会社の廃業と同時に国保の掛金を一括で支払ったのだが、
失業認定されたのを機に役所に出向いたら掛金の一部が還付された。

会社都合の失業(廃業による解雇)には、そのような特典?があるのだ。

ただ私の場合、廃業後も清算のため会社の仕事をしていたため
失業認定ができなかったので、還付申請の時期が遅くなってしまった。

その額、16万ちょい。
ありがたや。
フトコロが少しあったかくなった。

…………………

仕事を辞めて気づいたのだが、自宅にいると光熱費がかさむ。

膝を痛めたせいで、風呂に浸かるようにしていたら、電気料金がグィーンとあがった。
まあ、風呂にお湯を張っても、頭を洗うときはシャワーを出しっぱなしだし、
シャワーを浴びるだけの時でも時間に追われることなく、ゆっくり体を洗ってるから
かなりお湯を無駄づかいしているのだが…

冬になると水道水の温度は下がるし、ホカペも使うからある程度は覚悟していたけど
この時期、4時には日没なので明かりを点ける時刻のなんと早いこと・・・

それが当然毎日のことだと知っていたはずなのに、面食らっている私。
夜が早い・長い・寒い。
毎年のことだってえのに、都合の悪いことは忘れていたのよ。

ついでに言えば、給料をいただけなくなったら、燃料手当もなくなった。
出費だけがかさんでいく。
グチを言っても仕方ないんだけどね。

薄給であっても正社員で働けるのって、幸せだったのだと思うわ。

…………………

膝はまだ痛むが、パートには行っている。

4時間を超えた日数分、失業手当は減額されるけど、
時給(=日給)が高いので痛手はない。

もう、泣き言言ってもはじまんないわ。
これは働くしかない。

電気の検針票を見て腹をくくることができた。

これから先の人生は、まだまだ長いのよ。
16万の還付金なんて、焼け石に水みたいなもんさ。
と、うそぶきながら、それがありがたくてたまらない。



にほんブログ村