終の棲家を書いているのだけど、筆が(キーボードか?)が進まない。

終の棲家の4個目の記事です。
分かりにくくてすみません。

やはり、貧乏という言葉に抵抗はあるのですが、
普通と言うよりかなり低所得なので、貧乏ってことにします。

実際には貧乏なんだけど、この言葉に抗いたい。
貧乏ではないと言い張る貧乏人のブログww
ウダウダ、グダグダ。。ふぅー。。。


ではでは、続きを…

実は部屋を2度目に見に行ったとき、不動産屋からプライスダウンの話しがあった。
不動産屋「予算はいくらですか?」
私「いや、ネットに書いてあった金額かなぁ…モニョモニョ」

なんといっても、社会見学と予備知識収拾のために電話をしたようなものだから、私に予算もへったくれもないのだけど、まさかねぇ…申し訳なくって、それを正直には言えませんよねーw

不「実は、売り主と価格の交渉をした結果、○○円まで下がりました。」
私「はぁ?」
不「ですから、こちるさんの予算でリフォームまでできると思いますよ。」

他にも色々と説明が。
「こちらは売り主が任意で売却することになったものなので
 売買が成立したら、面倒なことは一切ないお奨め物件です。
 抵当権や残債によるトラブルや居住権がどうのという
 トラブルの心配もありません。」

で、割引率は……およそ、30%!

なんだか分からないが、一気に数百万円のプライスダウン。
事件や事故もなく、変なヒモもなし?

それって、すごい優良物件なんじゃない?
よく分からないが…w

よく分からないというより、さっぱり分かっていなかったんだけどw

なので、とりあえず買うことにした。

とりあえず、とりあえずって、アホなんだかバカなんだか…両方なんだけどね。

だって、だって、だって…私、なーんにも知らなかったんだもの。

不動産屋のお兄ちゃんには、「不動産売買のことは、よく分からないんですよねー」と、話してはおいたのだけど、謙遜だと思われていたらしい。でも、本当にマンションを買うって、どういうことか私は全く知らなかった。

この、思いつきでのマンション購入が、不動産屋を混乱させることになる。

そして、私は平然としていた。だって、なにも……w



にほんブログ村