お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

日常

人間到る処青山あり、のはずが…

セルフネグレクトなるものが社会問題になっているらしい。

まっとうに生きて歳を重ねたら、自分の命、好きにしてはいけませんかね?

…………………

伯母が亡くなったのは、病院に併設された大きな老人福祉施設だった。

骨折し入院した伯母を、従兄はその施設に転院させた。

同室には、人形を抱いて眠り続ける人。
天井を見つめたまま身動きしない人。

たまに子ども達が見舞いに行きはしても
まともに言葉を発する人のいない病室で、伯母は徐々に惚けていった。

伯母がまだらに惚けたころ、従兄は持病が悪化してこの世を去った。
おそらく、自分の死期を察して、親の身の振り方を考え
従兄は伯母を福祉施設に預けたのだと誰もが思った。

伯母は息子の見舞いを心待ちしながら、何年も生きて
何も知らないままこの世を去っていった。


私の家族は言う。

 きままな一人暮らしになれた伯母を、引き取って暮らせる子どもはいなかった。
 だから、施設に入れる以外に道はなかったのだろう。
 でも、あの施設に入らなければ、伯母は簡単に惚けたりはしなかったろう。

 何の刺激や娯楽もない生活なんて、生きているとはとてもいえない。
 生きているとは、食べて動いて、話してこそではないか。

………………
 
70歳代の友達のその友達は90歳を超えている。
かなりのお金持ちで、通いのヘルパーさんを雇っていた。

ある日、自宅で倒れて救急搬送。
検査をしたけど、異常なしで自宅に帰ったところで再び倒れた。

2人いる子どもは東京で暮らしているため、友達が病院に付き添った。

再検査をしても、やはり異常はない。
が、息子達はそのおばあちゃんを退院させなかった。

友達の話では、帰る気満々のおばあちゃんは、筋肉が落ちないように
足の上げ下ろしなどをして、自立歩行を維持しようとしているのに
病院内の移動は必ず車いすで、だれも歩くことを許してくれない。

ばかりではなく、ベッドから降りようとするとセンサーが感知して
看護師に床に降りることを阻止されるそうだ。
本人が歩きたくて、歩けるのに歩かせないって、どういうこと?

どうやら、息子達の意向で、危険なことは一切させないことになっているらしい。

その息子達は、月に1度しかおばあちゃんの見舞いには来られない。
その度に「いつ退院出来るの?」と聞くおばあちゃん。

入院して1年の頃、見舞いに行った友達に、お兄さんの方が言ったそうだ。
「・・・・もう、ぼけてくれたらいいのに・・・・」

そして、2年がたってもおばあちゃんはぼけもせず、退院を心待ちにしている。
息子達は「もう、マンションは処分したから、帰るところはないよ。」と、伝えたとか。
「多分、退院を諦めさせるのに嘘をついているんだと思う。」と友達は言う。

お金持ちで、お嬢様育ちのおばあちゃんは、同室の人と話をしない。
「私、ああいう方達と、お話しはしたくないの。」
なのに、寂しくて、友達が見舞いに行くのを心待ちにして、
息子が来るのを指折り数えてまっている。

おばあちゃんが、あまりにも可哀相で、友達は息子さんに話してみたそうです。
「退院させないなら、息子さん達のいる東京の施設にでも転院してあげたら?」

お答えは、キッパリ「それはしません。」チャンチャン。

最近、息子さんがポロリとこぼした本音は、「もう、いい加減・・・」だったとか。

……………

自立できる資産があって、まともな判断力をもっていても
高齢だというだけで、子ども達はその自由を平気で奪う。

大きなマンションから、ベッドの大きさに居住空間を移されて、
身動きできずに、ぼけや死を待たれるって・・・
これは親孝行なのか?

