お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

言葉は虚しく宙を舞う

知り合いに、あることについて気を付けるように伝えた。
分かってくれたと思っていたが、全く分かっていなかったらしい。


例えば、知り合いが下着を着けずに、白いシースルーのブラウスを着ていたら
「気を付けないと、中、見えてるよ。」と、お声ぐらいはかけるよね。

そう言われて「あら、いやだ。」と恥ずかしげに返事をされて、
次に会ったら同じブラウスで、ボタンまではだけていたらどう思う?

あらら、もしかしたらファッションだったのね。
私、余計なことを言っただけなのね。ってw

だから、その人が痴漢にあったとしても、私は驚かないと思う。
どっちかって言うと、「ほう、やっぱりね。」って納得するかも。

だって、世の中にはおかしなヤツが沢山いるのだもの。
痴漢はしてはいけないことだけど、現にやるヤツはやるのよね。
毎日のように変なニュースは流れているのだし。
無防備では生きられない世の中ですからねぇ。

イヤだなって思うけど、それが現実なんだからちゃんと認識しなくちゃね。

おばちゃんは、ただの傍観者だから、気をもんでも始まらないんですけど。

例え話が悪すぎて、自分でもよく分からなくなってきたw


ま。自分以外、自分を護れるものはいない。
そういうことです。



にほんブログ村

うつ病チェックをしたら、病院へ行けってさwww

いつも読んでいるブログのコメントに心療内科への受診を勧めるものがあった。

フム。ちょっと違う気がするけど、読者さんはとても心配しているのね。


でも、です。
自力で眠ることができるなら、病院なんか行かなくてもいいんじゃないの?
と、私は思うのです。

ま。専門家じゃないので無責任さは同程度ですが…


あるブログを読んでいたら、不眠症だからとデパスを処方された人がいました。
その人は睡眠薬としてデパスを飲んでいるらしいけど、デパスって眠剤じゃないはず。
お医者様は薬についてどんな説明をしたのでしょう?
という疑問が湧いたのですが…


さて、私。睡眠導入剤を使っています。

眠りのきっかけをつかむのがヘタクソなもんで、布団に入っても簡単には眠れないんですよ。
頑張って目を閉じても、瞼が「開いていたい!」とピクピク主張してくるのです。
そうなると、時計の音が気になったり、毛布の絡まり具合がきになったり、パジャマがきになったり。とにかくなんでも気になって仕方なくなります。

若かりし頃は「めんどくさいわ。眠くないなら、眠たくなるまで起きてましょ」と、前向きだったんですけどね、歳を取るとさすがに、身が持たなくなりましたw

まあ、日曜日なんかは薬なんかなくてもグーグー寝られるので、平日はかなり緊張しているってことなんでしょうね。おばちゃん、かなりガンバって生きているのよw
なので、眠剤飲んで眠りに入れば朝までグッスリ。


そんなこともあり、この記事を書くのにうつ病チェックをしてみました。
結果は「中程度のうつ状態」

はあ、どうやら私は、何十年もうつ状態でいたらしいw

飽きるほど貧乏生活をつづけて、希望があるかと問われたら「ありません」としか答えられないわね。
イライラせずに仕事ができる人がいるならお目にかかりたいし、肩なんかずーっと凝りっぱなし。
面倒なしがらみがなければ、この世に未練なんか全然ないし、性欲なんて、枯れ果ててるわw

チェック項目を見てたら、人間生きてりゃそんなもんだろ。と、思えてアホくさくなった。

そんなに人を病気にしたのか?
まあね、医者や薬屋は患者がいなきゃメシが食えないからね。
患者を作りたいってのもあるんだろうね。

アメリカなんか、症状ごとに病名が付けられて、すごいことになってるらしい。


精神科の薬は、脳をダイレクトにいじるのと同じなんだよね。
その治療のせいで苦しんでいる人はいっぱいいる。
このブログ読んでみて。『精神科医療の真実

病院にかかることを否定はしないけど、こういうこともあるってこと覚えておいて欲しいな。

ナスの漬け物と、ワラビのおひたし、焼き鮭でご飯をもりもり食べちゃったけど、
それでも私は「中程度のうつ状態」なんでしょうかね?

さて、明日もイライラしに会社へ元気に出勤しますか。
眠剤も飲んだことだね。

では、では、皆さまお休みなさい。




にほんブログ村

シュワーベ

イチョウ葉~、イチョウ葉~~♪♪♪(゚∀゚)アヒャヒャ
あ。済みません。
イチョウ葉エキスに反応してしまいました。←なんのこっちゃw

かつてイチョウ葉エキスを飲んだ私。

ドラッグストアでは「私は忘れない。私は忘れない。」という、どこか、おどろおどろしい呪文のようなナレーションが流れていたわ。
思わず立ち止まって、品物を手にした私に、店員さんが声をかけてきた。
「イチョウ葉エキスも色々ありますが、このメーカーのが一番です。このメーカーがイチョウ葉エキスを最初に生成したんですよ。成分がしっかり入っていて、頭がすっきりします。」とか何とか。

手にしたイチョウ葉エキスを棚に戻すこともできず、「はぁ~そうですか・・・」
多少の興味もあったし、さんざん説明されて、引くに引けずにお買い上げ。←根性なしのアホw

家に帰って驚いたわー。
3000円ちょいで40粒。
1日3~6粒服用したら、10日前後しか持ちません。
って、1ヶ月飲むなら1万円!Σ('◇'*)エェッ!?

