お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

この先

去年、定年になったら会社を辞めると決めていたのに、11月。
何もせぬ間に今年が終わってしまう。
定年になる前に会社がなくなるなんて思っていなかったし
その残務整理が終わるまで会社に残るとも思っていなかった。

ありゃりゃ、この調子だと還暦超えちまいますなぁ。

本当はね、私が退職して皆が困ればいいと思っていた。
長い年月で培った顧客との信頼関係とか、客あしらいとか、仕事の段取りとか
PCの扱いだとか、ビルの管理だとか、社員同士のトラブル回避法とか
掃除だとか、お茶出しだとか、湯飲みの漂白だとか
資金繰りだとか、試算表の読み方とかetc

私が私であることで任されてきた仕事のノウハウを
「やれるもんなら、やってみろ!」って感じでぶん投げてやりたかった。

……………

社長 「去年行ったら不味かったからあげる(笑」
と差し出された食事チケット。
「あげる」「いらない」の攻防の末、「本当に不味かったんだ」キッパリ。
で、手渡されたチケット。
私 「そーですか。そんなに不味かったのな興味が湧いたのでいただきますわ(笑」
社長娘 「ナニィ!? 今年は美味しいかも知れないじゃない!(怒」

その剣幕に、手渡されたチケットを速攻で返却したわ。
社長は何も言わなかった。
娘は当然のように受け取った。

私はそんな扱いをされるほど意地汚いヤツに見えてましたか?
一旦手渡された物を取り返したいほどもったいないと思いましたか?

私は、情けなくって、口惜しかった。
鼻の奥から目に向かって突き上げて来るものはナニ?
胸の奥がワナワナするって本当にあるのね?

親は子どもが可愛いのだから仕方がない。
親子の情に、私の自尊心が敵うわけがない。
その仕方がないを幾つも積み重ねて時は過ぎた。

もう、、、いいよね。終わらせて。。。

………………

私が定年で辞めることを伝えた翌日「せめて1年残って欲しい」と言われたけど
もう、私、気力がない。頑張れない。

10年営業をしていても、顧客から信用を得られない娘さんに頑張ってもらいなはれ。
を、綿飴とオブラートに包んでお断りした。

翌週。「会社を閉じることにした。」って。。。
そうよねぇ。社長もお年ですもんね。
お嬢様は、跡取りになる才覚をお持ちじゃなかったですもんね。(爆笑


ま。お嬢様の悪口=真実なら、いくらでも書き連ねることができるけど
書いてみたところで、自分の情けない思いがよみがえるだけ。

まあ、そのお陰でこの会社の最後を生ぬるーい目で見届けられる。
感謝すべきか。←しねーよ。

この先も、ああいう人にお目にかかることもあるだろう。

この先も、この先も、この先も・・・
それでも、死ぬまでは生きてやるわよ。



にほんブログ村

一人暮らしの無精メシ

一人暮らしをはじめたころ、食事をするのが寂しかった。
家族と囲む食卓が楽しかった訳ではないけど、
自分だけのために料理をして食べるのは、なんともつまらないものだった。

それでも、料理をしていたな。
あの頃・・・

それがいつの間にやら・・・

…………………

最近、肉を食べるよう心がけている。

歳を取ったら皮膚の再生速度が落ちてきたようで
最近空気が乾燥してきたせいで、スネにひび割れが激しくなってきた。
乾燥した田んぼな感じだけではなく、血まで滲むって弾力も失われたか。

タンパク質、不足ですかね?

だからといって、コラーゲンなんちゃらなんて買う気にはなれない。
あんなものじゃ、腹はふくれないわよ。

コスパ悪すぎて、貧乏人が手を出すようなもんじゃないわ。
それにあれって、ただのゼラチンでしょ。
なんか、アホくさって思ってしまうわ。
※貧乏人の負け惜しみ。

とりあえず特売の豚ブロック肉を買う。
アメリカ産でもカナダ産でもかまわない。
私、国産だから安全だなんて思っていない。

………………

昔、大腸菌O-157で大騒ぎになったとき、貝割れ大根がえらい目にあった。
当時の厚生大臣の菅直人さんが、貝割れ食って安全宣言のパフォーマンスしてたっけ。

保健所の調査なんていい加減で、調査に入るころには
食品輸送の車はキレイに消毒されたあとで、菌なんか出るわけがないから
原因を突き止めるのなんか不可能だったのよね。

菌が検出されたわけでもないのに、とりあえず貝割れじゃね?って感じ。
本来、牛の排泄物から検出される菌と、水耕栽培の貝割れを結び付けるのは無理があった。

でも、その後の検証で、水耕栽培の水に菌を入れて貝割れがそれを吸収するか
実験をしたところ、根から吸収することもあるって結果がでて、貝割れはグレーゾーンへ。

どうしても貝割れが絶対安全ではないと言いたい、厚生省の意地を感じたわ。

うーん。でもさ、シロウト考えなんですが
根から吸収されるなら、全ての野菜が危険だってことにもなると思うけど、
違うのかしらね。

………………

そのような昔話をしていたら、農家のおばちゃんが言ったよ。
衛生的な水耕栽培の工場見学に行ったんだって。

「水耕栽培? あれって気持ち悪いものよ。
 殺菌された水とかって言ってるけどさ、隅っこの方なんてぬめってるのよ。
 なぁんだ。所詮って、感じよ。」

でも、私たち消費者はそんなこと知らない。
まさに知らぬが仏ってやつですわ。

………………

肉の輸出国がアメリカでもカナダでもかまわない。
国産の肉の飼料なんか輸入もんがほとんどだからね。
輸入肉との違いってなによ!って、突っ込みかましてやるわ。(☆゚∀゚)

