お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

父と母

1年9ヶ月ぶりに会った父と母はとても歳を取っていた。

ああ、、、二人とも小さくなっちゃて・・・


父に差し出す季節はずれのお土産。
発熱素材のチャンチャンコ。

ホームセンターで買った安物だけど、なかなかの優れもの。
私はこれと同じ物で2シーズンを暖かく過ごした。

父はいたくお気に召したらしく、起きている間はそれをずっと着ていた。

相変わらず、こちるの差し出す物に間違いはない。と根拠もないのに信じているご様子。
だからそれなりにプレッシャー感じてるんですが。
フーッ。


年寄りは体温の調節がうまくできないらしい。
父や母もご多分に漏れず寒がりになっていた。

一日中点けられたストーブのせいで、私は大量の汗をかいているのに、両親は全く平気でいる。
ばかりか、父はチャンチャンコを着て喜んでいるのだ。
良かった。と、思うと同時に切ない気分になった。


母へのお土産は、駄菓子。
卵アレルギーの母が安心して食べられる物はあまりない。
その上、好き嫌いが激しく、しっかり吟味しなくては食べてもらえない。

ゼリー、ゼリービーンズ、きなこねじり、ビスコetc

前日に兄たちが来ていたので、高級系のお菓子は避けて、今回は駄菓子シリーズで済ませてしまった。
まあ、街に出るのが面倒で無精をしたのが本当のところなのだけど。
これはナイショw

あまり甘い物は体に良くないのは分かっているが、母の食べられる量はほんの少し。
ヌコとどっこいか少ないくらい。


後は市販の佃煮。
手作りの筑前煮と豚の角煮。

書き出してみると、猛烈にしょぼいお土産だった気がするw


父は1日のほとんどを寝て過ごし、母も結構な時間眠っていた。

フム。
眠ることができる年寄りは長生きだというが、目の前で実証されている気がする。
そして私もよく眠る。きっと飽きるくらい生き続けることだろう。

二人とも高齢を通り過ぎ、超高齢。

「体中痛いよ。でも、もう、仕方ない。慣れた。」と、居直り
「まだ、生きていたいような、いたくないような…」
そんな話に返す言葉もない。

「死ぬまで生きるより仕方ないわなぁ~」
呑気に応えてみせるしか私にはできない。

年老いるという未知の世界。
両親の年齢まで生きなければ、今の父母の気持ちを理解できないのだろう。


無邪気にチャンチャンコを着る父。
少し酸っぱいぜりーが美味しいと頬ばる母。

何も見た目に合わせて心の瑞々しさまで枯らす必要はないよね。
ちゃんと後を着いて行くからさ、あんまり気張らずに生きていこうよ。

別れの時が、それ程遠くはないのは家族みんなが知っている。

続きを読む

実家に帰ってコエワズライw

とにかくおしゃべりをし続けた。
しょうもない話で盛り上がり、盛大に笑った。

そうよ。そうでなくっちゃね。

毎日仕事に追われ、沢山の不満を抱えこんで、泣き言ばかりの生活なんて…
父や母にはとても言えない。

社会的にはババアでも、親から見たら子どもな訳で、おいそれと実情は話せませぬ。

歳を取った両親を相手に話をするなら、
「程よい貧乏生活」を満喫している私でい続けるしかないのよ。

実際、お金がなくて口惜しい思いも度々あるけど、それなりに気が楽なのも確かだし。
一応正社員で、食べること住むことに、事欠く心配は今のところないのだから
まだ来てもいない将来の不安を、自分で煽っても仕方ないしねぇ~

お迎え待ちの親に現実突きつけたって、なぁ~んにも良いことはないわ。
冥土の土産が娘の愚痴話って、天国に行っても地獄の思いさせるわけにはいきませぬ。

で、何を話したのか思い出せないのだが、
実家に着いてすぐから姉妹でマシンガントークの応酬。
時折、母も参戦。

女の話に終わりなどない。
話の途中で「あっ。そう言えば思い出した。」で話は大きくそれて
元の話は尻切れトンボのままうち捨てられる。

結末のない物語w

耳の遠くなった両親と暮らしていると必然的に声が大きくなるのは致し方ないこと。
それに釣られて私も大声で16時間くらい話し続けた。
もう、町中だったら警察出動的な、度鳴り合い状態。

時々襲い来る睡魔と、疲れのせいで顔を出しそうになる不機嫌をねじ伏せて
話す。笑う。食べる。飲む(お茶)。

本当に、何の話であんなに笑ったのだろう。
膨大な話の中に埋もれてしまったエピソード。
ただ、私達の笑顔と笑い声が残像として残っている。


実家から戻るとき、のどに感じた違和感。
ああ、風邪を引いてしまったか…

今、私の声はカスカスになっている。

どうやら大声で話しすぎたらしい。
風邪の気配は微塵もないw


続きを読む

雨・無事帰還w

窓を開けると強い風が吹いていた。
風の音に怯えながら、それでもヌコはエサをお腹いっぱい食べて帰っていった。
「明日の晩ご飯は抜きかも・・・」そんなこと言っても、理解はしてくれないのだけど。

早朝、風は雨に変わっていた。
雨の運転は嫌い。
でも、レンタカーは借りてしまったし、今更帰らないとは言えない。

レンタカー屋さんで、説明を受け、車に乗り込んでアクセルを踏んだ。
進まない。盛大な空ぶかし('A`|||)
お店のお姉さんがすぐに戻って来て、ギアの入れ方を教えてくれた。

アハハハ。
2年近くも車に乗らずにいると、いろんなことを忘れている。
ギアの入れ方、キーの抜き方。
ナビの使い方は必要がないのでお断りした。
設定しても、見る余裕があるとは思えないw

