お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

朝にヌコが来た

一昨日、朝、5時半のヌコさん。
28.4.10

座っているのはバスマット。
冬の間、足が冷たくないように敷いておきました。
結構好評。
感触が柔らかいので、たまにフミフミをするらしく、爪痕がたくさんついています。


日曜日だってぇのに、クソ早い時間に・・・ブツブツ。
眠たいよ。

でも、外は明るい。
ヌコをしっかり見られるのはいつぶりなのか。
ずいぶん前のことで忘れてしまった。

前にお会いしたときよりスリムになっている気がするけど、
今年は雪解け頃から、別ネコが来続けたため、
何度もエサを食いっぱぐれてしまったのでそのせい?気のせい?

耳の後ろのハゲもなくなっているみたいだし、目つきもしっかりしている。
少し毛艶は落ちているものの、健康そうには見えるのだが、どんなもんでしょう?


夜にもエサを食べに来て、ささみを思いっきり吐いて帰ってしまった。
先に食べたエサは吐かずにささみだけって、なかなか器用な吐き方だった。

去年も今ごろよく吐いていたので、季節のせいなのかも知れない。
この時期は、人もネコも体調が崩れるってことですかねぇ。

ウン、ウン。同じほ乳類だもんね。

セキレイの衣替え

不安定な天気だった3月。
暖かくなったと思ったら雪が降り、
姿を見なくなっていたセキレイがエサを求めて舞い戻って来た。

生き延びることができるのか?
見た目ボロボロの哀れな姿。

3月24日
seki2

seki1


それが、4月3日には、このように。
seki3

エサを咥えて飛び立つところ。
seki4


私の心配などよそに、セキレイ君は春を迎えたようです。
羽の生え変わった姿は美しい。
春の息吹と共に、萌えたつ生命力の凄さを感じます。

セキレイ君。
おめかしをして、これから恋の季節をむかえるのかぁ~

Googleマップ

この街に引っ越してずいぶん経つのに、引きこもりマニアの私は外に出ない。

いろんな事に興味がないのよ。
何より、面倒くさくって…

で、暇をもてあまして、地図など開いてみる。
Googleさんの地図は優秀ね。

お人形さんみたいなのをヒョイと地図にのっけると
道路沿いの景色を見ることができる。

ふむ。自分の住んでいる地域のいつもの道。
この角を曲がれば、友だちの家。

と、こちらを見てる白と黒の犬の姿が。
ラブさん。不審な車が気になりましたか?
なんだか、ほのぼのとするじゃないか。

ちょっとブログにのせたい気分。

でも、でも、でも・・・
それって危険なことなんだよね。


以前読んでいたブログ主は、土地勘のある人に突されていた。
美しい山や野原や何げない日常の風景を
その読者は見ているだけでは飽き足りなかったのか?

この道を行けば…って、その行動力がコワイ。
やる気のあるヤツには、とても敵わないとつくづく思った。


友だちの家、表札までもが写っているような…

何げない写真の1枚で身バレってこともあるらしい。
ふむ。危険なことはやめておこう。

で、絵を描こうとして断念した。
私、芸術的センスはゼロなのよ。

一応書いてみたのだけど、その物体が犬だと分かる人はいないと思うw

身バレの心配はないのだけど、恥を晒すのもいかがなものか?
と言うことで、私の名作(迷作?)は、公開されることはないのだ。

(゚∀゚)アヒャヒャ

春が来たよ

さすがに雪はとけた。そんな気がする。

朝はギリギリまでベッドに貼り付き、シャワーを浴びたら生乾きの髪で部屋を飛び出す。

ああ、またゴミを出せませんでした。

さすがにねぇ、生ゴミだけは出してるけど、資源ゴミがねぇ~
昼休みに帰ったときに出すつもりでいたら、私を追い越していく回収車の後ろ姿。

チッ!

日は確実に長くなっているのに、明るいうちに帰れない。
空は見るけど、景色は見ない。
どんな歩き方してるんだか?と、自分で思う。

寄り道も嫌いだしね。

とか言いながら、昼休みに会社に戻る途中で、友だちの玄関先に侵入。

暖かな日差しを浴びて、吠えている犬一匹。
23-07 ラブ2


近づいたときには、地面の匂いを嗅いでいた。
最近、耳が遠くなったせいで、私の足音に気づかない。

愛くるしさはそのままに、いつの間にかおばあちゃんになってしまったのね。

私に会いに、何度も脱走して来てくれた日がなつかしいw

もう少し暖かくなったら、ヌコが凍え死ぬ心配がなくなるので
必ず散歩に迎えに来るから。
そんな約束をして会社に戻った。


ねえ、私達、いつまでこんなふうに無邪気に戯れていられるんだろう。

これから何度、春を迎えられるのだろう。

この子の先代の犬は、私の大親友だった。
友だちの庭に咲くクロッカスの花。

今年もまた、心の中で話しかける。
「エル。春が来たよ。」

メロンパンのように


3年前の1月。
私はこんなことを日記に書いていた。


いつか。

そんな思いを一つずつそぎ落として

今の自分がある。

気がついたら、つまらないヤツになっていた。


そうだよね。

砂糖菓子は甘くなくっちゃ。

子どもの頃、メロンパンの外側だけを食べて叱られた。
だって、中は美味しくないんだもの…


いつか、いつの間にか。
私はメロンパンになっていた。



沢山あったお気に入りブログを、バズバス削除して行きながら
私には一つだけ削除できないブログがありました。
このブログを消してしまえば、消えてなくなるわずかな繋がり。



ブログは続けます。
足踏みをパタパタしながら、これから先はひとり遊び。
そのように決めました。

昔と違って、今のメロンパンにはクリームが入っているんだね。
その上、メロン味になっていたりする。
メロン。苦手ですが…

では、一句。
『満月は メロンパンと うりふたつ』

おそまつ (^^;)

お月様にあいたくて。