会社が廃業するので、社員は解雇となる。
会社都合の離職なら、失業保険はすぐに支給される。

保育園は働く親(と子)のためにあるもので、失業給付金を受給すると
一定期間をすぎた時点で、保育園は退園しなければいけないらしい。
※この期間は自治体によって違いがあるらしい。

たしかに、失業してるんだから働いてはいないわね。

でも、求職しているから失業保険をもらえるわけで、
仕事を探しているのに子育てもしろって、かなり無理がある。
仕事が見つかっても、子どもを預ける先がないんだから。

………………

ああ。。。怒っている。
「父は、孫のことを考えていないんです!」

親とは近距離別居ってか、ほぼ隣り。
旦那は、単身赴任中。
平日の昼と夜の食事は実家。

それでも子育ては大変なんだとか。
だから、仕事を辞めても、保育園は辞めさせたくないのだとか。

それは
「離乳食も管理してくれたんですよ。」
「トイレトレーニングもしてくれるんですよ。」
「遊びも、言葉も教えてくれるんですよ。」
「その他、色々してくれるんですよ。」
って、ことらしい。

「1日中こどもといたら、頭が変になりそうで、無理。」
って、どうよ?

だから、失業保険を期限ギリギリまでもらって、架空の就職をしたい。
って、どうよ?

「生活保護受給者なら優先して入れてくれるのに・・・」
もしかして、不公平だと思ってる?って、どうよ?

子育ては大変なんだと思うけど、私にはワカランのです。
それが、「父は、孫のことを考えていないんです。」にどう結びつくのか。

それって、我が子のためだと本当に言えるの?

………………

モヤッとした思いで、辛辣な言葉が頭をよぎるが、それを言ったらお終いよね。

母子家庭、生活保護家庭、貧乏家庭を『底辺』と呼ぶのはありきたりな感覚で
そう思う人が多いのは確かだから、それは仕方がないことだと思いましょう。
『底辺』をバカにする人は沢山いるから、それもまた然りといたしましょう。
ただ、その感覚は意地悪な世間の目でしかないのですけどね。

でも、環境も金銭面も心配なしで余裕ぶっこいてる人が、
「就労証明?があれば、別に給料なんかいらないんです。」って、言いながら
バカにしている『底辺』の権利をかすめ取りたいって、どうよ?

あなたの嘲笑う『底辺』には、真面目に生きている人が沢山いるのを知らないの?

どんなに恵まれている人でも、心は『底辺』より下になり得るのだと
呆れるよりも、新鮮な感動すら覚えている最近の私。

ムナクソ・・・




にほんブログ村