昼休みに友達から電話が来た。
「明日の夜、家族で温泉に1泊するから、Bニャンのことお願いできる?」
「じゃ、明日の夜と明後日の朝ね。いいよー。」

夜。散歩のために、Bニャンの家に行ったら明かりがついていない。
そして、暗い部屋で吠えまくるBニャンの声。

あら? 聞き間違った? やっちまった?

鍵を開けて玄関に入ると、踊り狂うBニャンの足音と、荒い息づかいだけが聞こえた。

家に入り、大声で友達を呼んでみたけど反応なし。
私も友達もそそっかしいから、1日間違えちゃったのかなぁ~?
それとも大好きな銭湯にでも行ってしまったか?

ま、どっちでもいいかと思い
ヒャヒヒャヒ、クルクル回っているBニャンと散歩に出かけた。

散歩から戻っても、家には人の気配がない。
テレビを点けて、しばらく様子を見ることにした。

と、家族の人が帰ってきた。
「お母さんは?」
「え、いないの?」
「お風呂かな?」
「さっき電話したとき、いたよ。」
?????

2階にあがった娘さんが大きな声で教えてくれた。
「ここで、寝てるーwww」

そして、慌てて降りてきた飼い主さんが、寝ぼけて勘違い。
「じゃ、行こうか。」って
「いや、もう行ってきたよ。」
「あら、じゃあ、足を洗わなくちゃ。」
「いや、もう洗ったよ。」
「それじゃ、(散歩後の)おやつを…」
「もうあげたよ。」
「あら、それじゃ、水を替えなきゃ」
「いやいや、全部終わってテレビを見てたんだけどw」

「えっ! こちるさん、いつ来たの? どうして声をかけてくれなかったの?」
「いやぁ~、声かけたけどね。真っ暗な部屋でBニャンが吠えてたから留守だと思ったw」

という勘違いシリーズ。

………そして、おまけの勘違い………

私たちの会話を聞いていた婿殿が、娘さんに向かって

「それ見ろ、お前が可愛がらないからだぞー」と。

「こいつ(娘さん)が帰って来ても、吠えないし迎えにも来ないから
 耳だけじゃなく、目も見えないんじゃないかって心配してた。」

お姉ニャンをまるっとシカトしてたんですかね?

一番 ちゃっかり しっかりしているのはBにゃんのようだ。



にほんブログ村