お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

かなわん

気がつけばお盆も過ぎてしまった。
なんて、わざとらしく気ぜわしいふりをしてみる。
実のところは、ぐうたらの海に沈んでおりました。
ぐうたらバンザイ!って、感じです。

…………………

前の記事を書いてから、お盆休みになるまで雨が降らなかったため
休みの直前までほぼ毎日、花壇の水やりをしておりました。

それで嬉しかったこと一つ。
小さな撫子が咲きました。
BlogPaint

同じ花壇のマリーゴールドも、水不足でかなり小さいのですが
撫子はまるでミニチュア。
BlogPaint


こんなちんちくりんでも、力強く咲くんだね。
たまらなく愛おしさを感じたわ。

…………………

この休みは雨のおかげでゆっくりできた。
庭のブルーベリーも良い感じで色づいてきたのを喜んでいたのだが
程よきものを摘まみに庭に下りて、傷だらけなのに気がついた。

チッ、やられたわ。
BlogPaint

犯人はこいつです。
BlogPaint

お友達も連れて来ました?
BlogPaint


時々、チュンチュンと鳴く声にカーテンを開けると4・5羽が庭から飛び立っていたが…
そうか、そういうことだったのか。

私だって負けてらんない! 先手必勝!
傷のない色よきものを摘まんで口に放り込む。
そのお味、なんということでしょう~
空前絶後ぉ~の、酸っぱさ。

何粒か食べてみて、どうりでスズメ達が食べ残した訳だわ。
と、納得して今年のブルーベリーは諦めることにした。

………………

お盆に雨が降ってから、街路樹の花壇は生き生きと蘇った。
ああ、私は枯らさなかっただけだと、脱力した。

春先、イチゴは蟻の餌食となった。
夏になったら、ブルーベリーもご覧の通りだ。
蟻もスズメも超能力を持ってるんじゃなかろうか?

フーッ、どう足掻いても、かなわんのかい・・・



にほんブログ村

暑い

北国なのに、なんだ!この暑さは!

ここ数日、NHKは高温注意情報を流しっぱなしだ。

先週の日曜も、今週の日曜も、雨の週間予報はどんどん先送りされて
明日は降るかも? って、感じらしい。

それなのに、南の方は台風が居座っているって、
天気の神様がいるなら叫んでやりたい、「中庸を知らんのかっ!」

………………

雨が降らないので、花壇の水やりを辞められない。

でも、半月も続けていたら、くせになってしまったわ(笑

とてもいい運動よ。ダイエットよ。ヤケクソよ!

普通に、1日、10000歩以上なんて、そうそう歩けないわ。
昨日は、犬の散歩にも行ったから、19821歩だったわ。

………………

そして、今日も暑い。

ビルの掃除をしたら、猛烈に汗をかいたわ。
流れる汗が目にしみるって経験、何十年ぶりかしら?

