お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

貧しさ「が」負ける

意味不明なタイトルで申し訳ない。

高校を卒業してからこの歳まで、ずーっとマジメに生きてきました。
失業中も社会保険料を滞納することなく、
この度定年となった会社でも、くそ真面目に働いて来ました。

………………

会社が廃業になる前に60歳を迎える私は、
誕生日前に解雇してもらおうかと思ったりもしました。

それは、60歳以上の失業給付金は、未満の給付金より金額が低いから。
そして、給付期間が90日も短くなるから。

61歳にならなければ、厚生年金が支給されないから
失業保険が切れてしまうと、しばらくは無収入となってしまう。

でもねえ、定年を待たずに誕生日前に解雇してくれとも言えぬまま
60歳のラインを私は超えてしまったわけです。

それでも、勤めていればその分給料がまともに出るわけで
社会保険料も半分は会社が負担してくれて、身分も保障される。

とりあえず、差し引きは『多少マイナス』くらいのはず?
だから、そこのところは割り切ることにした。

一応わずかでも退職金は出るので、65歳まではアルバイトでもしながら
それを食いつぶしていけば生活はできるはず。

そして65歳になったら…、
って、年金を満額もらっても、生活はカッツカツ未満って、どうよ?
所詮、貧乏暮らししかできない給料では、年金だって憐れなものよ~♪
と、年金定期便はずっと前から教えてくれてた。

まあ、何かしたいことがあるわけじゃないから、動ける間は働くのも悪くはない。

でも、本当はもう働きたくない。
早起きも、化粧もしたくはない。
小ぎれいな服装とか、義務的な気働きとかも面倒臭い。

水でも飲みながら自宅に引きこもってしまいたいのが本心だけど
それってもう、「私はすでに死んでいる」って感じになるのと同じ。
水飲みながら、枯れ朽ちる日をまつって、わたしゃあ~草みたいに生きられない。

などと、真面目か不真面目かよくわからん乗り突っ込みを、一人でくり返している。
まだ余裕があるってことか?

………………

さて、まだ働ける内は働くとして、それができなくなったらどうしよう。
健康保険料とか、介護保険料を払ったら、病院にさえ行けなくなりそうだ。

それをどうやって乗り切ればいいのやら…

ふと、生活保護なら国保料や病院代が無料になることを思い出し
ちょいとばかしググってみた。

あぁ。私には住む場所があり、年金がある。
どうやら、申請すら受け付けてもらえないらしい。

でも、私は簡単に病院には行けないだろう。
年金だけでは、診察代や薬代を捻出できる余力はない。

………………

別に、本気で生活保護を受けるつもりはない。
病気さえしなければ、年金で生活保護と同じくらいの生活はできそうだから。
あくまでも、病気さえしなければ・・・なのだけど。

あーあ、これからの自分の貧しさが、生活保護に負けるのだってことが、
なんとも切ないったら、ありゃしない。



にほんブログ村

仕方ないと諦めつつも…

会社の事務所を移転するとき、エアコンを取り外した。
まだ新しくてきれいだったので、その内の1台が欲しいと社長に伝えた。

すんなりと「いいよ。持って行きなさい。」そう言ってもらえた。

ただ去年の夏、社長の妹さんが社長所有のアパートに引っ越してきたので
「そちらにエアコンを付けるのでは?」と聞いてみたら
『なに言ってるの、あいつは金持ちなんだから自分で買うよ。』と言われた。

そりゃそうだわな。不動産も不労所得もあるんだもんな。
「わーい。エアコンゲットだぜ! バンザーイ!」
などと喜んでいたのだが…

ある日
『妹の部屋と、あっちと、こっちの部屋に取り付けるから業者を呼んで。』
と言われた。
『妹に言ったら、欲しいって言われた。』
のだそうだ。

えっ? 私のは・・・

.。゚+.(・∀・)゚+.゚ からの Σ('◇'*)エェッ!? からの (p_q*)シクシク そして (゚∀゚)アヒャヒャ

私、確認したよね。
何度か念を押したよね。
それなのに・・・社長の記憶にその約束は残っていなかった。

もうこれは、笑うしかないわ。
取らぬタヌキの皮算用。
ってのか、いつの間にかタヌキがワープしちまった。
短い期間、いい夢見させてもらったってことか。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ただ本心は、とても口惜しい。そして悲しい。

何も言えずに諦める。
それしか道はないのだけど。

業者の手配をしていたら、惨めな気持ちがこみあげた。
なさけない。



にほんブログ村

なりたかったもの

工事現場で立ち止まり、ショベルカーの動きを見つめてしまった。
すくって盛り上げ、つまんで挟んで、砕いて。
ワクワク。

そういえば、私は昔から働く機械が好きだったわ。
徐々に形を成していくもの。形をくずされるもの。
ああ、この光景をずーっと見ていたい。
後ろ髪引かれつつ? その場を離れて歩きながら、かなり昔を思い出した。

