お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

宮澤賢治…『よだかの星』

帰宅してからドラッグストアとスーパーとホームセンターに行って来た。
日が落ちて間もない空の、白くて丸い月を見つめながら。

……………

先週、美容院の帰りにもスーパーに寄った。
いつものことだが、重たいのにキャベツなんか買って、
ああ、もっと近所のお店でも売ってるのにバカだ・・・
と後悔しつつ、かなりの距離を歩いて
もう、おばちゃん歩きたくない。座りたい。と、一人だだっ子をしかけたとき
目のはしにツーッと黒いスジが流れたように見えた。

滑空する黒い鳥。
カラス?かと思って見つめていると、いつまでも羽ばたかない。
その鳥は、翼を広げたままゆるやかに円を描きはじめた。

ああ、トンビか。

トボトボと歩きながら、トンビの姿を目で追う。
斜め45°の空に大きな円を描きながら、
静かに角度をあげ、やがて私の頭上に。

首が疲れた私は、誰もいない中小路で立ち止まり空を見上げた。
天頂には薄白くはかなげな細い月があった。

トンビは羽ばたきもせぬまま上昇していく。
うまく風をとらえたのか?
だとしても、なんだか不思議だわ・・・身じろぎもせず天を目指すって。

トンビは月の周りを静かに回って、どんどん小さくなっていく。

近づく車の気配に気づいて、何ごともなかったように歩きだし、
車をやり過ごして空を見上げたら、トンビの姿はもうなかった。

……………

宮澤賢治は得意ではない。
食わず嫌いならぬ、読まず嫌い。
まあ、嫌いというわけではないけど、食指がのびない苦手な作家。

むかーし、昔、国語の教科書に、『よだかの星』があった。
 宮澤賢治『よだかの星』は、青空文庫で読むことができます。←クリックしてね

“よだかは実に、みにくい鳥です。”から始まる文章は、
切実な痛みをともなう物語だったように記憶しています。

「不条理」「理不尽」

宮澤賢治の小説を何冊か読んだことはあるのだけど
この『よだかの星』のように記憶に残るものはほとんどありませんでした。

……………

はて、月を目指していたトンビは、無事に月と結ばれたのだろうか?

あの日、キャベツをぶら下げて空を見上げる還暦女の頭の中は、
なかなかロマンチックなものでした。

今日の買い物、オレンジ・土・肥料・クリーム(顔用)・その他。
腰の調子がおかしい・・・懲りないヤツだ。



にほんブログ村

節約・2分の1

すみません。
とても下らない話しです。
読んだら脱力・・・間違いなし!

マンションの水道水をそのまま飲む勇気がない。
お茶やコーヒーなら許せるけど、さ湯はイヤ。
でも、帰宅してからカフェイン入りの飲み物を飲むと眠れなくなる。

猫舌なんで熱いものは受け付けない。
なのに、冷たいものをおいしいと思わない。
アイスなんて、5分は放置しなきゃ食べられない。
友達にできたてのおでんや、カチカチのシャーベットを勧められて
その鬱陶しさに切れたことがある。←本当に

