天井のない監獄。

3年後の2020年、東京オリンピックが開催される年には、
ガザ地区は生活不能な状態になると予測されている。

ナチスによって迫害されたユダヤ教徒は、自分たちを受け入れてくれた
パレスチナ人を何十年も迫害し続けている。

ナチスは正義ではなかった。
それでは、イスラエルのユダヤ教徒は正義なのか?

地上はもちろん、空や海にも逃げ場のないガザ住む人達に
ユダヤ人は砲弾を撃ち込む。
それは、虐殺行為ではないのか?

所詮、正義なんてこの世にはないんだよ…

………………

視点を変えれば見えるものの姿は変わる。
damasi


私たちはだまし絵の世界に生きているようだ。

私は自分自身がだまし絵なのかもと思ったりする。

だから、今、肯定している自分を、明日も肯定できる自信がない。

それは、私自身の視線や視点が心と共にと変わるから。

でも、だからといって、今、無理して自分を否定する必要はないよね。

私は、私だ。

ダブルスタンダードと言われようとも、その時々の私は、間違いなく私だ。
今の私と昨日の私が違っていても、誰かに非難される覚えはない。

damasi2
円が隠れていました。

………………

かつて寄生していたブロガーさんのブログを離れて、私が思うことは

『無知ゆえに、無邪気にその庭ではしゃいでごめんなさい。』かな。

ともちん。
あの家主はとても心が広かったと思うよ。
長い間、借金カテとは無関係の私たちを自由に遊ばせてくれたもの。
あのブログの読者に、私たちは異物・邪魔者でしかなかったと思うのだけど
シンさんは我慢強く、あの場にいさせてくれたもの。

最後はどうあれ、ご迷惑かけたのは間違いないし、今の私は感謝している。

………

joenさんが消えた時「何故?」とは思わなかった。
あのキャラに惹かれて、あのキャラに寄せられたコメントは
joenさんにとって重荷だろうなって、いつも思いながら見ていたから。
陽気でお茶目?のjoenさんの現実は、、、、

読者が求める理想のjoenさんは、最初からいなかったのかも知れない。
なんて、思ったりする。

………

ナツジさんは、よく分からない。
律儀な中間管理職的なイメージしか湧かない。
それに、思ったことを書いたら、泣かせてしまいそうな予感しかしないw

………

スペシャルさんは論外。
彼は心が広くて受け入れるのじゃなく、面倒だから放置してるだけだと思うよ。
おちゃらけてはいるけど、かなり陰険な匂いがプンプンしてる。
誰かを攻撃するときは、周りを巻き込んで上手に立ち回るしね。
策士というのか、ヘタレというのか分からないお方ですわ。

…………………

ララさんのブログを、貧乏カテで読むようになって、借金カテからは目が遠のいた。

今では、シンさんも、joenさんも、スペシャルさんも異界の住人なんだって思う。
だから借金のない私は、傍観者でいるのが一番だと思っている。

ま。傍観者以外になれないんだけどねw

…………………

わけも分からぬ傍観者に、ここは自分の居場所ではないと気づかせてくれた
シンさんには、やはり感謝ですわ。

なーなーで受け入れるより、拒絶する方がはるかにむずかしい。
視点を変える、立場を変える。
そうしたら違うモノが見えて来るんじゃないかな。

ブログって、切り取られた部分でしかなくて、PCの前に座る私の一部でしかない。
どんなに書き込んでも、このブログは私の全てにはならないんだよね。

この前、イラストを探しててナツジさんのマンガを見て思ったのよ。
楽しかったな。って。

いつまでも怒りを抱えていてはつまらないよ。
その怒り、パタパタと畳むことはできないかしら?

『お前に言われたくないっ!』と言われたら、身も蓋もないんだけどねw


※昨日、寝たのは3時半。←これって、すでに今日なんだ。
 2日がかりで書いた記事を読んで脱力しとります。
 そして、力尽きました。。。パタリ
 意味不明のまま投稿します。ごめんなさい。
 



にほんブログ村