本日、午前2時。メールの着信に気がついた。
ああ、ワンコの母ちゃんからだ。

土曜日、午後2時過ぎ。
「ワンコのお世話ありがとう。お菓子をドアノブにかけときました。」とな?
あらら、まる1日以上放置してしまったわ。

ドアを開けると、そこには何もなかった。
・・・やられちまったらしい。

ドアノブに掛けっぱなしの袋を平気で盗む人などいるのだろうか?
以前はそんな心配いらないくらい呑気に暮らせていたのに
せちがらい世の中になっちまったよ。

自分がこれからもっと落ちぶれていくというのに、
この私より先に世の中の方が先に落ちぶれているんじゃなかろうか?

………………

今、会社のあったビルに工事が入っている。
小さな子どももウロウロしてるビルなので
考えられる限りの安全策をとってもらっている。

「そんなことまで?」と、業者に半分バカにされているのを感じつつ
「子どもは何をするか分かりませんから。」と話しをしている。

………………

子どものころ、親の目を盗んで、兄が「あぶないよ」と言うのも聞かず
不思議な動きの歯車にチョイと指で触れてみた。

痛みは覚えていない。
ただ、大声で泣き叫び、父か母が「爪をはがさなきゃ…」と言う言葉に恐怖した。
父が兄を叱るのを見て、私は「兄は悪くないのに…」と思った…

記憶はそこまで。

子どもなんてバカなんだ。
普段、どんなに聞き分けがよくても、目を離せば予想外のことをする。
いや、悪い予想通りのことをする。

「バカだねぇ」と言われるのはとてもイヤだけど、
そのバカの根拠が分からなければ、とりあえずやってみる。

そのような訳で、私の薬指の爪はいびつだ。

………………

とりとめのない話になってしまった。

今、自分の経験から子どもの突拍子もない動きはある程度予測ができる。

でも、時代がかわって、社会が変わって
今の、これからの大人の動きがまったく予想できない。

ドアノブにお菓子を引っ掛けておくのは不注意だけど
今までもそんなやり取りは普通にしていた。
だから、それを盗む人がいるなんて、友達も私も想像すらしていなかった。

こんな小さな出来事が結構ショックだったりして、
のどかに暮らすのが難しい時代なのだと、周囲を見る目が少し変わった。

何げない日常が、不注意という言葉に置き換えられてしまった。

※いや、お菓子を盗られたのがひたすら口惜しいだけなのだけど…



にほんブログ村