マンションの駐車場に車を置くのに5分以上かかってしまった。
縦列駐車が恐くって、10センチ単位でしかバックできない。

ダイジョウブかワタシ・・・

それでも早起きして、ハンドルをにぎり、実家に向かった。

運転しはじめたら、身体の方が運転の仕方を思い出してくれた。
スズメ百まで踊り忘れず。昔取った杵柄って感じでしょうか。

で、ラジオでも聞こうと思ったらスイッチがない!
あらら、どうやらナビにくっついているみたい。
でも、操作の仕方が分からない。
ラジオの画面は出るのだけれど、音が出ないってわけワカメ。
ふぅー。あの時、素直にお姉さんの説明を聞けば良かった。
なんて、後の祭り。

雨と霧の中、斜面に雪の残る峠道を、後ろに着いた車に道を譲りつつ
法定速度で亀のように?ユルユル安全運転。

ああ、若かりし頃は高速道路並みのスピードで走り抜けていたものを・・・
ここで死ぬわけにはいきませぬぅ~ってw

実家に着いて、たくさんおしゃべりをして、あっという間に夕方になり
雨で夜の運転は危険だからとお泊まり。

朝、混雑を避けて早めに実家を後にしました。

そして無事生還。

窓の外。ベランダには泥んこのヌコの足跡がいっぱい。
雨嫌いなのに、ヌコがお腹を空かせて何度もやって来たのがよく分かる。
ごめんよ。

夜。ヌコは無事にエサを食べて帰っていきました。

私は、何故か肩が痛い。
ウーム。慣れない運転で猛烈な肩こりになったらしい。
ハンドルを力いっぱい握っていましたからね。
今夜は湿布を貼って寝ましょうか。

実家での話はまた後で。

レンタカーを借りることにした。がっ!

アホだ。本当にアホだと思う。笑ってください。

昨日、思っていた以上に口惜しかったらしく、夜中の3時過ぎまでレンタカーのホームページを漁っていた。
借りる日付や時刻を変えたり、車種を変えたり。
ほぼ無意味なことをあれこれ試していた。

そんなことをしていたら、最初見たホームページでは予約不能でも、楽天を通せば空きがあることに気づいた。
フム。同じレンタカーの支店でも別ルートから探せば空きがあるかも。

で、本日、昼休みにしつこく検索。
すると、希望の日時と車種を借りられるお店に行き着いた。
昨日は予約不能だったお店だけど、昨日とは違うホームページ。

やったー。と、3日の17時からの予約をした。
これで、4日の明け方出発すれば、渋滞に巻き込まれずに済む。

で、夜に実家に電話を掛けたら「4日なら、みんな帰った後だけど良いの?」と・・・

アレ? ワタシハ、ナニヲマチガエタノデショウ?

なんだか意地になりすぎて、日にち感覚が1日ずれてしまったみたい。

まるで、ナウシカのオウムのように暴走しちまったか?

「予約、取り消せないの?」と、言われてしまいました(泣

取り消すことはできますよ。でも、帰ります。
やはり手術前に母に会っておきたい。

筑前煮も作っちゃったし、去年の秋、父のために買った発熱素材のチャンチャンコもある。
もう、春で暖かくなってしまったけど、お盆に届けるよりはいいだろう。

みすぼらしくて、親が心配しないように服も買った。
髪もカットしてきた。

準備は万端なのだ!
パーフェクト。

日にちさえ間違っていなければ・・・ねっ (゚∀゚)アヒャヒャ



にほんブログ村

ヤバイ!実家に帰れない

この連休、実家に帰るつもりでいた。
シカーシッ!
帰る手段がない。

以前社長が「いつでも乗りなさい。」と言ってくれていた会社の車。
元、私の車ねw
「連休中にお借りしても良いですか?」とお聞きしたところ、色よい返事が返ってこなかった。
???

本日、サービスで休日出勤w
たまたま会社に立ち寄った社長にもう一度お聞きしてみました。
なんだか煮え切らないお返事がモニョモニョ。
で、その理由が分かりました。
お嫁に行った下の娘さんが乗っているらしい。

もう、親子の情にはかないまへんがな。
諦める以外ないでしょう。

急遽レンタカーを借りようとネットで調べたら、1日遅かった。

バスですかねぇ・・・・

しかしです。実家のある地域はこの連休中、観光道路と化しとても渋滞するのです。
何時間かかるやら…
何より、行きは予約が取れても、帰りは立ちっぱなしのおそれあり。

フーッ。
おばさん、身(膝)が持ちませぬ。

タクシーならなんとかなるか?
って、いくらかかると思っとりまんのやぁ~

グスン。
一生懸命働いて、この有様って情けなさ過ぎ。

母が近々、白内障の手術をする。
まあ、簡単な手術なので死ぬことはないだろうけど、年齢と体質のことを考えると手術前に帰りたかった。
兄夫婦と子ども達も集まるらしい。
なのに・・・・

車を会社に返却したときの約束。「土日は自由に使って良いよ。」
いつの間にか反故にされていたなんて・・・
色々考えていたら、仕訳入力していた画面がかすんだ。

私、これまでなんのために頑張って働いてきたのだろう。

帰宅してから、口惜しくて、一層気分が落ち込み涙がボロボロ。
お金がないって、情けないもんだ。
このまま生きていても、こんなことの繰り返し。
生きてる意味ってあるのかしら?
早く人生、終わらないかなぁ~
などと、ベッコリへこむ。

でもまあ、しゃーないわ。
諦めも肝心じゃぁーっ!
と、ボッコリと立ち直る。

ペコ・ポコよりもワンランク上の、ベッコリ・ボッコリな落ち込みと回復でしたw

でも、やっぱり・・・心にトゲのある雨が降っている。


にほんブログ村