シフォンケーキを作るとき、久しぶりにメレンゲを泡立てた。

卵白をカシャカシャとかき回すこと数分、
透明だった液体は、気泡を抱え込んで真っ白なメレンゲに変身を遂げた。

メレンゲの泡だけで膨らむケーキをながめながら、
勘も腕も落ちていないと自画自賛。大絶賛。

でも、それを褒めてくれる人はいないのよ・・・
甘いケーキを焼きながら、甘い夢などないのが現実。
もうすぐ春だというのに、心の中を北風が吹き抜けたわ。ヒュ~

………………

どうしてもベッドで寝たくなくて、居間の床でゴロ寝を決め込んだ土曜日。

ホットカーペットのタイマーが切れ、小さな毛布にくるまって、
薄ら寒さと目覚まし代わりのテレビの音で目が覚めた日曜日。

カーテンを開けると、セキレイがエサを求めて物置の屋根にとまっていた。
昨日の夜に置いたエサは、誰が食べたのか小さなカスしか残っていなかった。
セキレイ君、君は出遅れてしまったのかい?

新たにエサを出してやると、もの凄く周囲を警戒しながらエサをついばんで
どこかに飛んでいってしまった。

間もなく飛んできたのは・・・・カラス。Σ(゚д゚;)
窓越しに見る姿はガッチリと大きくて、かなりの迫力。やっぱり怖いわ。
でも、朝日を浴びて輝く黒い羽は、ツヤツヤと美しかった。
ほんのチョッピリのエサを食べると飛んでいった。

雪が溶けてしまうまで、どの子も餓えと戦っているのだと思うと
追い払のも気が引ける。
ならば、セキレイのために、エサの置き方を変えるしかないか…

懲りずにエサを出してやったら、今度はヒヨドリに食べられてしまった。

セキレイ君、頑張ってくれ。

……………

またもやシフォンケーキを焼いた。
ブルーベリーとスキムミルクをたっぷり入れてみた。
思った以上に膨らんで、思った以上に美味しくなかった。

道理でブルーベリーのレシピがないはず。
やれやれ、納得だわ。もう、二度と作らないw

夕方、またもやカラスがベランダに現れた。
美味しくないシフォンケーキを一切れ放ってやったら、くわえて飛んでいった。


考えなくてはいけないことから目をそらしてメレンゲを泡立てる。
膨らむケーキを見つめる。

無駄なことをして、現実逃避の日曜日が暮れていく。



にほんブログ村