ウンなもん、飲み続けられんわっ!ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
よくも天下の貧乏人に、こんなサプリを勧めたもんだわ

でも、買ったもんは仕方がないわ。
1日4粒で様子でも見ましょうかねぇ~。(って、もう買わないけどw)

そして飲み始めて4日目、効果のほどはさっぱりな状態で、異変は起こった!!

鼻血がタラ~ン。

いや、イチョウ葉のせいだとは言いませんよ。
でも、50代中盤の女が、何十年ぶりに鼻血を垂らすの図・・・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

いかがわしいモノを見てもいないし、考えてもいないのにねぇ~
枯れかかったおばちゃんが鼻血って・・・
イヤァ~ン、生々しい誤解を呼びそう。←冴え渡るアホw

原因も思い当たらなかったので、とりあえず飲むのを止めて、残りは知り合いにあげてしまいました。


話しは変わります。
私、そのメーカーの名を聞くと、クヒヒと笑ってしまいます。
シュワーベギンコって・・・・ドイツ語なの?
銀子さんがシュワーベさんと国際結婚したって感じじゃない?

高圧洗浄機のケルヒャーなんて、何かを蹴って、ヒャーッて感じw

ケルヒャー・ケルヒャー・蹴るひゃー! 逃げろーっ!

あっ。際限なくアホな話しで落ちがない。

(゚∀゚)アヒャヒャ アヒャヒャ アヒャヒャからのぉ~ケルヒャー

昨日の夜は、9時、10時、1時半にヌコがエサを食べに来ました。
今朝は5時に、別ネコがチャイムの前を通過しました。

寝不足で少し頭が変w
眠るって大切だってよくわかるわ。

という、お話しでした。チャンチャン。


にほんブログ村

たてた目標が自分の首を絞める

もうこの歳になると、自分の性格がよく分かるので無理はしない。

沢山の目標をたてても、どうせ達成なんかしない。
私の場合、元々達成する気があまりないんでしょうね。と、自己分析。
自慢じゃないけど、頑張る能力は人並み以下ってことですね。エヘン!

私の場合、ちょいとした無理を覚悟で立てた目標は、その無理がストレスになって思わぬ暴走をしだすのです。
おやつを控えよう→ガマン→少しだけ→これくらいなら→あら~?→もう、いいやっ!
アホ丸出しで、すごく分かり安い脱落者になる。

意識すればするほど気持ちがそちらに向かってしまうのよ。
自分を律することがストレスになり、ガマンした気持ちばかりが溜まりに溜まって大爆発。
マラソンで100メートルを全力疾走して、休憩のつもりが脱落へ~
ギャンブルを止められない人達と構造は同じね。


そんなことを考えていると、いつも『ボイルの法則』が頭に浮かぶ。
閉じ込められた気体の体積は圧力に反比例する。

なぜか中学の理科で習ったこの法則だけは忘れないのよ。
なんとなく、自分の性格を指摘されてる感じがするのです。

無理なガマンでストレスをかけ過ぎても、器がもろくて小さいからすぐに爆発w
周囲を見渡したら、かなりの人が同じようなので、普通なのかなぁとも思うのですが
失敗したらそれなりに自分が痛手を負う。

ちょいとした自爆テロね。

目標達成で得られる快感より、ガマンする不快感の方が大きいなら、私はガマンをしませんわ。

頑張る自分を褒めるより、頑張らきゃいけないわぁ~くらいが丁度いい。

この歳になったら、自分が生きやすい環境を作るのも、大事だと思うのであります。

さて、本日も居直りの自己弁護を繰り出してみましたw



にほんブログ村

貧乏人は子どもを生むなってことですよぉ

先日久しぶりに育休中のマコさんが会社に来た。
以前の刺々しさが消え、どことなくホンワカとした雰囲気なのは母になったせいでしょうか。

「産休手当、手続きが遅くなってしまったけど、入金になりました?」
「はい。おかげで自動車税を払えましたw」

ああ、良かった。無事に入金になったらしい。

私、産休や育休の手当というのは、もっと早い段階でもらえるものだと思っていたのですが
思っていた以上にその支給が遅いことに驚きました。

出産手当って、給料が出ない分を補う役目を果たすものだけど、産休中には支払われないのよ。

育休手当も同じようなもので、この前ハローワークに手続きに行ったら、2ヶ月後に申請に来て下さいって、あまりの呑気さに驚きました。

産休や育休の手当は、必要としている時に支給されるものじゃないのね。


そんな話しをしていたら「貧乏人は子どもを生むなってことですよぉ」とマコさんが言いました。

確かにこの制度って、夫婦そろって働いていて、生活に余裕のある人を対象にしているみたい。
貧乏人は出産の時点で行き詰まってしまう。
ミルクもおむつも買えませーん!ってね。

これじゃあね、この制度があっても、次々と子どもを作る気にはなりまへんなぁ~

確かに有り難い制度だけど、中途半端で有り難みが薄い気がします。

お役人達、いまだに一億総中流のつもりでいるんでしょうかねぇ?



にほんブログ村