、そのような心や、そのさま。
    「信実を尽くす」「信実な人柄」
真実=うそ偽りのないこと。本当のこと。また、そのさま。まこと。
    「真実を述べる」「真実な気持ち」
※上記goo辞書から拝借しました。

………………

11月になって、イヤな予感が的中した。
私個人のことではなく、会社のことなので詳細は書けないが
例え話を頑張って考えてみた。

《誰か》に大きな宴会があるので、その準備をたのまれたとする。
信頼できるレストランを予約して、設備や食事の打ち合わせも済ませた。
なにせ大きな宴会なので、当日までに人数の変更があるのは織り込み済み。

が、である。

その《誰か》が、なんの断りもなく食べ物は自分で用意することにしていたらどうなるか。
会場と設備と食器はレストランで用意してもらえばいいや。
なんてこと勝手に決めて、報告もないまま自己完結していたら…

こっちの面目まる潰れ。
なんてことより、レストランに大きな損害を与えることになってしまう。
それなのに《誰か》は、次回もそのレストランを使う気でいる。

それは、あかんやろ。
食事がいらないのに、レストランが会場を貸すわけありまへんがな。
次回なんぞ、あるはずもないでんがな。

《誰か》さんは、常識以前のそんなことも分からんのか・・・?

………………

メロスは何故走ったのだろう。
濁流を泳ぎ、山賊と戦い、血を吐きながらも走り続けた。
自分の身代わりとなっている友への思い。

   その男を死なせてはならない。
   急げ、メロス。おくれてはならぬ。
   愛と誠の力を、いまこそ知らせてやるがよい。

竹馬の友。
深い友情と信頼。
だから互いに信実を尽くす。

そのためにメロスは走った。

………………

まだ信頼関係も築けていないのに、
他者の信頼に乗っかろうとしてもだめだよね。

初めて会ったとき、ペラペラと薄っぺらい話をする《誰か》さんを見て
大丈夫かコイツ?
と、思っていたが案の定、残念な結果になってしまいました。

《誰か》さんは、自分の思惑に対して忠実だったのね。


あまりにもアホくさくて、メロスは走るのをやめましたとさ。
チャンチャン。



にほんブログ村

『晩年』…太宰治

太宰治は嫌いだけど…その小説のフレーズが、心に残って離れない。

『ノラもまた考えた。廊下へ出てうしろの扉をばたんとしめたときに考えた。帰ろうかしら。』

…話はそれます…

イプセンの小説。『人形の家』
ノラは、夫を捨てて家を出た。
いさぎよし。

………………

オンナが嫌い。
臆面もなく前言撤回できるオンナが嫌い。

まあ、それが男だったら殺意が湧くほど嫌いなんだけどね。
ノラの夫はそんなヤツだった。

………………

去年の暮れ、「定年が来たら会社を辞めます。」と意向を伝えた。

定年まで、1年以上も早く伝えたのは、私の仕事を引き継ぐ人を早く雇ってもらうため。

まあそう言わず、後、1・2年くらい?
って、冗談じゃない。
もう、私にはここで働き続ける気力がございませぬぅ。。。

数日後、社長が『会社を閉じる』と、言ってきた。

あらら、私の定年よりちょっと時期が早いわね!

まあそうでしょうね。
私の仕事を引き継げる人はいないでしょうね。

このご時世、私のように優秀な・・・・・社畜はもう存在しないでしょう。

………………

ずっとバカ真面目に働いてきた。

そして、精も根も尽き果てた。

もう、戻る気はないのよ。
戻りたくはないのよ。

でも、これからどうする? そう考えると、不安と共に頭をもたげる思いがある。

『ノラもまた考えた・・・帰ろうかしら。』

決断をするとき、いつもこのフレーズが浮かんでくる。

帰る場所はない。

ならば、行くだけ。



にほんブログ村

クリスマスキャロル

何度も読み返したお気に入りの物語。

ケチで冷血な主人公のスクルージが、過去・現在・未来の精霊によって、改心するお話し。

ふとこの物語が頭をよぎることがある。
ああ、これはあの物語の何処かの場面のようだ…

………感想文ではないのですが………

朝、目覚ましが鳴る前に目が覚めたのは暑さのせい。
チッ!起き出すには1時間以上早いじゃないか!
なんだか起きてしまうのが口惜しくて窓をあけて再び寝床へ。
そして、あっさり夢の中へ。

と、何かの声で目が覚めた。
ああ、寝坊回避用のテレビが点いたのか・・・
ん?それに混じって別の声が・・・
開け放した窓から、徐々に大きく聞こえてくる猫の声。
そう、猫の声。

