連休明けからBニャンとの散歩を再開した。

ここ2年ばかり、たぬこを待つのに時間をとられて散歩もままならなかったが
でも、もうたぬこがここに来ることはないのだと割り切って、
以前のように、Bニャンと夜の散歩をすることにした。

…………………

先代のエルは、私の最高の友達だった。
信頼、友情、愛情。
私はあの子にそういうものを沢山もらった。

友達(飼い主さん)は今でも笑う。
「こちるさんにとって、私は友達じゃなくて、友達(エル)の飼い主なんだよね。」
「そうだねぇ、エルが生きていたら、やっぱり一番の友達はエルだもんねぇ~」

エルを通じて飼い主さんと知り合って、私たちは友達になった。

知り合って間もなく、あることがあり、私はほぼ一人でエルの散歩のお供をした。
約1年。雨の日も、雪の日も。

おかげで私は、飼い主さんに次いでナンバーツーの地位を手に入れた(笑

ただ、毎日私が来ると信じて、窓際で待ち続けられるのにはまいった。
私、エルの期待を裏切ることができない・・・
なので、毎週水曜日と日曜日を散歩に行かない日に決めた。

おばさんは来ない日もある。だから、待たなくていいんだよ。

エルは死ぬ1年前くらいからテンカンの発作をおこすようになっていた。
ただ、私はその姿を見たことがない。
発作をおこすのは、水曜日か日曜日。
大抵は、友達の娘しかいない時ばかりだった。

誰もいないと、いじめているの?

「ねえ、エルをぶっていない?」
「そんなことしてないよ。」
「でも、頭の上に手がいくと、怯えるんだけど…」
「うーん。たまにね。たまーに…w」

娘さんは面倒だったらエサをやらない。水をやらない。散歩に行かない。
なのに、エルが言うことを聞かない。自分を下に見てると腹を立てる。
エルにとってはストレスだらけの悪循環。

歳を取って、我慢が溢れてしまったのか。

ほんの少しの気配りで、エルは賢く従順な友達となってくれたのに。

そりゃ、おばさんがナンバーツーになっちゃうよなぁ~

………………

この前、Bニャンと散歩の途中、八重桜の花びらが道路脇に積もっているのをみつけた。

この季節、エルはこの花びらを踏みしめて歩くのが好きだった。
シッポをピンとあげて、可愛い肛門まるだしで…
その肛門が桜色で…
そして、大胆にも片足あげてオシッコを…
これこれ、エルさん。あなたの名前の由来はLadyのLから来てるのですが…

エル。八重桜の花が散ったよ。

あなたと作った思い出と、あなたが去った悲しみが今も鮮明に蘇る。
取り残された私は、こうしてBニャンと散歩しながら、
あの時のあなたを思い出している。

エル。遅い春が過ぎて行くよ。



にほんブログ村