お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

お久しぶり・・・

気がつけばもう秋。

なので、栗をお取り寄せ。
1年ぶり。
お久しぶり。の、栗仕事。

連休中、今年も渋皮煮を作った。
栗は好きじゃないから作っても食べないのに、作ることが楽しい。
だから毎年止められない。

鬼皮をむくだけで4時間。
今年は重曹を使わずに渋を抜くのに挑戦。
ということで、朝の10時から夜の10時過ぎまで台所へ行ったり来たり。

バカみたいだけど、無心になれるって、幸せ。
でも、さすがに疲れたわ。

………………

最近『自己破産』というワードに敏感になっている。
身近な人が自己破産をするせいなのでしょうね。

その人の被害者意識まる出しの言動に辟易している私。
真冬にイチゴ食っといて、何を今更。
2台あった冷蔵庫を1台処分したんだって、今更ほめることでもないわいな。

もう、自己破産という救済制度を使うのだからいつまで不幸ぶられても困りますがな。

私、意地悪ですかね?

自己破産は本人が言わなければ、だれにも気づかれずに終わるみたい。
少なくとも職場に連絡は一切来なかった。

だから、カミングアウトなんかしなけりゃいいのに。
こっちの方が気を使わなきゃいけないなんて、面倒ったらありゃしない。

………………

2chのまとめブログを徘徊していた。
ええ、目にはいりましたよ。
あのワード。

そして、見覚えのあるイラスト。
こんなトコロで・・・
これは


借金カテのとあるマンガ。←ここからどうぞ。
 いつの間にやらブログタイトルが変わっていた。
 お久しぶり・・・



にほんブログ村

マヌケな1日

スリッポンの寿命が尽きそうだ。

この前の大雨の時、びしょ濡れになったので洗っていて
踵のところがほころびていることに気がついた。

道理で、靴下におかしな毛玉ができるはずだ。

冬以外2シーズン履きっぱなしだったもんなぁ。
「今年でおいとまさせてくさだいまし。オヨヨ」って、靴が泣いてる感じだわ。

そこで、意を決して買い物に出かけた。
目指すはABCマート。

たまにしか乗らないバスの時刻表は見方がよく分からず、
路線図と合わせてにらめっこすること小一時間。

ウム。これだ。これに乗れば行ける。

バス停まで歩くこと10分。
やって来たバスは空いていて、座ることができた。
後は郊外の終点まで居眠りでも・・・

が、走り出して間もなく、バスが右折した?
アレ?右折って・・・
と、脇を直進していくバスの姿が見えた。

やっちまったよ。。。路線を間違えてしまった。
途中下車もできないまま、バスは一路中心街へ向かう。
いいのよ。デパートで靴のバーゲンをやってるはずだから。

でも、街に行くバス停なら、3分歩けばよかったのだが…

バスを降りると、デパート前の通りはなんちゃらフェスタとやらで歩行者天国になっていた。
人混みが苦手な私は、そそくさとデパートに向かい、ヤケクソ半分で靴をゲット。
お肉が安くなっていたので、ついでに4パックゲット。

お腹が空いたし帰ろうかな。
食パン買って、野菜サンドでも作ろうかな。
ということで、500メートル離れたスーパーを目指した。

テクテク。

スーパーで安い食パンを買うためウロウロ。と、目に留まる豚バラかたまり肉。
なんてお安いの! オオーw(*゚o゚*)w
速攻で、カゴに入れていたわ。

さて、電車に乗ろうと電停に向かっていたら、道路の警備員?に止められた。
「お客様。今日はなんちゃらフェスタのため、電車はここで折り返しです。
○○方面に行くのでしたら、デパート前の電停からお乗り下さい。」

アハハ。そうよねぇ。ここから電車に乗ったら、目的地まで1時間はかかるわね。
くたびれたから、タクシーに乗っちゃおうかなぁ。
でも、なんだか口惜しい。
てか、すごく口惜しいので、トボトボ500メートル引き返す私。

一体、何㎞歩いただろう。
足を棒にして、ようやく自宅にたどり着き、買ったものを見たら、靴と豚肉が5パック。
5パックって、どうよ~~~(゚∀゚)アヒャヒャ

冷蔵庫にしまおうとしたら、前日に買ったヒレ肉がボロリと1パック。(゚∀゚)アヒャヒャ

あの時、あのバスに乗らなければという後悔をしつつ
無駄でマヌケな1日が、疲労とともに終わった。

………………

いつまでこんな風にマヌケな失敗談をを笑えるんだろう。
本当は、自分のマヌケさがとても不安。



にほんブログ村

快楽の代償

先に謝っておこう(笑
自分でも難解でとっ散らかった文章になっています。
読み手の想像力任せ。
ごめんなさい。

……………………

なんで借金なんぞするのかね?

