お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

ねこのはなし

冬が来る前に

ゴールデンウィーク直前、姿を消した猫は生きていた。

5月の中旬、ベランダに現れたその姿は、とてもやつれて小さくなっていた。

そうですか。。。あなたは母になったのですか・・・?


でも、タヌコの時のようにセンサーチャイムを設置はしない。
あなたは野良として生きて下さいね。
運良く顔を合わせた時だけあなたにエサをあげましょう。

母さん猫は賢くて、そのことをすぐに理解したらしい。
いつの間にか、私が会社から帰るのを階段の上で待つようになっていた。

小さな体で、それはそれは、たくさんエサを食べる。
満足するまでベランダから離れはしない。

7月中旬、朝カーテンを開けると、外に出るためのサンダルがぶっちらかっていた。
ナニゴト?

階段の上には、子猫。ベランダには母さん猫が眠っていた。
子猫さん。サンダル遊びはそんなに楽しかったですか?
そして・・・ここは安全なのですか。

その日、私はネットで捕獲器を検索しまくった。
私にできることがあるとしたら、それは、捕獲して保健所に届けること。
そして、保健所から保護センターに命をつないでもらうこと。

でも、あれから子猫の姿を見ることはなくなった。
そうね。この場所にたどり着くまでには危険が多すぎるものね。
何件ものベランダを通り抜けるのも、別ネコから身を隠す場所もないことにも
きっと母さん猫は気がついたのでしょうね。

それに、冬になったらここへの通路は閉ざされる。
そうしたら、あなた達は一気に餓えに苦しむことになる。

………………

母ネコさん。ごめんなさい。

私はこれ以上、あなたにエサをあげられない。
ここはあなたにも子ネコにもにも安全なエサ場にはなり得ない。
暖かい今のうちに、あなた達は自分のエサ場を確保して下さい。

雪が降る前に、冬が来る前に。

タヌコのようにならないために。
生き延びるために。




にほんブログ村

キレイな所しか見てないから綺麗なんだ

ヌコが来なくなってから、動物番組をあまり見なくなった。
何となくいまいましい気分になってしまって。。。

この前、何気につけたテレビで、動物の保護についてやっていた。
まあ、ちょっと見てすぐに消したので内容はほとんど分からないけど。

ヨーロッパのある国では、犬や猫が手厚い保護のもとに生活しているらしい。

…………ご注意。ここから先、読んだら気分が悪くなるかも。

一時期、TNRや保護団体についてネットで検索しまくっていた。

自分が何をしたのか、何が正しくて、何が間違いか、自分を納得させたくて。

そして、理想とする答えはないのだと分かった。
保護にしろ、殺処分にしろ、命に手を加えることに違いはない。
どちらも人間の気分次第で行われること。
動物たちに意思など認められない。
そういうことだ。


ヨーロッパの何処かの国ではペットショップは存在せず
ペットは保護施設から譲り受けることが多いとか。
ペットを虐待すると処罰されるとか・・・
テレビは日本の保護後進国ぶりをアピールするけど・・・


ただその国で、保護施設の動物たちは、飼われているペット全体の4%でしかなく
かなりの数のペットはネットで売買されているらしい。

そして、飼い犬や猫をノーリードのまま(野放し)外で自由にさせていたなら、
銃で撃ち殺されても仕方がないらしい。
法律はそれを罰しない。

処罰の対象は、あくまでも人間の保護下にあるペットで
飼い主が放任したものは、飼い主がそばにいても生きる権利を認められない。
日本のように、飼い猫が保健所で処分されたからと大騒ぎなどおこらない。
それは飼い主の怠慢が原因だから。

犬は、狂犬病の恐れがあるとして、警察官が撃ち殺す。
猫は狩猟の対象として、一般市民が駆除(撃ち殺す)ことを認められている。
輸入の際に不手際があれば、動物たちはそのまま殺処分されてしまう。
保護施設の敷地に捨てられた子犬は、保護されることなく処分されてしまった。

そんな国じゃ、保健所行きの動物がいなくても当たり前だわ。
保健所に行くほど生きられる方が奇跡なんじゃなかろうか。
などと思った。

銃のない生活をしている日本では、射殺など考えも及ばないこと。

頭を打ち抜かれたゴールデンの写真を見て、
野良のいない社会を維持するには、それなりの裏があるのだと目をそらした。
市民が銃を使える国って、根本的な考えが違うんだもの。

駆除目的の射殺と保健所。
残酷さの種類が違うだけで、失われる命がたくさんある。
どこの国でも命は選別されていて、美しい物語なんて存在しない。

何だかなぁと、私の思考は停止してしまった。
だからもう、考えるのは止そうと思う。


にほんブログ村

はいばらぁ~~

知ってます?名探偵コナン。
土曜日の夕方のアニメです。

主人公の工藤新一君が、悪の組織に薬を飲まされ、子どもの体になってしまうお話し。
『見た目は子供 頭脳は大人 その名は名探偵コナン』てやつ。

そのアニメに、もう一人見た目は子どもの女性が出てきます。
名前は、灰原哀。

………………………

日曜日の夕方近く、ふと見たベランダに黒のチビ猫がピョコピョコと動いていました。

何をしているのかと見ていたら、セキレイ用にまいたエサを食べていました。
BlogPaint

もともと、猫のエサなのですが、セキレイの口に合わせてペンチで砕いてあります。
そんな小さな欠片を丁寧に一粒ずつ…
全部食べたとしても、お腹が満たされるわけもないのに。

