さて、小爆発から少し経ち、決済の日がやって来た。
はずが…またもや日延べ。

支払い場所を貸してくれるはずの銀行が都合が悪くなったらしい。
はぁー。。。仕方ないですねぇ。
もう、怒ったりはしませんよ。不動産屋を怯えさせてよいことはないw

もうね、お互い疲れているしね。
不動産屋も場所を貸してくれる銀行を必死でさがしているみたいだし・・

で、ここで????疑問が。
どうして、銀行の部屋を借りなきゃいけないんだろう。
振込先を教えてくれたら、それで済むんじゃなかろうか。

なので、「振込先を教えてー。」と言ったら「だめですー。」だった。

ま。不動産の売買とは不思議なものなのね。
と、素直に引き下がりつつ、その疑問を不動産屋に穏やかに聞いてみた。

で、分かったこと。

このマンションは『任意売却物件』です。

って?

売り主がローンを支払うことができなくなったので、
融資先に半強制的に売却することを奨められたらしい。
競売にかけられるより、ましってこと・・・

あらら、だからなのね。だから、あんな風にプライスダウンできたのね。
だからこんなに時間がかかっているのね。
そして、抵当権も解除されて、綺麗な体で私のものになるのね。

今更である。今更そんなことに気がついたのである。

そういえば、最初のころの説明で「任意で売却」と言っていたっけ。
そうか、任意の意味を私は取り違えていた。

売り主が売りたいから売る、という任意の選択でマンションを売却するのではなく
融資先に「このままじゃ、競売になるけど、どうする?二束三文だよ。」と言われ
「それくらいなら、自分の意志で売ることにします。」という意味の、任意だったのね。

と、大雑把に解釈した。(あ。間違ってるかもですw)

支払い1週間前にようやく全てを理解した私。

そんな私に驚く不動産屋w

だって、私なにも知らなかったんだものwww



にほんブログ村