アッツアツもキンキンも苦手って、自分でもめんどくせーよ。

その上、歳をとるにつれ甘いジュース類が嫌いになって
今は室温で放置の炭酸水を飲んでいる。

無駄なことにお金をかけている。
貧乏人のくせに贅沢だと思いつつ…

そこで考えた。
節約。

炭酸水の水割り。
炭酸水1 対 水1。

金銭的、経済的、精神的な負担が半分になった。

貧乏と贅沢の融合。
ナイスアイデア!
賢いぞ。わたし。

絶賛がぶ飲み、自画自賛中。(゚∀゚)アヒャヒャ



にほんブログ村

その気持ちは分かるけど・・・

先週の日曜日、元会社の改装工事のせいで灯油がストップして、
復旧に夜の10時までかかって、えらい目にあったのはすでに書いたけど・・・

よりによって、みぞれ混じりの雨が降る日にとんでもないことだったんだけど・・・

………………

社長の対応がイマイチ信用できずに、家を出るときダウンコートを着るくらい寒かった。

原因が分からず、業者さんと駆けずり回って、汗をかいて事務所でコートを脱いだ。

脱いだことを忘れて業者さんと話しているうちにどんどん寒くなってきて
コートを取りに戻ろうか…
そう思った矢先、入居者の一人がこちらに向かってやってきた。

「あのー、こういう工事をするときって、工事会社が損害保険に加入していると思うの。」

私は『心配して下さっているの?』かと思った。

「例えば、今夜修理が終わらなくて、明日の朝に部屋に入って来られるなら
 会社に半休の連絡をしなくちゃいけないのよね。」

『その場合、当方で立ち会います。』という間もなく

「そうしたら、お給料が出ないことだってありますよね。
 その場合、補償してもらえるか、確認した方がいいんじゃないですかぁ。」

『ああ、怒っておられる。』それは当然のことだと思うのだが、
【休業補償してもらいますから】という言葉には意表を突かれた。

今、この寒い廊下で、業者さんと相談の真っ最中に・・・

あまりの寒さに震えながらお話しをしていたら
「寒いんだったら、上着を着たらどうですかっ!」と、
噛みつくように 言ってくださるのだが
『まさか、あなたとの話しを切り上げて、この場を離れていいのですか?』
『私が戻るまで、あなたはここで待ってくれるのですか?』
首根っこつかまえておきながら、さっさと行って来い。てなことをおっしゃる。

今いる業者は、工事と無関係であること、なんとなく原因がわかったので
その対処方法を考えているところであると説明し、
解決できたら連絡をすると言って引き取っていただいた。

この状況、この時刻、この寒さの中、
助言なのか苦情なのか要求なのか分からない話につきあい、
無駄に時間を取られて、心底うんざりした。

間もなく、応急処置で灯油は復旧して終わったのだけど・・・
なんだかちょっと・・・

………………

アットホームな会社らしいが、不測の事態に有給休暇は使えないの?
その会社は認めてくれないの?

てか、入居したときの契約書は、正社員のはずだったけど、
もしかして嘘ついてたりしてる?

事情がある人のようなので、深くは追求しないけど
その攻撃的なもの言いに「ああ、なるほど。」
などと、その人の現在につながるものを感じてしまった。

………………

それまでも改修工事のせいでトラブルが何度かあった。
原因の所在がどこであろうと、入居者にはえらく迷惑をかけているわけで
工事が終了したら入居者へは謝罪がてら、家賃の値引きをする予定だった。

なので、こちらから申し出る前に、【補償】なんて言われてドン引いてしまったわ。
家賃が遅れても、文句を言ったことさえないのに。

生活を守るため。
その気持ち、分からぬわけではないですが・・・



にほんブログ村

真夜中にお菓子を焼く

事務所は移転したが、まだ会社があるので仕事に行っている。
取引先に迷惑をかけぬよう、廃業の予定を早めに知らせていたので
これといったトラブルもないまま、こっちの方は平穏に軟着陸となりそうだ。

が、会社のあったフロアは新たなテナントが決まり、現在改装の真っ最中。
勤続30年=ビル管理30年?ということで、このビルのことは持ち主より知っている。
入居者との付き合いも長いので、関係もそれなりに良好だ。

なので、会社の仕事というより、工事業者との話し合い
および、入居者との調整という役目が今の私の主な仕事となっている。

これがなかなか難儀なもので、
業者との打ち合わせは、互いに穏便を装いつつ時に戦いとなり、
入居者へは、これでもかって感じで頭を下げまくりである。

「こちるさんのせいではないから…」と言ってくれるのだが
調子にのって、その言葉に甘えてしまえばどうなることやら…。

何より問題なのは、ビルの持ち主である社長が、頼りにならないこと。
この工事が終われば、工事業者との縁は切れる。
今伝えておかないと、何年も経ってからとんでもない支障がでるかも知れない。

30年このビル管理をしてきて、何度も痛い思いをしたというのに、
『業者にかっこつけてどうすんの?』って感じで
おばさん事務員は、かなりきつい言葉で噛みついている。

「・・・。・・・・・。」沈黙する社長。

これから先、ここの管理で泣くのはご自分だと自覚があるやらないのやら?

……………

日曜日、休みの日は風呂にも入らず、グウタラ三昧で過ごす私。
外に出ることはないから、誰にも迷惑にはならないのだわ。(*^o^*)
垢もフケも臭いさえも全て1ミクロンほども他人のものは入っていない。
不潔だといわれても、この不潔すら私のものだから
他人にとやかく言われたくない。
まあ、外にでないのだから、だあれもこんな私を知らないんだ。
なんと極楽な日曜日だろう。

昼寝の合間に、夕食には玄米をたいて、洗濯をして、また寝ますかねぇ。
などとグウタラの極みを堪能していた。

なのに、午後になって社長からの問い合わせ電話にイヤな予感が…
トラブル発生。
解決したのか分からぬままに、その予感を無視できずにシャワーを浴びて
会社へと向かった。
せっかくの日曜日なのに…

社長はすでに自宅に戻っていて
「こちる君に言われたようにみんなには伝えといたよー。」と
呑気なことをいっている。

あらあら、言いっ放しのまんま、自宅でお茶してる?

