お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

愛がなければ・・・

日曜日の夕方、久しぶりに実家から電話がきた。

「12月に大雪が降ってから、ヌコが来なくなった。」そう話すと
「可哀相なことになったね・・・」と。。。

まあ、そう思うのは当たり前だよね。
私もそこのところは、分かっているというか、知っている。

世間話をして、クソなNPOのブログを教えて電話を切った。

夜遅く、また実家からの電話。
父や母に何かあったのかと、少し慌てた。

が、開口一番
「ちょっとー、なにアレ。気持ち悪いね。」
とのこと。

どうやらNPOのブログを読んだらしい。

思わず「やっぱりそう思う?」と聞いてしまった。

まあ、(おそらく)自殺した飼い主の仏壇や化粧品の写真までブログに載せるような人に
まともな感覚なんか有るわけないんだけどね。

ドラマチックな展開は、他人の興味をそそる。
心の病で主人を失っい、心の傷でエサを食べようとしない憐れな猫たち。
同情心を呼び寄せる最高のスパイス。
絶好のブログネタか?


………………………

愛読している猫ブログに、あるNPO法人が紹介されていた。

「どうせロクなもんじゃ・・・」そう思いながら、そのブログを読みにいってカルチャーショック!

そこには、猫への愛があった。
のみならず、30匹超えで飼育崩壊させてしまった飼い主への思いやりもあった。


こちらのNPOは、飼育崩壊させた人を○チガイ扱いして
記事の中で、あからさまに責め立てていたっけ…

同じ活動をしているはずなのに、この違いは一体何なの?


「私はネコなんか嫌いなのよ。好きだったらやってられない!」
byこっちのNPO代表。


そうね。そこに愛がなければ、猫も人も救われない。

愛がなければ・・・



にほんブログ村

ヒマ

日曜日。いつものごとくウダウダと時を過ごす。

ヌコが来なくなってから部屋はどんどん荒れている。
片付けなくっちゃ。と、思いつつ、片付けても始まらんわなぁ~とも思う。
フゥー。。。脱力。無気力が止まらない。

そして、洗濯しなきゃと思いつつ、PCの電源いれて、まとめサイト(というのか?)を読んでいた。

お題は『千と千尋の神隠しその後…の本当のラストシーン

ああ、私もずいぶん前に1度だけテレビで見たわぁ。
てか、ビデオに撮って何度か見たような・・・

で、本当のラストシーンてどんなものだったの?

読み始めて、あら?っとなった。

いや、そのラストシーン、私の見たのと一緒だと思うのだけど。
(まだらにしか覚えていないけど…)
今のエンディングは違うの?と、思ってしまった。

ウーン。どうやら私の見たラストシーンは幻となってしまっているらしい。

それにしても、見たことある派と、そんなものはない派の書き込みがいっぱいあること。
で、ない派の人の、ある派への攻撃の凄いこと。
ジブリの公式サイトに載っていない。
市販のDVDにもそんなシーンはない。
なんたらにもない。かんたらにもない。
見たことない。
からのぉ~
妄想だの、チョウセンの人だの、南京虐殺と同じだの~~~

ど、どうしてそこまで行く!Σ(゚д゚;)
ジブリ愛が暴走していて、こ、怖いわぁ~~

「見たことある」と書いている人に、証拠だせっ!って書いてあったけど
多分ねぇ、あのアニメを何度も見直した人って、あまりいないと思うのよ。

私の感想なんて『面白くないし気持ち悪い』だからw
金熊賞とやらを受賞したと聞いて、見てはみたものの
1度見たら、再放送なんて、見飛ばしておしまいでも仕方ないと思うのよね。

だから、エンディングが変わっていても、気に止める人はいなかったんでしょうね。

ちなみにです。
私が幻のエンディングを見て思ったのは
時空の隙間から千尋が、名前を取り戻して元の世界に戻った。
埋め立てられ、その居場所を失った(川の神)ハクが
千尋に本当の名前「ニギハヤミハクヌシ」を思い出されて、小川となって再生した。
的なものだと思っております。

ハクもまた、千尋と同じく名前と共に記憶を失っていたのよね?
名前を取り戻すことによって、自分を取り戻し、埋め立てられながらも
小さな川として生き残った、その川の神として蘇ったのかと。

時間の整合性がぁ~とかって、不思議物語に整合性なんか有るわけないしねw

それにしても、2014年11月21日から2017年1月28日まで、2000を越える書き込みを読んで、
ありきたりですが、日本は平和なのだと思ったしだいです。


こんなのばっかし読んでたら、脳味噌のシワが消失しちまいますね。

ヒマ過ぎて、ボケまっしぐらなアラカン。

「こちる」が、「ちる」になる日も近いか。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



にほんブログ村

風邪か?

