お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

心と部屋を片付けた。そしてシフォンケーキ。

ヌコが来なくなって丁度3ヶ月。
1日がかりで部屋を片付けた。

ケージを解体して、テーブルや椅子も北側の部屋に押し込んだ。
空っぽにした部屋に、ベッドを組み立て以前と同じ場所に置いた。
クローゼットの中身を入れ替えた。

使われることのなかった大量の猫砂をゴミ袋に移し替え
いつもヌコが眠っていたフリースもゴミ袋に詰め込んだ。
爪研ぎも、おもちゃも、トイレも、ヌコがいなければタダのゴミでしかない。

ヌコさん。あなたはもう、ここに帰っては来ないのかい?
ならば、私はあなたを思い出に換えなくてはいけないね。

かじり付いて身もだえしていたマタタビの枝が、とても切なくて、口惜しくて・・・
その姿が愛おしくて、悲しくて・・・

こんな気分もいつかは薄れて、思い出になるのでしょう。

………………

土曜日から連続でシフォンケーキを焼いた。
土・日・月で3個。
どれも成功。パチパチパチ←拍手

メレンゲを泡立て、焼き上がる様子をじっと見つめていた。
無心でいられるのは、なんと心が楽ちんなことでしょう。

土曜日の分は、味見をしてからラブの家に届けた。
日曜日の分は、一人で食べた。(O_O)
今日の分は、写真を撮り忘れて口惜しかったから焼いたけど
さて、どうしましょう。('-'*)

シフォン1
シフォン2


何も考えずにいられるならば、私はケーキを焼き続けたいのだけど…

………………

今、ベランダに来る猫は、チビの黒猫だけになった。
雪がグンととけて、どの子も自由に過ごしているのだろう。

チビ猫は、ヌコが来た時用のエサを食べに、ほぼ毎日ベランダにやって来る。
ヌコが来ないなら、そろそろエサを出すのはよそう。

チビネコ君。ごめんよ。もう、君に毎日は餌を出してはやれない。

私はあなたから自由を奪わない。
それは、あなたが野良で居続けるということで、
野良でいると言うことは、飢えても、病んでも、私は知らないということ。

人間の理屈で、他の動物の生きること死ぬことに手出しをしてはいけないのだと
ヌコが教えてくれたから。

私自身も、自由に生きて、自由に死にたいと思っている。
心を縛られたまま、人間らしく生きるのは、なんだかとても苦しいよ。

まあ、人間に自由なんて、これぽっちもないのだけどね。



にほんブログ村

引きずって

子どものころから、家族が喜んでくれるのが嬉しくて、色々なお菓子を作ってきた。
だから、お菓子の型ならたくさん持っている。
思い立って、昨日からガサゴソと目的の型を探したのだが、見つからない。

まあ、今まで一度も作ったことがないのだから、なくても当然と思いつつ
もしかしたら若気の至りで使わないのに買ったかかもと思ったのだが…
やっぱりなかった。

そんなわけで、会社の帰りにホームセンターに寄ってきた。
でもね、お店にあったのは、目的の型よりはるかに大きくて、お値段も高かった。
小ぶりなものは使い勝手が悪そうで、どうにも愛着が湧きそうにない。
ならば、使い捨ての紙の焼き型をと、手に取ったらそれとて結構なお値段。

使い捨てって、捨ててしまうのよね。
食べられもしないのに、高すぎだわ!

フーッ。で、次のお店へ。

ようやく見つけた型は、やはり思った以上に値段が高い。
これは諦めるしかないかと、お店の中をブラブラと…
でも、やっぱり欲しくて、その売り場に戻ってしまう。
型をにらむこと5分か10分。

エーイッ! もういいのよ!
高いといっても、1年365日。1日10円足らずの節約でなんとかなるわよ。
お店の中を何周かして、ついにその型を持ってレジに並んでしまった。
(こういう思考が、リボ払いの罠にはまるのだわ。きっと。)

………………

ホームセンターで、ペットコーナーに寄ってみた。
猫のエサの前で立ち止まり、銀のスプーンを手に取った。
多分、もう、…。それは分かっているのだが・・・

目的のケーキ型を手に入れた帰り道、心が静かに沈んでいった。

この先、何年生きるのか。
生きてるだけで息苦しいのに、息苦しいばかりで死にもしない。
いっそ、だれか息の根止めてくれないかしら。
とかってね。

ネガティブなんてもんじゃなく、ほとんど暗黒。
夜道を彷徨う漆黒の心。

……………

家に帰ってご飯を食べたら、少し心が軽くなった。
ああ、お腹が空いて気分が滅入っていたのかw

PCの電源をいれたら、待っていたブログが更新されていた。
ああ、良かったと、心が明るくなった。

かなり単純な私。(゚∀゚)アヒャヒャ

……………

人生先は長いから、畳んでしまい込んだはずの思いが
心の引き出しから時々溢れ出してくる。
だからといって、その思いを断ち切るすべを私は知らない。
それでも、引きずっていちゃいけないよな。
とかと思い。