それで、伝えた結果はどうなったのよ?
トラブルは解決したの?
どうしてちゃんと確認をとらないのよ?

仕方なしに入居者へ電話で確認をとる。
結果は非常に悪かった。

4月とはいえこちらの地方は冬から完全に卒業できていない。
咲いているのはせいぜいクロッカス程度。
その日の気温は一桁。外は時折みぞれが降っていた。

ストーブが点かない、温水が出ない。
灯油の供給がストップしたまんま、すでに2時間が経過していた。

日曜日だというのに。どうする、どうする…
思いつく業者さんへ電話をかけても日曜日。
ビルの管理会社の担当者とはなんとか連絡が取れた。
ストーブ修理の業者さんには個人の携帯へ留守電をのこした。

管理会社の人があれこれやってくれても、灯油は流れてこない。
ストーブやさんが来てくれて、エア抜きをしても灯油は流れない。

どうやら工事途中の断線と、振動でオイルポンプが絶不調になったらしい。

唯一の解決策は、一番端の入居者の部屋から補助タンクに灯油を補充して
全室に灯油を供給させること。

これがまたなんとも、部屋に入り洗濯機を移動して、点検口にもぐりこみ
ネジを20個もはずすという難儀な仕事。

ということで、現在その部屋の入居者に、絶賛ご迷惑かけ放題。な状況。
毎日、管理会社の人が灯油持参でうかがって、洗濯機を移動して~~~
をくり返している。
私はその部屋に住む奥さんと世間話などしながら、立ち会いをする。

ようやく復旧の目途が立った。
とは言っても、あと1週間はこの作業をくり返さなくてはいけないのだ。

入居者は気さくで温厚な人だからがまんしてくれてるけど、
普通だったら、どなりちらされても文句はいえない。

……………

先ほどお菓子が焼き上がった。
明日はこのケーキをお詫びの貢ぎ物として差し出すのだ。

以前、差し上げたときはなかなか好評だったから、今回も喜んでくれるだろうか。

私なんかが、しなくてもいい気遣い。しなくてもいいお礼なのだけど
でも、それをしてきたから、今も円滑にことが運んでいるのだと思う。

でもさあ。
あーあ。めんどくさいなぁ~
そして、とても、ねむたいなぁ。




にほんブログ村

長蛇の列にビビりまくる

「会社を辞めたらどうするの?」取引先の人にきかれた。
「もう還暦だし、失業保険もらって~~~♪ それから~~~ウーン…
 ああ、でも、ボケ予防のために仕事を探した方が良いかしら?」

「それなら、ちょっとバイトしない? 庭の草むしりなんだけど…」
「夏になったら考えますね。」(^_^)vニコニコ
なんだかちょっと嬉しかった。
「あと、他になにができる?」って聞かれて、迷わず言ったわ「犬の散歩」
ソヨソヨと微妙な空気が流れたような・・・

正直、人とかかわる仕事には全く自信がない。
今、なんとかなっているのは、30年という時間と経験のおかげ。
なんつーか、それらしく振る舞うことができているだけ。

実はけっこう綱渡りでハラハラな気分でも、この歳でしょ。
はたから見ると、もっともらしく見えるらしいの・・・

………………

仕事帰りにスーパーに寄った。

いつもはすいている時間帯なのに、今日は何故か込んでいた。
それでも、買い物をしているうちにお客もはけると見込んで
ゆーっくりと買い物をはじめたのだが、いつまで経ってもレジには長蛇の列が・・・
お客さんが持つ買い物カゴはミッチミチのてんこ盛り。
今日は一体なんの日なんだ?

これじゃあいつまで待っても無駄だわね。
並ぶのは大嫌いだけど、いたし方なく私も列の後ろについた。

かなりの時間まって、ようやく私の番が来た。
「ポイントカードは? お弁当の袋は? シールは集めていますか?・・・」
レジ係さんは、バーコードを読み取りながら矢継ぎ早に質問を繰り出す。

機械的な言葉。機械的な動き。
なのに、その女性の表情はとても必死で引きつっていた。

レジを済ませると、いつもの定位置=パート募集の張り紙の前に行ったけど
今日はその紙を見る気になれなかった。

レジ係は絶対に無理。
そして、この込みようではバックヤードも多分無理。

スロースターターと言えば聞こえがいいが、私はとても鈍くさい。
そして、今の私が持っている経験などこの場では微塵も役にはたたない。

フツーに買い物に行って、すっかり自信喪失して帰宅した。

草むしりと犬の散歩で、おまんまは食べられまへんなぁ・・・
今日はヘタレがビビって、ネガティブの海でおぼれているらしい(笑



にほんブログ村
広告