第二段の大雪から1週間。
ヌコは来ない。
今日は時折お日様が顔をだしつつも、静かに雪が降っている。
思うことはいろいろあるけど・・・
彼女の生命力を信じるしかないわね。

12月28日は、エルの命日です。
あの日、もう息をしていないエルを飼い主さんと病院に連れて行きました。
諦めと悲しみと・・・
十数年経っても、指先まで悲しい。

真夏に迷い犬になって、10日後ボロボロになりながらも
優しい人のおかげで生還して、2年も経っていなかった。

命とはたくましく、そして、あっけないものです。

ヌコ待ちは辛いです。



にほんブログ村