《12月4日》 ビフォー
12-04-4

      ↓
   《7月16日》 アフター
07-16


野良ネコのヌコを捕まえて、TNRをして早1年。

厳しい冬を乗り越えて、冬毛の抜けたヌコはまるで別ネコ?

敷居を挟んで、カーテンで体を半分隠していると
ほんの20㎝の目の前でエサを食べるヌコは二回りくらい小さくなっている。
いつでも逃げられるベランダでなら、安心してエサを食べられるのね。

「ヌコさん」「おりこうさん」そんなふうに話しかけながら見ているだけ。
20㎝。この距離がなかなか縮められない・・・

それでも、猛烈な警戒心はかなり解け、部屋の中に3度ほど入ってくれました。
とはいっても、私がキッチンでささみの準備にもたついていることに
しびれを切らして、入って来ているだけなんですけど…

それでも、私の姿を見ても慌てることなくノシノシと外に出ているので
状況としては悪くはないのだと思います。
ただ、窓際と部屋の隅。その距離8メートル。
あとどれくらいの時間をかければ、飼い猫になってくれるのか…

敷居の上に置いたエサを食べてくれるようになるまでかかった時間は…
また冬が来てしまう……考えるのは止しましょうかね。

こないだの夜、いつものように敷居に置いたエサを食べていたヌコが
ヒョイと姿を消したなぁと見ていたら、また頭を突っ込んでエサを食べようとしました。

かなり神経質なネコで、風の音や救急車の音でもエサを中断するのですが
エサの皿から離れることはめったにない。

     《暗闇とヌコ》 ちょっとピンぼけ
CIMG0167


あららぁ~と思ってキッチンから出ると、別の野良ネコでしたw
黒いネコって、頭頂部だけ見ても見分けがつかない。
というか、ヌコが敷居のエサを食べるまでにかかった時間がウソのよう
ただの野良ネコが、簡単に部屋に頭を突っ込んで来るとは思ってもいなかった。

TNRがヌコに与えた精神的なダメージって…想像できないわ。

去年捕まえたときに、病気の検査やワクチンをお願いしたけど
一蹴されてしまったので、健康状態が気になる。
今のところ気になるのは、エサを食べると右目から涙が出ること。
結膜炎とかにならなきゃ良いけど…

何より気がかりなのは、別のネコが来るため、ヌコが来られないこと。
1日1回しか会えない。縮んだ距離がまた遠のきそうで…

それでも、時間に余裕があると、色々な表情を見せてくれる。

CIMG0096

《空飛ぶささみを見つめるヌコ》

《そして、取り落とす》
CIMG0092


昨日は、夜の11時にやって来た。
窓を開ける私の手に、最近興味を示すヌコ。
引っ掻かれるのはいやだけど、勇気を出して手を差し出したら、
ペシっと可愛くネコパンチを繰り出してきた。

ヌコとのスキンシップ成功?
ふんわりと小さな肉球の感触。
爪は立てられなかったので、私は敵ではないのだろうと思います。

気長にいくしかないですね。



にほんブログ村