夫婦2人で20万台後半の可処分所得で生活できなかったって・・・

まだギャンブルとかFXとかやってました。って、言われたら納得できるんだけどね。
※って、納得しちゃいけないけれど、過去に借金ブログをたくさん読んだせいで、
 思考回路がかなりおかしくなっている。(゚∀゚)アヒャヒャ

フツーの生活を送っていたと言うなら、私にはそのフツーの基準が分かりません。

所詮、身の丈を超えたフツーだったのでしょう。


……話は少しずれる………

贅沢だわ。
パチンコもスロットも、競馬も競輪も、株もFXも、車も真冬のイチゴも。

バカじゃないの。それって、借金してまで必要なことではない。
生きるために必要なことではない。

なんのことはない。快楽を求めただけでしょう?

快楽の行き止まりで、任意整理ですか、自己破産ですか。

それで、反省しきりですか?

冷ややかに一言 「アホくさっ」


……矛盾かも?………

でもね、快楽であろうと、生活のためであろうと、借金で行き詰まって
苦しくなっておかしくなるくらいなら、自己破産はするべきものだと思う。

クソ真面目に頑張って、破綻した生活に破綻を重ねる必要はないと思う。

借金返済に苦しむ多くの人が、妙にポジティブで引き際を見誤ってる気がしてならない。

快楽の代償。
過払いしなくてもいいんじゃね?


……ある会話……

「免責されたら、安いアパートに引っ越して、会社を辞めたら生活保護でもうけるさ。」
「ふーん。それも仕方がないことかもね。」

数日後。
「年金もらいながら70歳まで働けば、貯金だってできるよね。」
「それはないっ!」

自分の語気の強さに我ながら驚いて
「会社はそこまで、あなたの人生の保証などできないでしょう。」
と、穏やかに付け足した。


あのなぁ。。。
あんたの快楽の代償は、あんたが負うべきものだよな。

その見通しの甘さがこのザマで、
この期に及んでまだ気づけないなら、
死ぬまでこれをくり返すだけ。



にほんブログ村

仕事は育児より楽なのですか?

会社を閉めることを知ったマコさん(社長の娘)が、困っているみたい。

子どもちゃんを保育園に預けられなくなっちゃうから。

ふぅ~ん。
色々大変ね。

でも、収入が多いせいで、保育料が二桁万円もするって、グチってたじゃない。
専業になったら、家族手当が出るから働かなくても楽勝だって言ってたじゃない。

なのに、保育園に預けたいの?
もしかして、子育てより仕事の方が楽なのかしら?

うん。
仕事の方が楽でしょうね。

昨年末、廃業を決めてからつい最近まで何も知らされずに来たのだから。
会社がどのように回っているか、10年以上勤めても理解せずとも済む程度の
仕事しかして来なかったから。

すんごく楽してきたものね。
でも、それでいいのよね。
社長のお嬢様なんだから・・・

育児より楽な仕事をしていただくために、
ゆとりを持って育児をしていただくために、
社畜は今も頑張っておりますです。

はい。

終わりの時まで、社畜、ガンバリマースッ!

……………

ま、こんなじゃ、保育所が足りなくなって当然ね。

別に生活かかってない人が、育児のがれで仕事してるんだもの。
仕事は育児より、自由がきく娯楽なんだなぁ~~~

と、社畜な私は意地悪くマコさんを見ている。

ああ、、、うらやましい。


にほんブログ村

『晩年』…太宰治

太宰治は嫌いだけど…その小説のフレーズが、心に残って離れない。

『ノラもまた考えた。廊下へ出てうしろの扉をばたんとしめたときに考えた。帰ろうかしら。』

…話はそれます…

イプセンの小説。『人形の家』
ノラは、夫を捨てて家を出た。
いさぎよし。

………………

オンナが嫌い。
臆面もなく前言撤回できるオンナが嫌い。

まあ、それが男だったら殺意が湧くほど嫌いなんだけどね。
ノラの夫はそんなヤツだった。

………………

去年の暮れ、「定年が来たら会社を辞めます。」と意向を伝えた。

定年まで、1年以上も早く伝えたのは、私の仕事を引き継ぐ人を早く雇ってもらうため。

まあそう言わず、後、1・2年くらい?
って、冗談じゃない。
もう、私にはここで働き続ける気力がございませぬぅ。。。

数日後、社長が『会社を閉じる』と、言ってきた。

あらら、私の定年よりちょっと時期が早いわね!

まあそうでしょうね。
私の仕事を引き継げる人はいないでしょうね。

このご時世、私のように優秀な・・・・・社畜はもう存在しないでしょう。

………………

ずっとバカ真面目に働いてきた。

そして、精も根も尽き果てた。

もう、戻る気はないのよ。
戻りたくはないのよ。

でも、これからどうする? そう考えると、不安と共に頭をもたげる思いがある。

『ノラもまた考えた・・・帰ろうかしら。』

決断をするとき、いつもこのフレーズが浮かんでくる。

帰る場所はない。

ならば、行くだけ。



にほんブログ村