知ってます?名探偵コナン。
土曜日の夕方のアニメです。

主人公の工藤新一君が、悪の組織に薬を飲まされ、子どもの体になってしまうお話し。
『見た目は子供 頭脳は大人 その名は名探偵コナン』てやつ。

そのアニメに、もう一人見た目は子どもの女性が出てきます。
名前は、灰原哀。

………………………

日曜日の夕方近く、ふと見たベランダに黒のチビ猫がピョコピョコと動いていました。

何をしているのかと見ていたら、セキレイ用にまいたエサを食べていました。
BlogPaint

もともと、猫のエサなのですが、セキレイの口に合わせてペンチで砕いてあります。
そんな小さな欠片を丁寧に一粒ずつ…
全部食べたとしても、お腹が満たされるわけもないのに。

それに、猫がいたのでは、セキレイがエサを食べに来られない。
夕暮れはもうそこにせまっています。

ヘタしたら、セキレイ君が猫のエサになってしまうかも・・・

困ったな。。。

仕方がないので、エサを外に出してやりました。
お腹さえ満たされれば、野良ネコはねぐらへと帰って行きます。

とりあえず、レンゲ2杯。半日分のエサを差し出し窓を閉めると
チビ猫は速攻でエサを食べ始めました。

それが、ガツガツではなく一粒ずつ丁寧に。
ヌコとは違う食べ方がおかしくて、部屋の中からジーッと見ていると
時折顔を上げて「見るなよ」的な目で、しっかり私を睨みつける。
ヌコさんは、そんなじゃなかったけど…

食べ終わると階段の上に行きこちらをじっと見続ける。
もう帰って欲しいのですが、まだ食べ足りないということらしい。
tibineko2 - コピー


仕方がないので、お代わりをお出ししようとしたら、
「ナァウゥ~~ゥ~。。。ゥ~ゥ~。。。」と低い声で威嚇された。
えっ。逃げもせずに私を脅すのですか?

そして、猫ってこんなに簡単に声を出すの?と、驚いた。
ヌコとは2年以上顔を合わせていたけど、声を聞いたのなんて数えるくらいしかない。

そういえば、いつぞやの夜、ヌコのために出したエサをチビ猫が食べているとき
ヒトネコ君がやって来たけど、チビ猫は逃げることなくエサを食べきって帰って行った。
ヌコならオロオロと逃げ惑っていたのに。

お代わりを食べ終わると、満足したのかチビ猫は帰って行った。

なんとなく、チビ猫が冬を越せた理由がわかった気がした。

ヌコよりも二回りくらい小さいくせに、『見た目は子供 頭脳は大人 』
まるで、灰原のようにキモがすわっている。

…………………

灰原哀は、コナンと一緒に小学1年生をやってます。
設定は自称18歳。(らしいけど、多分、もっともっと大人のはず。)
haibara


大人なのに、KIDSパンツをしか穿けません。
いつか、色々なことが解決したら、自分好みの大人のパンツを穿ける日が来るのでしょう。

なんのこっちゃ?なお話しですが、
分かる人には分かるお話し。
かな?

私も、こんな子どもなら欲しかった。。。

ま、私が母親なら、言われちゃうんだろうなl
『見た目は中年 中身はオバハン。迷惑だってぇ こちる』



にほんブログ村