お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

朝起きて…

いつものように目覚ましの音で目覚め、朝ドラが始まって起き上がる。

朝ドラが終わったところでdボタンを押して、ニュースをチェックした。

いつもはそんなことしないんだけどね。

なんだかとても気になって…

サッカーの試合、日本が勝ったってさ。

よかった。と、ホッとする私。

もし負けてたら、今日一日、もの凄いバッシングの嵐なんだろうって思っていたから。

選手の名前も、ルールもよく知らない。
スポーツ番組は嫌いだから全然見ない。
なので、その勝敗にも興味はない。

でもさぁってのか、
だからさぁってのか、
ものすごーく頑張ったけど勝てなかった人達を
これでもかってくらい、叩きまくるのを見るのってイヤなもんだわ。

毎日のように、理不尽にも命を絶たれた人のニュースばかり流れてるから
ゆき過ぎたしつけ?名目の暴力みたいな、
応援がてら?の熱狂的な悪口は、見たくないし聞きたくない。

今日、それを目にしなくて済むと思ったら、ホッとした。

なんと佳き日かな。



にほんブログ村

税理士さんからの電話

廃業後も会社の始末が終わるまでの数ヶ月分の給料を先払いしてもらった。

おかげでビルに関することは、じっくり時間をかけて引き継ぐことができる。
そんなふうに余裕しゃくしゃくでいたのだが、税理士さんから電話がかかってきた。

「こちるさん。(税理士さんの)取引先で事務員を募集してるんだけど、行かない?」

驚いた。

税理士さんからのアドバイスで、給料の先払いをしてもらったのに
まさか、次の就職先を斡旋してくれるとは思ってもいなかった。

何より話が急過ぎて、頭が混乱してしまった。
「返事は早めに下さいね。」って・・・

まだすることはたくさんある。
いろいろ考えたのだけど、お断りするしかないんだろうな・・・

……………

ここ一年以上、まともな服を買っていない。

定年になって再就職するにも、どんな職に就くか分からない状態で
その職にそぐわない服を買っても無駄になるから。

服を買わないことが節約だとは思わないが、
着る可能性の低い服を買うのには躊躇いがあった。
できる限り無駄遣いはしたくなかった。

私の希望としては、できるだけ自宅近くで人に接することのない職種。
見苦しくない普段着程度で済ませられる職種。

例えジーンズを穿くにしても、職種によってメーカー変えちゃうよね。
どこでもしまむらでいいや。って思えるほどの度胸を私は持ってない。

そのうちハローワークに行くようになったら、現実をみて考えようと思っていた。

………………

税理士さんからのお話はありがたかった。
なんと言っても「給料や待遇は今の条件と変わりませんよ。」と言われて
かなり心引かれたのは確か。

でも勤務先は、自宅からかなり離れている。
ずっと仕事以外は、ほぼ引きこもり状態で暮らしてきた私には未知の土地?
通勤時間はどんだけかかるの?

何より、今まで安月給で暮らせてこれたのは、引きこもって暮らしてきたからに他ならなくて、
ちょっと遊びに出かけたら、あっという間に生活破綻は目に見えていて、
昼食も自宅に戻っていたから食費も抑えられてきた。

そんなだから、通勤手段はどうする。服はどうする。靴はどうする。昼飯は?
節約する余地なんてないんじゃない?
なんて考えたら、現状維持よりずっと厳しい労働条件だと思えてしまった。

これなら近所でパートをした方が、時間だけでも余裕がある。
こんな歳になって、贅沢で甘い考えだとは自覚しているのだが。

………………

と、ここまで書いてみたけれど、本当に本当のところ

私、自分に自信がないのよ。
だから、とても怖いのよ。

エイッ。ヤッ。と、踏ん切りつくまで、もう少し時間が欲しいものだわ。

私って、腹をくくったら、無敵なのだけどねぇ・・・




にほんブログ村

百均には捨てる物を買いに行く

ご近所に百均ができたとき、喜び勇んで出かけて行った。
可愛いコップ。シンプルな食器。便利グッズ。
これが100円で買えるなんて!と、感動した。

そして、何も買わずに帰って来た。

きっと私はアレを買ったら、壊れるまで使い続けるだろう。
というか、私が死んでも残っているんだろうな。
なんて思って、何ともわびしい気持ちになってしまった。

………………

テレビなんかで、百均グッズでナンチャラを作るとかってのを見ると
フツーに、疑問を抱いてしまう。

ボンドで貼ってとか、両面テープで貼り合わせてとか、お手軽にリフォームとか・・・
耐久性なんてものは、考えていないみたいで、
一体、どれくらいの期間でゴミにしてしまうの?などと。

