お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

冬の入り口で…



昨日の終業間際、急な仕事が飛び込んで来た。
悪態をつくひまもなく、取引先の担当者から泣きが入る。
「やってみますねぇ~、頑張りますねぇ~」
ウン、ウン。いつものことなのよ。
いつものように、やるしかないでしょ。

おそらく、「次回からは・・・」の次回のとき、我が社はないと思うけど
それまでは、今まで通り頑張りますわっ!

担当者もパニックで説明が意味不明だったり
私も勘違いで間違ってしまったり。
ようやく形になって帰ろうとしたとき、『全面的に変更』の連絡が来た。

もう、大声で高笑いしたわ。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
いいのよ。外は真っ暗だけど。雨まで降ってきたけれど。
ラブの散歩は、ばっくれるしかないけれど。

ようやく仕事が一段落して、時計を見たら9時を過ぎていた。
ドラッグストアに行かなくちゃ。

外に出たら、吹く風が傘に回し蹴りをして来やがった。
降る雨があられに変わり、一瞬やわらかなものが足下に落ちて溶けた。
みぞれというには白かった。
雷が光る。鈍い音がお腹の底まで振るわせる。

ああ、秋が冬に追い立てられてる。

スーパーに併設された薬屋さんは閉まっていた。
9時までなんですって。

次のドラッグストアでは、「このドア、閉め忘れてたんです。」と、追い返された。
9時50分。
ん?まだ営業時間内だと思うけど…
おにいちゃん、早く帰りたかったのね。

ヘッドライトに照らされた雨が、地を這うように駆け抜けていく。
フム。雨足とはこのことか?
などと、トンチンカンなことが頭に浮かぶ。

その次のドラッグストアに飛び込んで、「営業時間は何時まで?」
と聞いたら「10時までです。」との返事が。
スゴスゴと引き返す私に、「すぐだったらいいですよ。」
おばちゃん(私より若いけど)は、なんだかほんのり優しかった。

店を出てすぐ、1番欲しかったサプリを買い忘れたことに気がついた。
相変わらずマヌケだわ、私。

死にかけのズック靴に雨が沁みて足が冷たい。

手に持った荷物をぶちまけて、大声で泣き叫べたらいいのにな。
少しは気持ちがスッとするかも。
でも、この歳じゃ病院送りになっちまうわね。
そういうことだけは避けたいわ。

思ったようにもの事が運ばない。

来年の今ごろ、私は何をしているのだろう。



にほんブログ村

枯れてしまえば

今日、街中の交差点の向こうで選挙演説をしていたよ。
うるさいな。音量下げてくれないかな。
でもなあ、選挙だもんな。
必死なんだろうから仕方がないか。

夕方のニュースにその人が話題?になっていた。
すでに崖っぷち。。。たいへんなんだね。

…………………

政治が分からない。
安倍さんの政策がどうなのかさえ分からない。

ああ、1つだけはっきりと良かったことがあった。
数年前、アベノミクスとやらで株価が上がったこと。

あちこちで厚生年金基金が破綻して解散するしかなくなったとき
株価が上がったおかげで、運用益が出て、無事に解散できたこと。

厚生年金基金の解散の際に損金が出ると、
加入している企業がその損失を補填しなくてはいけない。

基金の解散話が出た当初、資金の運用損が大き過ぎて
私の勤めている会社のように、少人数の零細企業でも
数百万の負担がでると戦々恐々としていた。
「。。。。。んなもん払ったら、会社が潰れちまうよ。。。。」

それが、株価のおかげで逆転ホームラン!
分配金までいただいて、メデタシ。と、相成った。

政治って、結果オーライなんだよなぁ。

…………………

そういえば、小池さんてどうなんでしょう。

都民ファーストとやらが、すでにファーストが他所に移ってるって凄いなぁ~と、思う。
政治家なんて、嘘つきじゃなきゃやってられないんだろうな~、と、思う。

「しがらみがない。」っていうのは、清廉というより、孤独な感じがする。
いざという時、助けてくれる人がいるやら、いないやら。
しがらみがない分、裏切られる可能性もあるわけで、
裏切る側になる可能性もあるわけで…

私は見るからに女性な感じの小池さんが好きじゃない。
ネチャ~ッとした声や話し方が、オンナな感じがして生理的に苦手。
きっと優秀な人なんだろうけど、オンナは苦手。

アホな男はいっぱい見てるから、男尊女卑なんてクソ喰らえと思うのだけど
オンナ的なものを感じると、何だかなぁ~と、目をそむけたくなる。

…………………

そんな政治とは全く無関係な話。

私「企業や政治で女性登用とかって、盛んに言われるけど
   女性って、ホルモンの関係で心や身体に波があるじゃない。
   だから、責任ある仕事とかって、無理な気がする。」