生きたまま、死んでいるのと同じなんじゃないの?
なんか、すごく酷いことを平気でできるんだね。


私なんて貧乏だから、施設や病院に入れないので、このおばあちゃんのようになる心配はない。

例え、のたれ死にでも、死に場所を強制されるよりはましな気がする。

だから、なんつーか、セルフネグレクト上等! などと思ってしまうのである。

私の命は、私のものだ。
いじくりまわされて、閉じ込められて終わりを迎えるのはいやだなぁ~

これまで、社会に迷惑をかけないよう、必死で取り繕って生きてきたのだから
人生の最終盤くらい、わがまま自由にさせて、と思うのです。



にほんブログ村

幻想

生きるということは、他者への幻想でなりたっているのかもしれない。

生きて、生きることにくたびれて、それでも、尚、生き続けて
おそらく生きることに喜びを感じないまま、私は、天寿を全うするのだろう。

巡り会って、別れて、その生死さえ分からぬ人達への
わずかばかりの幻想を頼りに・・・

などと、この歳まで生きてしまった私は思う。

新たな幻想に巡り会うことはもうないのだろうから。


生きていることを後悔している?

現在進行形なのに、後悔とはなんぞや!

後悔なんて、過去の出来事に対してすること。
この世とおさらばしてから考えればいいだけのこと。
その時、私の意識はすでにないのだから、私は後悔せずに死ぬことができる。

今日のこちるさんは、ダークです。
うん。そんな日もあるのです。
おやすみなさい。



にほんブログ村



ためよう

赤いプジョーの自転車が欲しかった。
自転車屋さんのディスプレイで見て一目惚れ。
ヘタレな私は、いくらか聞く勇気もなく、500円玉貯金を密かに始めた。

10年以上前のお話し。

数年後、5万円くらい貯まったので、自転車さんに喜び勇んで出かけた。
て、まだ売っているのか偵察に行っただけ。
売ってはいたけれど・・・・

私は気づいてしまった。
自転車に飛び乗り、風を切って走ったのは過去のこと。
30年以上の月日はとても残酷。

乗れない。。。
ハンドル手前のバーが邪魔なの。
だからって、足を後ろに跳ね上げて、サドルにまたがることができない。
乗る前にコケちまう・・・
そして、ハンドルがサドルと同じ高さって、私には曲乗りだわ('A`|||)

挫折感。。。
憧れのプジョーが、ママチャリに変身しました。( p_q)エ-ン


あれから、使わずにため続けた500円貯金。
レンジが壊れたのをきっかけに、数えてみました。
たまった

約、9万円越え。オオーw(*゚o゚*)w
使わなかったら貯まるのねぇ~と、無闇と感心。

そこで、もっと貯めることにしました。
そのために、m&m’sのチョコを買いました。←半分ウソ。
ためる2


これからの出費リスト。
洗濯機、冷蔵庫、ストーブ、パソコン、テレビ、IH調理器・・・
そして、ヌコ。

ん?足りない。
貯金箱が…

もっとチョコを買わなくちゃ。←オイッ! ちげぇだろっ!

こんな小さな容器の中に、約1ヶ月分の生活費が入っている。
そう思うと、少しだけ心強いものです。



にほんブログ村

姫ではないが、眠り姫w

土曜日の夜、何時に寝たのかは覚えてはいない。
多分、日曜日にずれ込んでいたとは思うのだけど…

日曜日の朝6時半、気まぐれなヌコがエサを食べに来たのを
恨めしく思いながら起きだし、後ろ姿を見送って再びベッドにもぐり込んだ。

寝た。いーっぱい寝た。

目が覚めたのは10時。
そして、寝た。

次に目が覚めたのは11時過ぎ。
さすがに起きた(´∀`)ヘヘヘッ

ボーッとしながら、テレビを観、作り置きのカレーを6食目にて完食。
節約と言うより、完全な手抜きなんですが・・・
一挙両得。やはり、カレーは貧乏人の味方ですねw

大嫌いな掃除と洗濯を済ますと、録画を見ながら眠りに落ちた。
目を覚ますたびに、同じ録画を再生する。
なんたって、最後まで見終わってないのだから仕方がない。
最初の所だけ何度みたやらw

気がつけば外は薄暗く、テレビだけが無闇と明るい時刻になっていた。
グズグズと起きだし、エサの準備をしてヌコが来るのを待つ。

ヌコが来るまでの間、ネットを見たりテレビを観たりウダウダと時間をつぶす。
ヌコが来たのは0時近くで、帰ったふりして、30分後にお代わりを食べに来るという
ウダウダなフェイントに振りまわされてしまいました。←可愛いので許す!

