以前、エアコンのことでグチったが、我が家にもエアコンはある。
○○電機で買った安いヤツ。
かつて住んでいたアパートに自費で設置して間もないものをここに連れてきた。

こいつが役立たずなのである。

引越のとき、家電設置サービスのオプションで分解クリーニングを頼んだ。
業者のお兄ちゃんは、私の苦手なペラペラと調子よくしゃべる人だった。
「急がないですよー」とは言った。
が、1ヶ月を過ぎても音沙汰なしで、さすがにしびれを切らして電話を入れた。
「あれー、まだでしたっけ?」と、とぼけたことを言う業者。
どうやら忘れて放置されていたらしい。

まあね、以前の南西向きの角部屋と違って、冷房がなくても平気だけど
せめて納期くらいは教えて欲しかったわ。

ま。それから半月くらい経ってエアコンは届いた。
「すんごく急いだんですよー。大変だったんですよー。」
って、忘れていたくせに恩着せがましい言葉を残して業者は帰って行った。


そして事件はこの地方には珍しい、暑くて雨の降る日におこった。
エアコンのスイッチを入れて間もなく、冷気と共にジャバジャバと水が滴り落ちた。
様子をみようと、しばらくバケツでその場をしのぎながら、
エアコンの除湿能力に感心したものだわ。本当に、ジャバジャバ♪ 除湿。

もう、あの業者にクレームを入れる気もおきなくて、メーカーに直接電話をした。
電話をしながら、恐る恐るスイッチを入れてみたが、ジャバジャバとはならなかった。

ジャバジャバの水漏れは、あれ1回きりで終わったらしい。
とりあえず、メデタシ?

が!ある日。
フィルターの自動クリーニングをかけたらミョーな音が…
ムーッムーッ、ゴリゴリ。とっても苦しげなんだけど…

カバーを開けた。カバーの爪が片方折れてなくなっていた。(笑

そしてフィルターを確認したら、ほこりがついたまんまだった。
引っこ抜いて調べたら、設置方向が逆になっていた。(笑

そして間もなく、ルーバー(吹き出し口)は開きっぱなしとなり、
上下の風向きの調整には、物差しが必需品とあいなった。(笑

多分、これって、あの業者の分解クリーニングのせいなんだろうな。
メーカーの保証期間内なんだけど、絶対にお金を取られるんだろうな。
などと、出費をおそれて、修理を諦めていた。
とりあえず、使えるし・・・

………………

先日、事務所にエアコンを取り付けに来た旧知の電器屋さんに、
意を決して、我が家のエアコン修理をお願いした。

なぜかカバーが開かずに悪戦苦闘する電器屋さん。

エアコンを調べて電器屋さんが言いました。
「全体にゆがんでいるんですが・・・
 フィルター掃除のモーター、もしかしたらやられてるかも・・・
 排水のホースの状態が・・・
 配管?が、通常ではあり得ない・・・」

フーッ。
もう、修理は諦めました。
そして電器屋さんにエアコンを注文しました。

量販店と違って、値段はとても高いので気絶しそう。
でもね、壊れたときのリスクを考えたら、致し方なしなのよ。

今ならまだ、働くこともできるし、貧乏なりに経済的な余裕もある。
まともな電器屋さんで、まともな物を買うことにした。
多分、これが私にとって最後のエアコン。

歳を取ってから、修理先を探す不安はなくなった。
老後の安心への保険&投資。

安いチラシ広告を見て、少し後悔が頭をよぎる。
でも、これでいいのだと自分を納得させている。

これからのためなのだと・・・



にほんブログ村