友「そんなこと言ってたら、いつまで経っても変わらないよ。」

私「だからね、更年期を過ぎた女性ならいいんじゃないかと思うわけよ。
   女なんだけど、安定してるから。」

友「あんたさあ、そんな風に枯れてしまえば、女である必要もなくなるわ。」

そっか。そうだよね。
生殖年齢を超えてしまった女なんて、社会的に価値が低いのよね。

どんなに頑張っても、ババァと呼ばれるだけ・・・

小池百合子さん。65歳。
満額、年金を受給できるお年なのね。
それなのに、瑞々しくて意欲的。
スゴイね。

女の価値は若々しい意欲で決まる。(注意。若さにあらず)
のか?

枯れてしまえば、魅力も消える。

………………

60歳手前で、枯れススキのような私。
いや。ね。気分は案外楽なのよ。
女としての価値は最初っからなかったからね。
だからって、ババァになりたかった訳じゃないけどね。

私は歳を重ねて、女を過ぎて、男を超えて、人間になりたいって思ってた。

あらら、もしかして、私の最終形は妖怪人間だったの?
『早く人間になりたーい』

ババァとどっちが良いのやら。(゚∀゚)アヒャヒャ



にほんブログ村

気がかりだったこと…隠し味

長生きはしているのだが、いろいろと無知な私。
そうよねぇ、他人との接触を極力避けて生きて来たから
経験不足は否めないわよね。

それでもここまでなんとか来れたのは、いじめられっ子だったころに培った勘のおかげかな。

自分を守るためなら、平気で他人を貶める。嘘をつく人達。

アホな子はほとんど本能みたいだから仕方ないのかなぁ~と、冷めた目で見てたあの頃・・・
ちょっと利口な子の方が、たちが悪かった気がするよ。
明るい笑顔の向こうに悪意はあった。

大人になって、振り返って、憐れな人達と思えるようになるまで
ずいぶんと長い時間を浪費してしまった。

……………

私が熱心に見ていたそのカテゴリーの上位にそのブログはあった。
ただ、私の興味はそのブログになかったので、あまり熱心な読者ではなかった。

ぶっちゃけ、好きじゃなかったのよ。
だって、だって、あんまりにも人間的な浅ましさがダダ漏れじゃないか。

……………ちょいと寄り道…………

昔、ホテルのレストランで食べたディナー。

私「ここ、美味しいって評判だけど、ねえ、塩味きつすぎない?」
友「まあね。でも、それさえなければ美味しいかもね。」

いやいや、それでは美味しいとは言えないではないか。

まあ、人の味覚なんてそれぞれだから、正解はないのだけどね。

……………………

そのブログ主が好きじゃなかった・・・なかった・・・なかった~~~嫌いだった。

なんかね、なんだかねぇ~、ナルシストなんだろうなーって感じ。
でもね、多分、きっと・・・な、憐れな人の感じ。

ランキングって残酷よね。
トップを目指しても、自分の力だけじゃどうにもならない。

嫉妬なんだろうね、記事の隠し味としてイヤミなことを書いていた。
だけど、てっぺんのブログを蹴落としたくても、まずもって足が届きまへんがな。
ならば。と、でも思ったのか、とある場所への誘導記事を書きやがった。

私もノコノコそれを読みに行って、その人の本気をはっきりと感じたわ。
隠しきれない隠し味・・・
他人の言葉を利用して、影から人を傷つけたかったの?
そこまでやる?

それでも良い人ですかね。
悪気のない人ですかね。

「あの人を傷つけたかも知れない。」
そんな言葉が出た時点で、どうして「あの人」が頭に浮かんだか考えてごらんよ。
周りのブログのほとんどを、自分の引き立て役として小バカにしてたのに
どうして他の誰かではなく「あの人」を傷つけたかもしれないと思ったか。

心当たりがありすぎたんだろうね。
意図してやってたこと、バレてるんじゃないかと不安になったんだろうね。
誰かに指摘される前に逃げを打っただけじゃないの。
白々しい弁解だよね。

騙されちゃいけないよ。

……………

これがなければ美味しい料理って、やっぱり美味しい料理じゃないのよ。

『ああ、、、だから、しょっぱい人生を送るはめになったのね。』
私はストレートに嘲笑って差し上げますわね。
この毒気を隠す気なんぞありませんから。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中途半端ですが、このシリーズはこれでおしまいにします。