さすがにもう寝られないわねぇ、とかと思いつつベッドにもぐり込み
今朝、目が覚めたら、8時でしたΣ('◇'*)エェッ!?

・・・て、なんの話しだって感じですが、
いつも、眠剤のお世話にならなければ、眠りにつけない私が
グウタラ出来る日は、眠剤ナシでもいっぱい眠れるって、面白いな。
などと思いまして…

もう、2年半ばかし、全力疾走で仕事をしております。
平日は、勤務時間中の緊張感を引きずって、
自力で眠ることが出来なくなって久しいです。

なので、こんな風に眠れるって、幸せ。

できれば、目覚めることなく全てが終わればいいのに…とかって
王子様に口づけされなくても、目覚めてしまう自分が恨めしい。(゚∀゚)アヒャヒャ



にほんブログ村

貧乏ってなんだろね?

先日、友人と知り合いの子どもの話しをしてきた。

以下仮名。

第一子、イチゴ。
第二子、ニシメ
第三子、ミツバ


イチゴさんは、大学を卒業後、就職試験に落ちまくり、
地元の激安スーパーでアルバイトの日々を送っています。
性格は温厚。
真面目に働いているので、他のバイトの首が飛んでも、イチゴさんは安泰。
一応、社会保険には加入してくれたけど、長年勤めても身分はアルバイトのまま。
手狭なワンルームに一人で暮らしている。

ニシメさんはディンクス(古っ!
結婚前の旅行はドイツ。
新婚旅行もヨーロッパだったと記憶している。
休日にはバーベキューをし、たまに夫婦で小旅行。
順調で幸せな結婚生活を送っています。
ありがちな若夫婦ってところですね。

そしてミツバさん。大学を卒業後、教授のお声がけで、国の外郭団体に就職した。
勤務地は東京近郊のとある県。
勤め先は郊外&広い敷地なので、車は必須。就職にあたり、親が車を買い与えた。
就職間もなくから、国内外の出張をこなし、
ニシメさんの結婚式にはシドニーに滞在中で出席できず。
なんとも華麗な…


そんな3きょうだい。
ある時、ミツバさんの給料の話になって、イチゴさんは肩を落とした。
就職1年目。手取りで23万円。

フム。そりゃぁ、私だって肩を落としちまうわw

「凄い格差よねぇ~」と、友だちは言うけど「そうか?」と、私は思う。

こちらの地方で23万なら、もの凄く余裕かも知れないけれど、
若いミツバさんが、東京近郊で暮らすのは大変なんじゃない?

地方の都市って東京と違って、誘惑する物が少ないじゃない。
美術館も図書館もレストランもコンサートホールも。
東京にドーンと集中しているけど、タダでは行けない。

ちょっと小ぎれいな格好で、食事でもしたらいくら飛ぶのよ?

こっちみたいに、安いアパートと安くて美味しい食べ物なんてない所よ。

少しのオシャレと、見栄を張れば諭吉は空高く舞い上がり、それっきり。
しまむらとカップ麺の世界が広がるような?

「ねえ、それでアパート借りて、車に乗ったら、足りないかもよ。」
「それにね・・・」と、私はしたり顔になる。
「住民税は、所得税と違って、翌年からの支払いなの。
 下手したら、昇給以上に引かれちゃうのよ。」

「そんなものなの?まあ、お金なんか有れば有るだけ使うもんねぇ~」

確かにイチゴさんとミツバさんの、きょうだい間格差は大きい。
でも、住んでいる場所とどう暮らすかで、ある程度の給与格差は埋められる。

ミツバさんだって、用心せずにお金を使えば、
高給取りなのに、すぐにワーキングプアの仲間入り。

もう、低賃金慣れしたオバサンは、
ミツバさんの給料を羨ましいと思わない。←ほぼウソw

ただ、まだ若いイチゴさんには辛い現実なんだと思うけど…
だからといって、人生、一寸先は闇ばかりとはかぎらないよね。

もしお会いすることがあれば、「気の持ちようよ。」と、
お声をかけてあげるのですが…

貧乏人は、そうやって貧乏を乗り越えるのさっ!とね。



にほんブログ村