今日は営業君の話ではありません。

アラカン。一人暮らし。することなし。
ブログは人生の暇つぶし…

読む価値ないっす。それだけは約束出来ますわ。


男どもはめでたくてバカだなぁと思う。
似たり寄ったりのバカが集うと、自分のバカさを忘れることができるものね。
いい歳をしたおっさんでも、ヒャーヒャー、ピャーピャー。

そんな男達の理想と友情を見ていると、ピンぼけ過ぎて笑える。

うん。昔、工場にもいたわ。
「○○さんには、男気を感じる。」ってね。
そう言う方も、言われる方も、似たり寄ったりなんだけどねw

けど、言われた相手は、ニコニコしてはいるけど、決して嬉しそうではない。
こいつ男のくせに、男の付き合いには序列があるって気づいてないのか?って感じ。
視界に入っていないヤツに褒められても、面倒がられるだけなんじゃね?
同床異夢ってのでもなく、ただの寝言か?
などと思いながらおっさん観察。


で、話しは飛ぶ。

ブログ村を徘徊するようになってまもなくのころ、そのカテのトップは女性だった。
その内容はまるで小説のよう。
その人の心の動きが手に取るようにわかる、感情に訴えかける文章でした。

素直なんだか、健気なんだか・・・
私が苦手とするタイプの人でした。←あくまでも、当時はです。(*'-'*)

その後塵を拝するブログ主は・・・いつも彼女に嫉妬の目を向けるクズ男でした。
自分が1位になれないのは、1位に彼女がいるから。
時に陽気に、時に親切を装いながら、彼女をおちょくって喜んでいるのよ。
彼女が傷ついて消えてくれるのを待ってたんだろうね。

男って、女が自分の上にいるのを嫌うのよ。
そのくせ、実力がなくても偉そうにする男にはヘコヘコするのよね。
もしかしたら自分を取り立ててくれるかもというせこい計算。
本人が意識しないところで、そんな心理が働いてるんだろうなぁ~

実社会でもありがちな話しよね。

そのカテの男性達もほぼ同じだった。
幼稚な感じの同属意識と集団心理?
あるいは、その悪意に気づかなかったのかも知れない。
うん。男って見た目以上に素直で単純だからね。
それに、根拠なく自己評価が高かったりする。
だから、ギャンブルでしくじるのかしら?←脱線ですw

そのカテの伝説のブログ?
自分の嫁をおちょくってたらしいけど、最後は嫁バレしてブログをやめたのよね。
男性ファンが多かったらしくて、いさぎよい的な賞賛を見てワロタ。
おちょくってた嫁に言われて、嫁に言われたから・・・辞めるってだけでしょ。
(゚∀゚)アヒャヒャ(゚∀゚)アヒャヒャ(゚∀゚)アヒャヒャ


いつの間にかお調子者のあのクズが、どこかに飛んで行ってしまったわぁ~
でも、マリア様のお恵みで、サブブログを何個か持っているから
そのうち、どれかが芽を出すかもね。

『結果が全て』とうそぶいてたけど、結果が出る前に消えちゃダメでしょ。
不愉快なブログを探してまで読む気にはならないけど
もしかしたら、どこかで結果を出しているのかしらね?

ところで、『結果』って、ナニヨ?って感じですけどぉ~www


にほんブログ村