私がなりたかったもの。

地球整備士=土木作業員。
または、曲げわっぱ職人。

無心に体を動かす、手先を動かす。
そんな仕事に就きたかった。

この歳になってそんなことを思い出すなんて、なんだか可笑しい。
あの時、思い出し笑いをしながら歩く、危ない感じのオバサンは、私です。

事務仕事なんて大嫌いだったんだと、今更思っても遅すぎだわね。
今更、そんな仕事に就けるわけもない。

………………

誕生日に、友達が「こちる。これ好きでしょ。」と、
笑いながらプレゼントしてくれたのは、マイティモーのショベルカーだった。

 ↓ イメージです。ググったけどなかった。野村トーイ自体なかった。
マイティモー

………………

廃材を運ぶダンプの運転席に、女性が座っていた。
うらやましいと思った。
私の若かりし頃には、選択の余地すらなかった仕事・・・

腰が痛いとか、目がかすむとか
やってみたいと思っても、もう、身体が思うように動きゃしないわ。

あーあ。なんだかとてもつまらない。



にほんブログ村

宮澤賢治…『よだかの星』

帰宅してからドラッグストアとスーパーとホームセンターに行って来た。
日が落ちて間もない空の、白くて丸い月を見つめながら。

……………

先週、美容院の帰りにもスーパーに寄った。
いつものことだが、重たいのにキャベツなんか買って、
ああ、もっと近所のお店でも売ってるのにバカだ・・・
と後悔しつつ、かなりの距離を歩いて
もう、おばちゃん歩きたくない。座りたい。と、一人だだっ子をしかけたとき
目のはしにツーッと黒いスジが流れたように見えた。

滑空する黒い鳥。
カラス?かと思って見つめていると、いつまでも羽ばたかない。
その鳥は、翼を広げたままゆるやかに円を描きはじめた。

ああ、トンビか。

トボトボと歩きながら、トンビの姿を目で追う。
斜め45°の空に大きな円を描きながら、
静かに角度をあげ、やがて私の頭上に。

首が疲れた私は、誰もいない中小路で立ち止まり空を見上げた。
天頂には薄白くはかなげな細い月があった。

トンビは羽ばたきもせぬまま上昇していく。
うまく風をとらえたのか?
だとしても、なんだか不思議だわ・・・身じろぎもせず天を目指すって。

トンビは月の周りを静かに回って、どんどん小さくなっていく。

近づく車の気配に気づいて、何ごともなかったように歩きだし、
車をやり過ごして空を見上げたら、トンビの姿はもうなかった。

……………

宮澤賢治は得意ではない。
食わず嫌いならぬ、読まず嫌い。
まあ、嫌いというわけではないけど、食指がのびない苦手な作家。

むかーし、昔、国語の教科書に、『よだかの星』があった。
 宮澤賢治『よだかの星』は、青空文庫で読むことができます。←クリックしてね

“よだかは実に、みにくい鳥です。”から始まる文章は、
切実な痛みをともなう物語だったように記憶しています。

「不条理」「理不尽」

宮澤賢治の小説を何冊か読んだことはあるのだけど
この『よだかの星』のように記憶に残るものはほとんどありませんでした。

……………

はて、月を目指していたトンビは、無事に月と結ばれたのだろうか?

あの日、キャベツをぶら下げて空を見上げる還暦女の頭の中は、
なかなかロマンチックなものでした。

今日の買い物、オレンジ・土・肥料・クリーム(顔用)・その他。
腰の調子がおかしい・・・懲りないヤツだ。



にほんブログ村

節約・2分の1

すみません。
とても下らない話しです。
読んだら脱力・・・間違いなし!

マンションの水道水をそのまま飲む勇気がない。
お茶やコーヒーなら許せるけど、さ湯はイヤ。
でも、帰宅してからカフェイン入りの飲み物を飲むと眠れなくなる。

猫舌なんで熱いものは受け付けない。
なのに、冷たいものをおいしいと思わない。
アイスなんて、5分は放置しなきゃ食べられない。
友達にできたてのおでんや、カチカチのシャーベットを勧められて
その鬱陶しさに切れたことがある。←本当に

アッツアツもキンキンも苦手って、自分でもめんどくせーよ。

その上、歳をとるにつれ甘いジュース類が嫌いになって
今は室温で放置の炭酸水を飲んでいる。

無駄なことにお金をかけている。
貧乏人のくせに贅沢だと思いつつ…

そこで考えた。
節約。

炭酸水の水割り。
炭酸水1 対 水1。

金銭的、経済的、精神的な負担が半分になった。

貧乏と贅沢の融合。
ナイスアイデア!
賢いぞ。わたし。

絶賛がぶ飲み、自画自賛中。(゚∀゚)アヒャヒャ



にほんブログ村
広告