ただ、ずっと気がかりだった。
本気の悪意は平気で善意を悪用するから。



にほんブログ村

気がかりだったこと…笑止千万

ずいぶんと前のことだが、とあるカテの熱心な読者だったことがある。
たくさんのブログがあって、たくさんのブログ主が居た。
今では読みに行くこともなくなったので、そこがどうなっているのか今はしらない。

そこで私は、若い女性(Tちゃん)と知り合った。
あるブログのコメント欄。
開店休業ではなく、休店開業のそのブログで私たちは遊ばせてもらった。
勝手にブログ主=大家さん。私たち=間借り人。という感じで。
楽しかった。

やがて私たちはブログをはじめ、間借り人を解消した。

Tちゃんのブログは面白かった。
映画や愛すべき家族や親族の話がいっぱい。

だったのに・・・のどかなブログが・・・。
元大家さんに対する怒り。私には理由が分からなかった。

正直なところ、今もよく分かってはいないのだけど
オロオロとあちこちのブログを読みあさって、ある結論に達した。

卑怯にもコメント欄を閉じている(怖いのよ。ヘタレなのよ。)私には、
それが正しいのか否かを確かめようがないのだが、憶測的結論をここに書くことにする。

………ここからはファンタジーだよ~…………

Tちゃんの怒りの原因は同年代の女性からのメールが発端となったようだ。
その人は誰?
FX破産のFさん?
もしFさんだったら・・・という仮定。

残念ながら私はFさんのブログを完読することができなかった。
読み切る前にそのブログは消えた。

最初はFXで1000万の借金をして、頑張って返済するぞ。というブログだったと思う。
若いお姉ちゃんの書くご陽気な文章とは裏腹に、内容はなかなか重いものだった。
やがて自己破産。
何故かその後もほぼ同額の借金を返しているという不思議な内容に変わっていた。

自己破産したなら、借金から解放されているんじゃないの?

どうやらFさんは、金融機関の借金を踏み倒しておきながら
身内や友達の借金はこっそり返済することにしていたようだ。

法的な救済措置の悪用ね!
いや~、それってダメなんじゃないのぉ~
てか、違法行為じゃね?

それもさぁ、自己破産するって決めてたくせに、
どっかの金融機関からお金を借りて、FXにぶっこんだんじゃなかった?

最後の賭けってヤツですかね。

でも、それって、ほぼ詐欺なんじゃない?
生活保護の不正受給と変わらないんじゃない?
真っ当に生きてる私には、もう犯罪だと感じてしまうけど違うのか?

バカなの(に)死ぬの(は、イヤだから)犯罪まがいのことをしたの?
それ程までにFXという半丁博奕は魅力的だったの?

そんな人が、元大家のブログネタにされるのが辛かったとな?

笑止千万! ざまあない! で、ございますわよ。

………………

元大家さん(のブログ)が、どう評価されようと、
すでに読者ではない私の知ったことではない。
というか、あのお方はそれくらいのことでダメージを負わないだろう。

ただ、私の憶測が当たっているなら、私はFさんに怒りを感じる。

FXがやめられず、自分のやった犯罪まがいのことを棚に上げて、
元大家への腹いせに、Tちゃんにメールを送ったのなら…

猛烈に、ハンパなく、すんげー悪意を感じるんですけどぉ~

………………

みなさーん。FXはバクチですよ。

気をつけないと、Fさんみたいに泥沼にはまりますよーっ。

何とも、素晴らしい前例として元大家のブログで生きている(のか?)らしいけど。

Fさんはブログを消したけど、身バレでもしたら大惨事になるから当然よねぇ。
クワバラくわばら、ってやつだわね。
今も奨学金の保証人だった叔父さんに、法の目を盗んでお金を返していることでしょう。
親や友達にもね。

はて? Fさんは、気の毒な人なのでしょうか?

私なんか、いやなこと思い出してウンザリしちゃうんですけどね。
我が身が可愛いって、仕方ないことなんでしょうかね。
他人を利用して、溜飲下がったって喜んでるのかしら。

