決算月が過ぎたら退職=失業になると思っていた。

失業保険を受給しながらのんびりと・・・
なんてチョッピリ思ったりもしたけど、そんな悠長に構えていたら
速攻で干上がってしまう不安がジワジワ、ガンガンと湧き起こり
それならば早めに職を探さねばと考えを改め、こっそりネットで職探しをしたり
PC入力の練習に励んだりしていた。

お前は、泳ぎを止めたら死んでしまうサメかマグロか?←多分サメ。

  私ったら、貧乏の上に貧乏性。
  骨の髄までビンボウ人。(●´ω`●)
  
………………

が、税理士が言った。
「こちるさん。期末を過ぎてもすぐには辞められませんよ。」

期末で廃業になっても、決算は通常通りの手順になるらしい。
「それとこれは別のもの」らしい。
「最短でも事業税や消費税が確定して納付が終わるまで。」
なんだとさ。

 Q 廃業してからの給料はどうなるの?
 A 先払いで清算して下さい。

 Q 会社がなかったら、社会保険はどうなるの?
 A 任意継続か国保に加入して下さい。
   ※60歳を過ぎると国民年金の掛金は不要となります。

あら、まあ。なんだかとっても宙ぶらりんな感じ。

ついでに、出資金を返還しても出る余剰金について聞いてみた。
「出資者に配当しても分離課税で20%は税金が引かれます。」ですと。

 Q ならば、退職金をいっぱいもらってもいいですかねぇ?
 A (退職金の)基礎控除内なら、無税ですよ。

 Q 社長っ! はずんでくれますかぁ?
 A いいよ~

てな感じで、私はまだ失業しておりませぬ。

………………

こんな会社、辞めてやる!
などと息巻いていたのはいつのことやら・・・

不甲斐なく、今は安堵しているのが本当のところ。

まあ~だだよ。

職探しと経済的な不安は、ほんの少し先延ばしとなっています。



にほんブログ村