思うばかりで、引きずり続ける私がいる。



さて、休みになったら、人生初のシフォンケーキ作りに挑戦である。

私の幸運を祈ってくれ。
私もまた、あなたの幸運を祈っている。

引きずるならば、幸運を。
って、なんのこっちゃ。
自分でも意味不明です。



にほんブログ村

美容室にて、一人舞台

美容室に行くのは面倒臭くて、できることなら行きたくはない。
切っても切っても髪は伸びるから、時間もお金も無駄だしね。

が、仕事をしているとさすがに放置はできませぬ。
若ければ可愛げもあるのだろうけど…
社会的なマナーを守る『義務』を感じるお年頃だからw

それと私は、髪が伸びると夜中に目が覚めて寝不足になる。
どうも私の寝返りは右回転らしく、グルグル回っているうちに
髪が顔に巻き付いて気持ち悪さに目が覚める。

髪の長い人って、寝るときどうしているのだろう。
リサーチしてみたら、「そのまま寝てますよ」だと。
フム、私の寝相が特殊ってことか・・・


で、久しぶりに美容室に行って来た。

シャンプー台に案内されて座ったら、お隣でシャンプー中のお客さんが大声で話していた。
そして笑った。「ギャハハハハッ」
ああ、高校生? 箸がころがっても楽しいお年頃よね。

私のシャンプーが終わっても、お隣はまだシャンプーをしていた。
そして、相変わらず大声で話していた。
「…でね、傍聴席で聞いてたら~~~その男、反省なんかしてないのが分かった~~」

あら、話題からするとお隣の人は大人だったのね。
私は席を移動して鏡の前に座る。
ドライヤーをかけ終わると、またあの話し声が聞こえて来た。
「○○放送局がぁ~、○○新聞のぉ~~、○○に知り合いがいてぇ~~~」

ん?すぐそばに居るの?
が、姿は見えないので、美容師さんに「お隣にいるのかと思った。」と話すと
「いえ、あっちの(一番遠くの)席なんですけど……w」

そのお客さん、美容室中に響き渡る声でお話しをし続けていた。。。
「裁判が~、殺人が~、報道が~、実は~私は知っている!」
お隣に座っているお客さんと美容師さんの会話をかき消すほどに。

いつも美容室では寝ることにしている私には、とても耳障り。
聞きたくもない話しが、ドライヤーの合間に聞こえて結構不愉快。
話題が殺人とかって、気分悪いし。寝させてくれよ。
美容師さんが「もうすぐお帰りになるので、静かになりますよ」と、小声で教えてくれた。

私「苦情とか言われても、どうしようもないですよね?」
美「いや、その時はそっと注意しに行ってますよ。」

あらら、他にも騒がしいお客さんはいるってことなの。
接客業は大変だわね。

やがて、話しは聞こえなくなって、お客さんが帰ったのが分かった。

なんだかまるで、宝塚女優のサスペンスものを聞かされてた気分w
自己顕示欲の強い人なんだろうなって、意地悪く思いながら
もしかしたら、寂しい人なのかもと、わずかに同情した。



にほんブログ村

キレイな所しか見てないから綺麗なんだ

ヌコが来なくなってから、動物番組をあまり見なくなった。
何となくいまいましい気分になってしまって。。。

この前、何気につけたテレビで、動物の保護についてやっていた。
まあ、ちょっと見てすぐに消したので内容はほとんど分からないけど。

ヨーロッパのある国では、犬や猫が手厚い保護のもとに生活しているらしい。

…………ご注意。ここから先、読んだら気分が悪くなるかも。

一時期、TNRや保護団体についてネットで検索しまくっていた。

自分が何をしたのか、何が正しくて、何が間違いか、自分を納得させたくて。

そして、理想とする答えはないのだと分かった。
保護にしろ、殺処分にしろ、命に手を加えることに違いはない。
どちらも人間の気分次第で行われること。
動物たちに意思など認められない。
そういうことだ。


ヨーロッパの何処かの国ではペットショップは存在せず
ペットは保護施設から譲り受けることが多いとか。
ペットを虐待すると処罰されるとか・・・
テレビは日本の保護後進国ぶりをアピールするけど・・・