「わぁー、100円には見えないわぁ~」とかって言っているけど
それなりの安物臭が漂っているわ。

百均だもの、捨ててしまっても百円よぉ~。
ってことかしら?
数をこなせばそれなりの額になりそうな気がするけど・・・

というより、多分100円の物に愛着は起きないわね。
 ↑ 個人の見解です。

だから私は、百均には捨てるものを買いに行く。
この前買ったのは、可愛いリボンのバレッタ。
これは、リボンの部分を運動靴のほころびを修理する布切れとして使う。

………………

私のように歳をとってしまえば、いつの間にか不要品は山のようにあり、
買い換えが必要なものはあまりない。

『あれば便利は、いらない物。』は、これまでに何度も体験した。
そういうものはいつの間にか使わなくなり、引越の時に足手まといとなった。

使える物を捨てる罪悪感て、あるのよね。
悲しきかな、貧乏人の性。

百均というのは、
生活の新陳代謝が激しい、若い人達には宝の山かも知れないが
年寄り(私のことです)から見たら、ゴミの山の一歩手前なのである。

 多分、40年近く使っている皮引き。
 まだまだ使えます。使います!
 BlogPaint


百均の物を買っても、置いとく余地はないのよね。



にほんブログ村

ジェネリック

2ヶ月ごとに病院で薬をだしてもらっている。
コレステロール関係と睡眠導入剤と湿布の3点セット。

善玉コレステロールが足りません。
ずーっと薬を飲んでいるのに、ちーっとも増えません。

若い頃から肝臓の数値が悪いのですが、お酒なんて飲んでません。
あんな不味い物にお金と時間をかけるような、バカバカしい余裕はありません。
なのに、肝臓の数値は飲んべえだと嘘をつきまくりです。←おばかさん!

まあ、そのようなわけで、結果に対する原因はイマイチ解明されないまま
私は薬を飲み続けているわけです。

そしてある日、薬剤師のお姉さんに
「このお薬にはジェネリックがありますが、使って見ませんか?」と、言われた。

薬の成分がほぼ同じで、同じ治療目的で使われるサイフに優しい料金。
経済的という言葉に釣られて、一度試してみることにしてみました。

コレステロールの薬は何の違和感もなく身体が受け入れた。
というか、正直その効果を実感したことなど今までもなかったから比べようもない。(笑

そして、睡眠導入剤には、明らかな違いが現れた。
薬を飲んで少しすると、頭がズーンと重くなり、じんわりと頭痛がしはじめる。
まあ、その先は眠ってしまうので支障なし?なので、最後まで飲みきったが
次の時、薬剤師にそのことを話したら、以前の薬に戻されてしまった。

ジェネリックって、元の薬と完全に同じじゃないのね。
そのわずかな違いで、副作用?が出ることもあるらしい。

………………

最近はジェネリック家電なんてのも出てきている。

従来のメーカーではなく、新興メーカーの家電商品。

昨年、冬を目前に電気カーペットが壊れて、新たに購入したのはその手の物だった。

20年近く前、1万数千円で買った物が、半値くらいで買えちゃって
なんてお買い得なんだろうと、感激したものだったわ。

でもね。
温度管理がね・・・
初っぱなから暖かいのよ。暖か過ぎるのよ。
てか、もう熱いのよ。
ゴロ寝なんかしたら、汗だくになって目が覚めるほど。

温度調節はあるんだけどね、初期温度が高すぎですわ。

仕方ないので、上にカーペット敷いて、二つ折りの毛布敷いて
その上に、二つ折りの綿毛布をしいって・・・

それでも快適な温度になることはなく、相変わらずうたた寝するには熱すぎる。
もしかして、暑いが正しいのか? でも熱いってのが実感です。

そしてです。
冬の電気料金が上がりました。
やっぱり、温度が高いってことは、電気を食うってことらしい・・・

これはもう、『安物買いのゼニ失い』を実践しとりますわ。
というか、これからもゼニを失い続けるってことですわ。トホホ

…………………

エアコンを買った電器屋さんに、そのことを話してみた。

「ああ、それは○○が(ごめん忘れた)ないからですよ。だから、安い。」

ナルホド。なるほど。成る程。


薬にしても、家電にしても、ジェネリックには注意しなくちゃ。



にほんブログ村

まあ~だだよ・・・

決算月が過ぎたら退職=失業になると思っていた。

失業保険を受給しながらのんびりと・・・
なんてチョッピリ思ったりもしたけど、そんな悠長に構えていたら
速攻で干上がってしまう不安がジワジワ、ガンガンと湧き起こり
それならば早めに職を探さねばと考えを改め、こっそりネットで職探しをしたり
PC入力の練習に励んだりしていた。

お前は、泳ぎを止めたら死んでしまうサメかマグロか?←多分サメ。

  私ったら、貧乏の上に貧乏性。
  骨の髄までビンボウ人。(●´ω`●)
  
………………

が、税理士が言った。
「こちるさん。期末を過ぎてもすぐには辞められませんよ。」

期末で廃業になっても、決算は通常通りの手順になるらしい。
「それとこれは別のもの」らしい。
「最短でも事業税や消費税が確定して納付が終わるまで。」
なんだとさ。

 Q 廃業してからの給料はどうなるの?
 A 先払いで清算して下さい。

 Q 会社がなかったら、社会保険はどうなるの?
 A 任意継続か国保に加入して下さい。
   ※60歳を過ぎると国民年金の掛金は不要となります。

あら、まあ。なんだかとっても宙ぶらりんな感じ。

ついでに、出資金を返還しても出る余剰金について聞いてみた。
「出資者に配当しても分離課税で20%は税金が引かれます。」ですと。

 Q ならば、退職金をいっぱいもらってもいいですかねぇ?
 A (退職金の)基礎控除内なら、無税ですよ。

 Q 社長っ! はずんでくれますかぁ?
 A いいよ~

てな感じで、私はまだ失業しておりませぬ。

………………

こんな会社、辞めてやる!
などと息巻いていたのはいつのことやら・・・

不甲斐なく、今は安堵しているのが本当のところ。

まあ~だだよ。

職探しと経済的な不安は、ほんの少し先延ばしとなっています。



にほんブログ村
広告