久しぶりに実家から電話が来た。
家業が忙しいうえに、両親が高齢なので家族の邪魔にならないように
用がなければ私から電話をかけることはめったにない。

邪魔をしないのが、私にできる唯一のお手伝いだ。

…………………

この前実家から電話が来たのは、8月のはじめだったろうか。
お盆には帰る気だったのだが、「仕事を完全に辞めてからでいいよ。」とのこと。

まあ、お盆のさなか、観光地近くの実家へバスで帰るのは地獄へ転がり落ちるようなもの…
車を持たない私が帰っても、全く役にはたたないわけだし、
かつての私の部屋には兄たちが泊まっているだろう。
帰りたくない私にはありがたいお申し越しで、その言葉に乗っからせてもらった。

それが今回の電話で、「あら、そんなに休みが長かったら、帰って来たらよかったのに…」
と言われても、あの時「帰らなくてもいい。」と言ったじゃないと言いつつ
ああ、家族は忙しくってそんな会話を忘れちゃったのねと思い
なんだか少し申し訳ない気分になった。

…………………

私の家族は仲がいい。(と、思う)
でも、そんな家族の中で私の立場は最下層(笑

このブログにちょいちょい出てくる兄など、私をバカだと思っている。
まあ、勉強では兄の足下にも及ばないのは間違いないが
別の面では口には出さぬが、「お前の方が大バカ野郎だ!」と思っている。

それでも仲良しだというと、嘘くさく思われるかも知れないけど、本当に仲は良い。
家族ってやつは、プラスマイナスでプラスになる。そんなもんだ。

それはさておき、そんな仲の良い家族が私には息苦しい。

「仕事を辞めても、ビルの掃除に行くんだ。」なんて言ったら
「そんな中途半端なことはやめなさい。」って…
いや、それ、バイトなんですよ。
わずかであっても、私はお金を稼がねばならんのですよ。

「ちゃんと別の仕事を探して働いた方がいいよ。」って、分かってますけど
60過ぎのおばちゃんには、そう簡単に仕事は見つからないよ。
というか、少しの息抜きは許してほしい。

まあね、私のこれからを心配してくれてるんだと分かっていますが
家族であればこその言葉なんだと思ってますが
なんとなく、指図されてるようで不愉快だった。

家族に迷惑かけないように、ずーっと真面目に働いて来たよ。
よそ様に自慢してもらえるものは何もないけどね。

…………………

「うるせーんだよ!」なんて言ったら、仲良し崩壊は目に見えている。

1時間以上おしゃべりに花を咲かせて、電話を切ったとき
これからも、実家へ電話をかけることは、あんまりないんだろうな~
と、思った。

誰の邪魔にもならぬよう、生きて死んでいけるだろうか?



にほんブログ村