………………

そのような訳で、輸入もんの安い豚肉のかたまりを
水と酒とわずかな塩で茹でて、ゆで豚風を辛子酢醤油であっさりと食べ、
それにみりんと醤油を投入して角煮風に変身させ
残った煮汁にタマネギと豚こまを突っ込んで豚丼風にして食べる。
余すことく食べ切れて、手抜きができて経済的。

小さな子どもがいるわけじゃないので、食材を吟味する必要なーし。
とりあえず、私は満腹になれたらそれで幸せ。

独り身の身軽さ。
貧乏人の一人メシは、無精メシなのです。



にほんブログ村

興味はあっても

ある人のTwitterを読みたくて仕方ないのだけど
なんてぇのか用語がよく分からないが、フォロワーとやらにならなきゃだめらしい。

ってことは、私がTwitterをしなきゃいけないってこと?
アカウントとやらを取得しなきゃだめってこと?

………………

以前、知り合いがフェイスブックとやらに偽名で登録した。
偽名なのに「この人知り合いじゃね?」って感じで
取引先の大嫌いな人のフェイスブックを紹介?されたらしい。

偶然? 偶然なんだろうけど、そんな偶然が恐ろしい。
見えない糸のつながりまで具現化しなくていいんじゃね?
知りたくないし知られたくないことっていっぱいあるから。

最近の色んな事件の発端とか、身バレとか・・・
SNSのよろしくない話ばかりが頭に浮かぶ。
コワイよ。怖くて足がすくむよ。

若い人達は度胸があるなと横目で見ながら
その度胸のせいで痛い思いもするのよね。
と、思ったりする思慮深い私。←ただのヘタレの言い訳でござんす。

興味はある。ものすごーくある。
でも、神仏以上にネットは信用できないんだよなぁ~



にほんブログ村

ゴォォ~~と、風が吹いて

月曜日の朝、雨が降っていた。
傘をさして出勤。
外に出ると思いの外風が強かった。

向かい風に「負けるもんか!」と、傘で応戦。
だが、私が負けなくても傘が負けた。(′∀`)アハ。

羽織っただけのコートの前がはだけようとも、前進するだけで手一杯。
髪の毛が逆立とうが、ズボンが濡れようが構ってなんかいられなかった。

会社の花壇のコスモスもグワァングワァンと風に煽られてきりきり舞いをしていた。

こんな日に限って生ゴミ用のゴミ袋が切れている。
よりによって。ブツブツ。

幸い風は強いが雨は小やみ。
生ゴミと1週間なんてイヤだわ。
エイヤッと外に飛び出し近所の店へ。

と、その店の駐車場に止まった車の下で目にした物は・・・

風にもまれねじられ、根元から引きちぎられた我が社のキバナコスモス。
えっ、さっきまで花壇にいたよね?
強風にぶっ飛ばされてしまいましたか?
こんなとこまで・・・

店から出ると、ためらうことなく車の下から引っぱりだして会社に連れ帰りましたよ。

夏の間、丹精込めて育てたんだもの。
風にいたぶられて花びらは変色していても、まだまだ蕾がいっぱいついているんだもの。
ぶっ飛ばされ方が良かったのか、枝は折れてはいないもの。

車道に飛ばされなくて良かった。。。

それを超特大の花瓶にずぼっと差し込み玄関に置いておいた。

1日経って本日。
復活!
うなだれていた蕾が頭をもたげていた。

玄関の蛍光灯に照らされて、緑とオレンジ色のコントラストが美しい。
元気ハツラツ。

ああ、あなたはなんと生命力に溢れているのか!


家に帰って傘の骨を内側からガシガシ押してみた。
なんとなく復活?
雨だけだったら何とかしのげるわね。

傘もコスモスも私も多少のことでへこたれたりしないのだ。
と、真夜中に意味もなく息巻いてみる。


にほんブログ村

ヨモギの芽だと思っていたら…後編

花壇のハゲに芽吹いた植物。
いつの間にやら3本になっておりました。

毎日水やりをしていたら、驚異的なスピードで成長して
秋になるころには、その先端にポッチリとした小さなつぼみをつけました。

ウーム。
ヨモギならば穂のようにつぼみがつくはず。
チョコンとついたこのつぼみは、やはりヨモギではない。

さてはて、これまた雑草のヒメジオンか?
が、葉っぱの形状がかなり違う。

やがて開花。
それは柿色のコスモスでした。
CIMG3466 - コピー


珍しい色のコスモスに社長はとてもお喜び。
「ビタミンカラーで元気が出るねぇ~♪」

私は、なんかどっかでみた覚えがあるようなないような…?
アレッ? フム! もしや、これは「キバナコスモス」?

気がつけば、街路樹の根元にも沢山の黄色い花たちが風にゆれる。
「これって、わざわざ植えたものなの?」
町内会の人に聞いたら、勝手に生えただけなのだとか。
去年はまったく見かけなかったのに、あなた達はどこから来たの?

雪が降ってしまう前に、街路樹の根元の花たちは処分されて
今、この花を見られるのは、我が社の花壇だけ。かも…
CIMG3465 - コピー


この前の風雨で花びらはいたんでしまったけど、まだまだ元気に咲き誇っている。
曇りガラスを通して浮かぶ黄色の花。
秋の日差しで窓に写る影さえ淡くて可憐。
CIMG3494 - コピー


いくつかの花が種を落として、また来年も花を咲かすのだろう。
その次の年も、次の年も。
今よりもっと盛大に。

興味本位で育てたヨモギ?が、こんなふうに花咲くなんて。

ただそれだけの話なんだけど、とてもとても楽しかった。
とてもとても嬉しかった。

なんとなく、明日の明日の明日~~~~諦めちゃいけないなって思ったりもする。




にほんブログ村