おかげで、一時帰宅のお許しが出たわ。
「シャワーでも浴びてゆっくりして来なさい。」ってね。

………………

正午の気温が30℃を超えた。
どこかの町では35℃を超えているって。

天気予報は、明日には雨が降ると言っているけど、今の空は快晴。

お天気の神様に一言いっておきましょう。
命を奪うほどの晴れも雨もいらないわ。
何ごとも、中庸が肝心よ。



にほんブログ村

街路樹の下で その2

水やりをしていて、最後に声をかけてきた女性がとても話し好きだった。

「あら~、街路樹の根元に花壇があったのね。今まで気づかなかったわ。」
「こんなふうに、お世話するのも大変ね。」

から始まって、いつしか銀行の話へ。

「こちら地方には支店が一つしかないので、いつも記帳するのに街に行くの。
 今、その帰りなんだけど、花壇の手入れをしている人を初めて見たわー。」

てのは、いいのだが、その女性は銀行名を言いたいらしい。
『三菱東京UFJ』とか『みずほ』と助け船を出してみがが、それではないらしい。

私にはどうでもいいことなんだけど、その人はどうしても言いたいらしい。
だが、思い出せないご様子。

で、おもむろにバッグの口を開けるとゴソゴソと…
「ああ、これだわ。」って、引っぱりだされた通帳…
「三井住友銀行ね。」って…

お、驚いたわー。
「こんな所で、大切なものを出しちゃダメですよぉ~」と思わず言っちゃいましたよ。

初対面だし。道端だし。人通りはあるし。
世の中物騒だし。

…………………

そのあと、どれくらいだろう。かなりの時間、他愛のないおしゃべりをした。
銀行の合併が多すぎて、名前を覚えられないわね。とか
生活費の他に予備費の口座がある。とか、曜日はゴミの日で思い出すとか。

私よりかなり年上。
身だしなみも、言葉遣いもとても品が良くて、育ちのよさがにじみ出ていた。
ちょっと不用心だが、ボケているふうでもない。

「また、会えるといいわね。」そう言って、その女性は軽やかな足取りで信号を渡っていった。

…………………

事務所に戻ると、社長が「知り合い?」と聞いてきた。

まあね、街路樹の下で長いこと話しをしていたから、そう思われても仕方ない。

…………………

初対面で長話をしたけど、その女性がどこの誰なのか知らない。
どんな人なのか、分かろうはずもない。

でもね、多分、話し相手が欲しかったんだろな・・・

それだけは、分かった。



にほんブログ村

街路樹の下で その1

友達は花が好きだ。
でも、育てるのはとても苦手。
次々に花を買い、次々に花を枯らす。

「なぜだか枯れちゃうのよねー」なんて言ってるけど、
水やりがすごく極端。
しおれるまで水をやらなかったり、腐るほど水をやったり。

どうも、花への愛が強すぎて、迷走してしまうらしい。

…………………

アスファルトの歩道に街路樹が植わっている。
春になると、町内会ではその根元のわずかなスペースに花を植える。
私は、この花壇が嫌いだ。

夏になり、雨の降らない日が続くと、
ヘタクソな人に植えられた花たちは、たちまち憐れな姿となる。
(もちろん、上手に植える人もいる。)

乾ききった土の上で、息も絶え絶えに
『お願げえですだ、いっそ、楽にしておくんなせえ。』
と、懇願されているようで目をそむけたい気分になる。
そんな草花の姿、見たくないのだ。

友達がその花壇の担当になったらしい。
歩道が華やかになるように、この暑い中、花を移植した。
案の定・・・

…………………

日に日にしおれる花を見て、アホな私は我慢ができなくなりました。

君たちは、枯れるために生きてるんじゃないよね?
と、不必要に感情移入。

露出している根っこを埋め、自宅から持参したジョウロで水をやる。
何往復どころか、軽く20往復以上したんじゃなかろうか?
万歩計が、結構な数字をたたき出す。(゜o゜;

友達担当の花壇を、勝手に手入れしはじめたのは、先週のこと。
日曜日には、雨が降る予定だったので、それまではと思ってたんですけどね…
週間予報って、途中で変わってしまうのね。

仕方がないので、昨日からは、台車に水を積んで出動してます。
1回に40~50リットル。ゴロゴロ、ジャブジャブ、ヨタヨタ~♪

ああ、時間も水も社長のお許しは得ています。
なんてったって、暇ですから。

…………………

そのような訳で、今日も街路樹の根元で水やりをしていると
何人かの人に「大変ですねぇ~」と、声をかけられる。

「暇、もてあまして」とも言えず、うやむやにしかお応えできなかったけど
私、外に出て動きまわることを、かなり楽しんでいます。




にほんブログ村

しょうもないわね

自分のことでなくても、腹がたつことってあるよね。

ふとね、「ばかやろーめ。このやろーめ。」ってフレーズが頭に浮かんじまいました。
《いつもここから》というお笑いコンビだったよな?

ググったら、YouTubeで見つけましたよ。
笑えたわ。



しょうもないもので、溜飲を下げてみました。



にほんブログ村
広告