若かろうと、女性であろうと、性根の腐ったクズはクズだと、私は思うのですがね。

まあ、性根も腐るギャンブルや借金の恐さを教えてくれる
反面教師としての価値は高いかも知れませんけど。

………………

これは私の空想物語。
どの人も、実在しているかさえ分からない、ネットならではの物語。
真実も正義も存在しない場所ですもんね。

それでもやはり、気がかりだったので書かずにいられなかった。
会わなくても、見えなくても、心の痛みは本物だから。



にほんブログ村

気がかりだったこと・・・序章

あることが気になっていた。
気にしながら時間が過ぎてしまった。
スルーしようと思いつつ、どうにもあることが引っかかる。

なので、書いてみようか・・・

………まずは、無関係な話だけど序章から。…………

私の友達。
小学校からずっと仲良しだった。
もう、30年くらい会ってないけど、おそらく友達としか呼びようがない関係。

10代後半、高校生のころ、私は彼女のおかげでイヤな思い出を持つことになった。

彼女は美人だった。背も高くてスタイルもよかった。
そして、少し病弱で、奥ゆかしくて、はかなげな感じだった。

ま。男受けするタイプってやつですね。

私?
私は10人並の容姿で、勝ち気で可愛げのないコだった。
男子が呼び捨てにするなら、私も呼び捨てにする。
「おーい、こちる」と呼ばれたら「なによ、鈴木」と返事をしてた。

そんな私に彼女は言った。
「女の子はね、男子を呼び捨てにしたらいけないよ。」ってね。


まあ、私は傍から見たら、美人にくっついている不細工な親友的な存在だったと思う。
いつの時代もありがちなお話し。
色気づくよりずっと前から友達だったから利害関係なんてなかったのにね。。

………………

高校生。青春!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
恋するお年頃。
私も彼女も恋をした。(私も?!なのヨ・・・テヘッ)
遠い過去の思い出~~~

……………

やがて彼女に同級生のカレシができた。

ウーン。
人をおちょくるのが好きな、賢くないのにそれらしく振る舞うタイプの男。
仮にヤマダとでもしときましょうか。

「こちる。お前なぁ~」などと偉そうに話しかけてくる。
「なんだよ。ヤマダ。うるさいわ。」な感じで話をしていた。


  《で、話はそれます》

ある日、彼女が私にお願いをしてきた。
ヤマダのことではなく、クラスの別の男子、お調子者の佐藤のことで。

「私、佐藤君が嫌いなの。声をかけられるのもイヤなの。
 だから、こちるも佐藤君とあんまり話をしないで。」

どうでもいいことだし、友達からのお願いだから「別にいいよ。」って約束をして、
私はそれを守っていた。

で、しばらくしたある日、彼女と佐藤が学校に来ない日があった。
「あいつら寝坊でもしたんじゃね?よりによって同じ日にw」

事実は違った。別の友達から聞いた後日談

その日、彼女は気分が沈んで、モヤモヤしていたらしい。
そこで、佐藤を誘ってドライブに行ったらしい。

へ? 声を聞くのも嫌な佐藤に、彼女から声をかけたの?
んでもって、授業をさぼって長距離ドライブって・・・


はあ~っ! さすがに驚いた。
そして猛烈に腹が立った。
私は約束を守って、佐藤に話しかけることもしなかった。

で、私は裏切り者の彼女と口をきかなくなった。

でさぁ~、その結果どうなったと思う。


  《友達のしたこと・・・女子達の話》

女子「こちるぅ。この前、友達が泣いてたよ。こちるが友達を無視するって。」
私「だってね、カクカクシカジカなことがあったんだよ。腹がたつでしょう。」
女子「えっ。話が全然違うんだけど・・・」

--友達が女子に話したこと--

 こちるはヤマダ君が好き。
 でも、ヤマダ君は自分と付き合っている。(注、佐藤ではない)
 こちるが自分を無視するのは、そういう理由だから、
 こちるの気持ちを思うと、私は悲しい。オヨヨヨヨォ。シクシク。


あ~ん? 私が嫉妬で無視してるってことか?

たしか、ヤマダが「こちる。お前、俺が好きなんだろ?」とかって
気持ち悪いことを言っていたけど、あれって本当にそう思っていたのか。
友達もそれを真に受けたのか?

でもね、友達は知ってたはずだよ。
私が別の人を好きだってこと。

………………

どうして友達が、あんなおかしな言い訳をしたのか分からない。
多分、本当の事は話せなかったんだろう。

でもさあ、そのおかげで私の青春の思い出は、群青色になっちまったわ。
みんなの思い出の中の私は、ヤマダに横恋慕。。。
トホホホホ、、、私の青春に何してくれたのよ。
………………

まあ、なんだ。
華奢な女の涙を見たら、男も女もコロリと騙されるってことですわ。

私は思う。
友達は色々と後ろ暗かったのだろう。
自分を正当化するのに、友を気遣う優しい自分を演じて見せたのだろう。
おそらく無意識のうちに私に悪意をむけた。
だから、無関係な女子達にあんな話をしたんじゃないかって。

……………

やがて大人になって、友達のような人は結構いることに気がついた。
お腹の中で「悪意じゃないのよぉ~。意図的って、言ってよね。イヒヒッ」
と、笑っている人の気配を感じることがある。



にほんブログ村