それに、猫がいたのでは、セキレイがエサを食べに来られない。
夕暮れはもうそこにせまっています。

ヘタしたら、セキレイ君が猫のエサになってしまうかも・・・

困ったな。。。

仕方がないので、エサを外に出してやりました。
お腹さえ満たされれば、野良ネコはねぐらへと帰って行きます。

とりあえず、レンゲ2杯。半日分のエサを差し出し窓を閉めると
チビ猫は速攻でエサを食べ始めました。

それが、ガツガツではなく一粒ずつ丁寧に。
ヌコとは違う食べ方がおかしくて、部屋の中からジーッと見ていると
時折顔を上げて「見るなよ」的な目で、しっかり私を睨みつける。
ヌコさんは、そんなじゃなかったけど…

食べ終わると階段の上に行きこちらをじっと見続ける。
もう帰って欲しいのですが、まだ食べ足りないということらしい。
tibineko2 - コピー


仕方がないので、お代わりをお出ししようとしたら、
「ナァウゥ~~ゥ~。。。ゥ~ゥ~。。。」と低い声で威嚇された。
えっ。逃げもせずに私を脅すのですか?

そして、猫ってこんなに簡単に声を出すの?と、驚いた。
ヌコとは2年以上顔を合わせていたけど、声を聞いたのなんて数えるくらいしかない。

そういえば、いつぞやの夜、ヌコのために出したエサをチビ猫が食べているとき
ヒトネコ君がやって来たけど、チビ猫は逃げることなくエサを食べきって帰って行った。
ヌコならオロオロと逃げ惑っていたのに。

お代わりを食べ終わると、満足したのかチビ猫は帰って行った。

なんとなく、チビ猫が冬を越せた理由がわかった気がした。

ヌコよりも二回りくらい小さいくせに、『見た目は子供 頭脳は大人 』
まるで、灰原のようにキモがすわっている。

…………………

灰原哀は、コナンと一緒に小学1年生をやってます。
設定は自称18歳。(らしいけど、多分、もっともっと大人のはず。)
haibara


大人なのに、KIDSパンツをしか穿けません。
いつか、色々なことが解決したら、自分好みの大人のパンツを穿ける日が来るのでしょう。

なんのこっちゃ?なお話しですが、
分かる人には分かるお話し。
かな?

私も、こんな子どもなら欲しかった。。。

ま、私が母親なら、言われちゃうんだろうなl
『見た目は中年 中身はオバハン。迷惑だってぇ こちる』



にほんブログ村

チビ猫

さすがに3月。
お日様が高くなり、積もった雪はどんどん沈んでいく。
太陽と雪のつばぜり合いは、後1ヶ月もせずに決着するはずだ。

………………

ヌコのために開けた縁の下への雪穴は
最近まで、別の猫たちの通路となっていた。

一時期ベランダは、どろんこの足跡だらけになった。
ああ。。。なんてこった。
と、毎日こっそりベランダを水洗いしている。

大きさや形、何種類かのものがあり、何匹かの猫を確認した。
この足跡はヒトネコくん。
この足跡はヌコのとおちゃん。(推測)
この足跡はトラがらのおっさん。

雄猫たちの足跡は、大きくたくましい。
そんな中に小さな足跡がくっきりと・・・
ダレ?

程なくその姿を確認することができた。

それは小柄な黒猫のものだった。
去年の夏に2度ほどお会いしたことがある。
私と目が合った瞬間、矢のように逃げ去った姿は、ヌコよりはるかに小さくて
まるで子猫のように見えていたが、相変わらず小さいままで、かなり痩せていた。

それでも、あの大雪を乗り切ることができたのか…
それなのにヌコは何故来ない。

そんなある日、昼休みに新たな足跡を見つけた。
これは、この特徴的な足跡はヌコさん?
もしかして生きているの?

数日後の昼にも同じような足跡を見つけて、私は狂喜乱舞した。

が、もしヌコが来たのなら、エサが無くてガッカリしたことだろう。
そう思うとたまらない気持ちになって、その夜からわずかなエサを置くことにした。

が、あれ以来その足跡を見ることはできていない。
そうだよね。あの子は臆病な性格だもの…
例え生きていても、他の猫が出入りしていては近づけないだろう。

最近、ベランダの足跡はチビ猫のものがほとんど。
帰宅すると私は、ヌコのエサをほんの少し外に出す。
ヌコが運良く、誰にもかち合わずにここに来られたら、
一口だけでもエサを食べさせてやりたい。そう思って。

しかし、それを食べて居るのは小さな黒猫。
でも、この子ならヌコを追い払ったりはしないだろう。

もう少し雪がとけて、どこでも自由に歩けるようになったら、
ヌコはここに来るのかしら?

毎日ベランダの足跡を確認しながらその日が来るのを待っている。
チビ猫でさえ生き抜いたんだ。
ヌコさんだって・・・


にほんブログ村