起きだしてカーテンを開けると、庭を横切る1匹の猫の姿があった。

あれは、大きく育ったあの黒猫の子ども?
もしかして、母猫を呼んでいるの?
もしかして、子別れの時期が来てしまったの?
母猫さんが恋しいの?
一人になって寂しいの?
必死で甘えた声を張り上げながら塀の向こうに姿を消していった。

ほんの一瞬、その猫を呼び止めようと思った。
呼んだところでこちらに来るわけもないのに、アホだわと見送っただけだけど。

子ネコの声が小さく、聞こえなくなって、私の心はとても重たくなった。
私はあの子たちに何もできない。

………………

スクルージは会社を経営していた。
会社の名前は『スクルージ アンド マーレー商会』
共同経営者だったマーレーはすでに亡くなっているのに、
けちん坊のスクルージは会社名を変えたりはしなかった。

クリスマスイブの夜、そのマーレーが幽霊となってスクルージの前に現れる。

スクルージと同じく、冷血でケチだったマーレーは、成仏?できずに幽霊となっていた。
貧しい者、飢える者を見て、手をさしのべることができないことを嘆き続けている。
幽霊となってしまった今、マーレーは苦痛と後悔の念と共に彷徨うしかないのだ。

彼がスクルージの元へ3人の精霊を送り込む。

スクルージが自分のような死後を迎えないように。

………………

遠く、小さく消えていく子ネコの声を聞いて、
自分がマーレーの亡霊になった気がした。

これから、母猫と別れたあの子は、野良ネコとしてたくさん辛い思いをするのだろう。

やりきれない思いが溢れかえっても、私には、何もできない。



にほんブログ村

『魚服記』を読んで

メダカの兄弟-わらべ


……………

まだ感受性が鋭かった十代のころ、太宰治の小説にはまった。
人生経験を積み重ねて、太宰を人としてどうよ?と思う大人になっても
彼の小説の中にある魅力を否定することはできそうにない。

『魚服記』はあらすじを書くほどでもない短い小説です。
※作者の死後50年が経ち、現在はこちらで読むことができます。青空文庫

《感想文》
大蛇になれなかったスワが、まっすぐ滝壺にむかい「くるくると木の葉のように吸いこまれた。」

大人になっていく少女の苛立ち。
大蛇になった。。。はずが、ただの小さな鮒だった。
所詮それが現実なのよね。
絶望するしかないわ。

   以上 第一弾


そんなふうに思っていたのだけど、今、読み返して違うかもと思った。

もしかしたら、この小説は眠っているスワの夢なのかも知れない。
くるくると吸い込まれた滝壺の先は、日常の世界(社会)?
「底辺で生きるって、こんなものかぁ~」と、目を覚ます。

雑踏の中、満員電車の中、現実を受け止めてそこに飛び込む。

ん?それは、私のこと?
ま。若いうちは目の前の現実さえ認識していなかったのだから
夢と現実に隔たりがあるとは思っていなかった。
可能性は無限大に広がっていたのよね。

スワは絶望したのだろうか?
日常に埋没したのだろうか?

   以上 第二弾


そして、です。
今回読み直してある言葉に引っかかった。
「疼痛」
初めて読んだとき、まだ子どもだった私は、酔っ払いのおとっつぁんに
「頭でもひっぱたかれた?」くらいにしか思っておりませんでしたよ。

ああ、そういうことだったのですか・・・
死にたくなるほど絶望的なお話しだわ。

   以上 第三弾 (これは感想といえるのか?)

… … … … …

『魚服』の意味がわからなくて調べたら、
『白竜魚服』という熟語に出会った。四字熟語辞典より抜粋

「白竜」は白い竜ということから、天帝の使者のこと。
「魚服」は魚の服装をするという意味から、身分の高い人がみすぼらしい格好をすることのたとえ。

ああ、スワは鮒にしかなれなかった。。。

…………………

おまけの【ポエム】

メダカたちが 群れて泳ぐよ
あっちの水は 甘かったんだって
むこうの水は 苦かったんだって

ねえねえ、それは誰が教えてくれたの?
ぼくがわたしが 泳いできたの

あらあら ウソはいけません
あっちも むこうも とっくに水がありません

それでは だれにも調べらない

つくりばなし つくりばなし
知ったかさんの つくりばなし

それでも 群はユラユラ泳ぐよ
知ったかさんに つられて泳ぐよ

………………

雑ですね。('-'*)

修学旅行の感想文を、1時間で3行しか書けなかったことが蘇る。
やっぱ、作文能力のなさは致命的。

とりあえず、私の老後へのお土産ってことにしときますかね。



にほんブログ村
広告