ただその国で、保護施設の動物たちは、飼われているペット全体の4%でしかなく
かなりの数のペットはネットで売買されているらしい。

そして、飼い犬や猫をノーリードのまま(野放し)外で自由にさせていたなら、
銃で撃ち殺されても仕方がないらしい。
法律はそれを罰しない。

処罰の対象は、あくまでも人間の保護下にあるペットで
飼い主が放任したものは、飼い主がそばにいても生きる権利を認められない。
日本のように、飼い猫が保健所で処分されたからと大騒ぎなどおこらない。
それは飼い主の怠慢が原因だから。

犬は、狂犬病の恐れがあるとして、警察官が撃ち殺す。
猫は狩猟の対象として、一般市民が駆除(撃ち殺す)ことを認められている。
輸入の際に不手際があれば、動物たちはそのまま殺処分されてしまう。
保護施設の敷地に捨てられた子犬は、保護されることなく処分されてしまった。

そんな国じゃ、保健所行きの動物がいなくても当たり前だわ。
保健所に行くほど生きられる方が奇跡なんじゃなかろうか。
などと思った。

銃のない生活をしている日本では、射殺など考えも及ばないこと。

頭を打ち抜かれたゴールデンの写真を見て、
野良のいない社会を維持するには、それなりの裏があるのだと目をそらした。
市民が銃を使える国って、根本的な考えが違うんだもの。

駆除目的の射殺と保健所。
残酷さの種類が違うだけで、失われる命がたくさんある。
どこの国でも命は選別されていて、美しい物語なんて存在しない。

何だかなぁと、私の思考は停止してしまった。
だからもう、考えるのは止そうと思う。


にほんブログ村

はいばらぁ~~

知ってます?名探偵コナン。
土曜日の夕方のアニメです。

主人公の工藤新一君が、悪の組織に薬を飲まされ、子どもの体になってしまうお話し。
『見た目は子供 頭脳は大人 その名は名探偵コナン』てやつ。

そのアニメに、もう一人見た目は子どもの女性が出てきます。
名前は、灰原哀。

………………………

日曜日の夕方近く、ふと見たベランダに黒のチビ猫がピョコピョコと動いていました。

何をしているのかと見ていたら、セキレイ用にまいたエサを食べていました。
BlogPaint

もともと、猫のエサなのですが、セキレイの口に合わせてペンチで砕いてあります。
そんな小さな欠片を丁寧に一粒ずつ…
全部食べたとしても、お腹が満たされるわけもないのに。

それに、猫がいたのでは、セキレイがエサを食べに来られない。
夕暮れはもうそこにせまっています。

ヘタしたら、セキレイ君が猫のエサになってしまうかも・・・

困ったな。。。

仕方がないので、エサを外に出してやりました。
お腹さえ満たされれば、野良ネコはねぐらへと帰って行きます。

とりあえず、レンゲ2杯。半日分のエサを差し出し窓を閉めると
チビ猫は速攻でエサを食べ始めました。

それが、ガツガツではなく一粒ずつ丁寧に。
ヌコとは違う食べ方がおかしくて、部屋の中からジーッと見ていると
時折顔を上げて「見るなよ」的な目で、しっかり私を睨みつける。
ヌコさんは、そんなじゃなかったけど…

食べ終わると階段の上に行きこちらをじっと見続ける。
もう帰って欲しいのですが、まだ食べ足りないということらしい。
tibineko2 - コピー


仕方がないので、お代わりをお出ししようとしたら、
「ナァウゥ~~ゥ~。。。ゥ~ゥ~。。。」と低い声で威嚇された。
えっ。逃げもせずに私を脅すのですか?

そして、猫ってこんなに簡単に声を出すの?と、驚いた。
ヌコとは2年以上顔を合わせていたけど、声を聞いたのなんて数えるくらいしかない。

そういえば、いつぞやの夜、ヌコのために出したエサをチビ猫が食べているとき
ヒトネコ君がやって来たけど、チビ猫は逃げることなくエサを食べきって帰って行った。
ヌコならオロオロと逃げ惑っていたのに。

お代わりを食べ終わると、満足したのかチビ猫は帰って行った。

なんとなく、チビ猫が冬を越せた理由がわかった気がした。

ヌコよりも二回りくらい小さいくせに、『見た目は子供 頭脳は大人 』
まるで、灰原のようにキモがすわっている。

…………………

灰原哀は、コナンと一緒に小学1年生をやってます。
設定は自称18歳。(らしいけど、多分、もっともっと大人のはず。)
haibara


大人なのに、KIDSパンツをしか穿けません。
いつか、色々なことが解決したら、自分好みの大人のパンツを穿ける日が来るのでしょう。

なんのこっちゃ?なお話しですが、
分かる人には分かるお話し。
かな?

私も、こんな子どもなら欲しかった。。。

ま、私が母親なら、言われちゃうんだろうなl
『見た目は中年 中身はオバハン。迷惑だってぇ こちる』



にほんブログ村