★間違ってるかも知れない。でも、とりあえず。

……………

去年初めて産休や育休の手続きをして
産休は健康保険、育休はハローワークに別れていることを初めて知った。

用語の意味さえ理解できず、ネットで検索しまくって、
出すべき書類といらない書類を山ほどプリントアウトして泣いたわ(笑

それでも泣きながら手続きを済ませ、無事マコさんに手当が支給された。

……………

産休・育休手当をもらえるのは、健康保険と雇用保険に加入している人だけ。
国保の人はもらえない。

なんかね。不公平だと思った。

同じ妊婦さんなのに、片方は仕事をしなくても給料の3分の2を保証され
片方は一銭ももらえない。

なんとなく、出産が労働と道楽に区分されているようで差別を感じた。

国も「子どもをジャンジャン産みなさいよ。」っていうなら
いっそのこと出産・育児は労働とみなしてくれてもいいんじゃね?
もうね、妊産婦は全員、準国家公務員てことにでもしたらどおよ。

国が定めた制度を、会社や社員にこっそり押しつけて、
まるで国が手当を支払っているかのようにご指導をなさる。

健康保険料や雇用保険料からお金を捻出したりしないで
国がどの妊産婦も経済的に平等にあつかう。
そういう制度があっていいような気がする。

国が懐を痛めずにすむから、こんな不平等が起きるのなら
健保や雇用保険の掛け金を下げて、税金として徴収したらいいと思う。



にほんブログ村