思い立って寝室を片付けた。
一人暮らしには広すぎるファミリータイプのマンション。
2SLDK、70㎡は、私には無駄に広いから。

ヌコを手づかみできないなら、ヌコに部屋を与えるしか道はないのよ。
もう、やるしかないでしょう!

この前、エサを食べ終わったヌコが、戸を閉め忘れた寝室へと探検に行った(のか?)
以来、エサを食べ終わると戸が開いていないか確認に行くようになった。
そんなにその部屋が気に入りましたか?
もう、その部屋で暮らしませんか?

ベッドを解体して、北側の部屋に移動した。
ラグの下に断熱シートを敷き込んだ。
もぐり込んだら隠れ家になるよう、小さなソファも置いた。
これなら上で眠ることもできる。
爪研ぎも置いた。
犬用の大きなケージに目隠しのフリースを巻き付け、トイレと寝床をセットした。
猫は上下運動をするから、犬用じゃダメだと責めないでね。
大丈夫。ヌコの部屋は、6畳間全てなのです。


意を決して模様替えしたのに、雪が降った。
もう、ワラワラと降って降って、降り積もった。
飛行機も、JRも、電車も止まるほどに・・・

背丈の何倍もの雪をかき分けて、ヌコが来られるはずがない。。。
今の私は待つだけ。


何か参考になることはないかと、2年ぶり(?)に、大・大・大嫌いなNPOのブログを見に行った。
今でも吐きそうなぐらい嫌いだが、頼れる場所がないのだから仕方ない。

保護猫がずいぶん増えているらしい。

フーッ。。。

猫を保護した人と、NPOの思惑が違ったらしく、激しく憤っている記事があった。
『無責任なエサやりさん』をブログ内で責めていた。
相変わらずですか?

エサやりさんが捕まえた猫を、NPOに託そうとするのは、ブログの中で罵られるほど酷いことなのですか?
実名をあげられなくても、書かれた人はとても傷ついてしまうと思うのだけど…

あーあ。行間からにじみ出ている上から目線。
「今は保護猫で手一杯だから、余計な仕事を作らないでよね!」
「だいたい、NPOだからってタダだと思わないでよね! お金、払いなさいよ!」
「あんた達みたいのがいるから、こっちは大変な思いをするのよ!」
--ご注意--これは、あくまでも、私個人が行間から読み取ったものです。

誰だって、その猫を飼えるのなら、NPOの力を借りる必要はないのよ。
お腹を空かせている猫を見過ごせなかった人をそんなに責めて、
反論できないブログの中で侮辱して、そうやって気晴らしをしているの?
それが正義なの?
エサをやるから野良ネコが増えるって、だから、野良ネコは飢えて死ねばいいの?
例えば、あなたはそれを、小さな子どもにも言えるのかしら?

忙しいのは分かるのよ。腹が立つのも分かるのよ。
でもね、助けたいと思う心まで踏みにじるのはいけないと思うのよ。
もうその人は、二度と猫を助けようとは思わなくなる。

エサやりさんとNPOの話しは決裂したらしいけど、
エサやりさんが捕まえた親子の猫達はどうなったのだろう。
頼みのNPOに見捨てられたら・・・

この大雪である。
大人のヌコでさえ、その顔を見るまで生死すら分からない。
凍えていないか? 埋もれていないか?
そんな心配など、クソの何の役にも立たない。

子猫など、ひとたまりもないほどの雪なのである。



にほんブログ村