ベッドを移動した部屋は北側で、朝が来ても明るくならない。

そんな部屋に寝てご覧なさい。
朝が来ても目が覚めないから。
ある日、目覚まし時計が壊れるアクシデントに見舞われ
私は朝寝坊で、1時間オーバーの遅刻をしてしまった。

若い子なら可愛いかも知れないが、この歳で朝寝坊はちとキツイ。

そんなこともあり、ヌコのことも気になって、居間で眠るようになって1ヶ月。
ゴロ寝に毛布を被って寝ている状態。

寝るときにストーブを消しても、温まった部屋の温度はそれほど下がらない。
部屋の空気は乾燥していても、加湿器をつけっぱなすと過湿になってしまうので
加湿器のスイッチも切って寝ていた。

で、どうやら風邪を引いたらしい。

一昨日から寒気がしはじめた。
昨日はノドが腫れて来たようで、ツバを飲み込むとちょっと違和感もでてきた。
頭痛と倦怠感もあるようで。。。
ヤバイ。
急いで熱を計ったら、36.5度って、どうなんだ?
普段は体温が35度代と低めだから、微熱って感じか?

ヤバイ。
このまま放っておいたら、扁桃腺が腫れて大変なことになる。

そんな時は、これ!
マイヤーズラム!

流し台の下に放置していたラム酒。
お酒は飲めないので、お菓子作りの時しか使わないけど
風のひきはじめに、これでうがいをすると悪化を防げる。

アルコール40度だから、消毒にはもってこい。
ただし、これでうがいをすると、口の中が大変なことになる。
焼けるように痛み、少しの間味覚が失われるのだ。

それでも、寝込むよりはましなので、大きく息を吸い込み
エイ!ヤッ!ガラガラ~~~、ペッ!

もし、地獄を食べたなら、きっとこんな味なのでしょう。。。
グヮァ~~~ッ! 痛いっ! 熱いっ! 苦しいっ!
そりゃ、菌も地獄に堕ちるわぁ~


そして、複雑な気分で南側の部屋に、ベッドマットだけ移動してきました。
ヌコさんの部屋・・・しばらくお借りします。

ヌコの部屋です
ぬこの部屋



にほんブログ村

1ヶ月

先日、夜にチャイムが鳴ったので外を見たら、ヒトネコ君がいました。

相変わらず人怖じせず、私と目が合ってから悠々と縁の下に姿を消しました。
そして翌日、夜明け前にチャイムが鳴り、今度は黒猫さんがベランダに。

ヌコか!と、喜んだのもつかの間、たまに姿を現す短いシッポの雄猫でした。

それでも、縁の下の通路は確保できていることが証明されたのが嬉しかったです。
急いで冷凍ササミを解凍してゆでました。
ヌコが来たら速攻でお出しできるように。

その夕方、買い物に出かける時、マンション脇の雪山に猫の足跡を見つけました。
降り積もった柔らかな雪を漕いで、マンションへ向かう足跡。
多分、ヒトネコ君か黒猫君が通った跡なのでしょう。
体の大きな雄猫だからできる力業。

体の小さなヌコでは・・・

すでに1ヶ月、ヌコさんは来ていません。

そのうち、ひょっこり姿を見せるはず。
私はそれを信じて、チャイムが鳴るのを待つっています。


にほんブログ村

ヌコさんは来ないけど

久しぶりにPCメールを開いたら、懐かしい人からメッセージが来ていた。

ああ、本当に久しぶり。
風邪などひいていませんか?
冷たい水で、アカギレやらシモヤケやらが辛くはありませんか?

まだ、ヌコは来ていません。
こちらは今冬一番の冷え込みです。

朝の気温が-9℃。
最高気温が-8℃。
今の気温が-10℃。

北国の大自然は過酷です。

ヌコが来なくなってから3週間。

今の彼女を思うと、降る雪に、冷たい外気に、心が沈みます。

でもね、どれ程私が心配しても嘆いても、今のヌコをどうにもできない。
雪は積もるし、気温は下がる。
私はストーブをつけた暖かな部屋で、ぬくぬくと何もせずにいるだけです。


パタパタと折りたたんだ思いが、時々パタッと開くのは仕方のないこと。
そんなことを繰り返して、なんとなく覚悟はできた気がします。

でもね、諦めたりはしないのです。
諦めるには早すぎるし、諦めちゃったら、お終いだから。


12月23日。
大雪が降っていても、セキレイは餌を求めてやって来ます。
物置の屋根、1日で降り積もった雪60㎝。
01-23 titi1

まだ降るのかと空を仰ぎ
01-23 titi2

コノヤロウと雪を蹴散らし
01-23 titi3

尾羽に雪をのせたまま、エサはまだですか?
01-23 titi4


時々、セキレイ君もヒヨドリに追い回されて、弾丸のように逃げ惑っているけど
そんなことは何のその、がんばってエサを食べに来ているわ。

みんな生きるために、あらゆるものと戦っているのよね。
諦めちゃったら、お終いなのよね。




にほんブログ村
livedoor プロフィール