お月様にあいたくて

闇夜の砂漠で月を待つ。 それが日常。 たまには、こっそりひっそり毒でも吐こうか。

イラッ。困ったもんだ。

直そうと思っても、しみこんだ生活習慣は変わらない。
会社の近くに住んでいるので、朝はギリギリまで寝ている。
いい歳して困ったもんだ。

が、今朝はいつもより1時間早く起きて、犬の散歩に行ってきた。

飼い主である友達は、先週金曜日から親戚のお宅に行っている。
「日曜日には帰るからヨロシクネ」

……………

ラブ。私は彼女をBニャンと呼んでいる。
BlogPaint


去年から耳が遠くなっていたが、今では全く聞こえなくなってしまった。

だから、散歩のために玄関を開けて名前を呼んでも反応はない。

かつては、鍵を差し込む音だけで狂喜乱舞してくれたのに。
今はチャイムを鳴らしても、大声で叫んでも、目の前に行ってやらなくては
私に気づくことはない。

よそ様の家の中、茶の間にいないBニャンを探して探検?

彼女は飼い主さんの部屋でスヤスヤと眠っていた。
彼女用の小さな布団に、クルリと小さく丸まってグッスリ。

そっと頭をなでても無反応。

警戒心ゼロのその姿を可愛いと思いつつ、それがとても悲しいと思った。
可愛い姿のまま、あなたは歳をとってしまったのね。

軽く揺すってやると、静かに目を開けて私に気づく。

そして、喜びを全身で表現しようとする前に、そっと抱き上げて階段を降りる。
ドクドクと激しく脈打つ鼓動を両腕で感じながら「落ち着いて」と、声をかける。

でも、あなたに私の声は聞こえない。

子犬の頃から心臓肥大気味のBニャンに興奮は大敵。
寝覚めに大興奮をさせてしまって、咳き込んでしまったら、それを止めてやることはできない。

落ち着かせるために、どれほど声をかけても、彼女には聞こえない。
音のない世界で、生きるBニャンを安心させるのは腕の中しかない。

切ない。

土曜日。お日様ピーカンの中、散歩を済ませて夕方まで一人(一匹)でお留守番。
7時過ぎにに再び散歩のお迎えに行った。

玄関先まで行くと、家の中からBニャンの吠える声が聞こえてきた。

・・・耳は聞こえないんだよね。
まさか、ずっと外を見て待っていたの?

切ない。

その切なさに引きずられて、お昼の散歩1時間。夕方の散歩1時間半。
私はヘロヘロに疲れてしまったのに、まだ家に入りたくないって…

強引に家に入って足を洗い、エサを出す。
エサを食べ終わったら、眠たさにとろけそうな目をしながら必死でこらえている。
ああ、昨日はあなたが眠った隙に帰ったから、今日は眠らないつもりなのね?

飼い主さんの家族が仕事から帰るまで、
私はBニャンの寝ぼけまなこな監視のもと、テレビを見て過ごす。

そして日曜日。
夜になっても飼い主さんからの連絡がない。
またか。。。

滞在延長はいつものことで、酷いときは1週間以上だったこともある(笑
が、連絡はいつもくれていたのに・・・

………………

で、本日月曜日。今日は仕事だ。
だから、Bニャンの散歩のために、頑張って早起き。

夕方には飼い主さんも帰っている思っていたが、家の前を通ってもその気配なし。
玄関に近づくと、Bニャンの吠える声が聞こえてきた。

やっぱり、眠らずに待っていたんだ・・・切ない。

散歩してる間に帰って来るかな?
そんな期待を胸に、夕飯前の腹ペコ状態で散歩に出かけた。
1時間以上歩いたというのに、まだ帰らないと踏ん張るBニャンを強引に引きずって帰宅。
飼い主さんは帰っていなかった。

エサを食べ終えたBニャンは、私に甘えたり、距離を置いて見張ったり
帰って来ない飼い主さんのお出迎えのために玄関に行ったり。

切ない。切なすぎる。

………………

しびれを切らして電話をしたら、「今、市内。30分待ってて」

帰宅した飼い主さんに、「電話くらいしてよね」(* ̄m ̄)と言うと
あっけらかんと「あら、忘れてた。」だと。
イラッ!

そして、「こちるさんがいるから、安心して家を空けられるわ。」だと。


Bニャンは可愛いよ。可愛いからお世話をするのはイヤじゃない。
でも、私が動くたびに「一人はイヤよ。帰らないで!」と訴えかけるBニャンが不憫じゃないか。

「でもね、こちるさんがいてくれたら大丈夫だから。すごく助かるわ。」

いや、そういうことじゃなく・・・論点がズレまくりなんだが・・・

まあ、そういうことで、「次回もヨロシクネ。」で、会話は終わる。

Bニャンはとても可愛い。
が、だから余計に「困ったもんだ」なのだけど。

それ以上に、飼い主さんには困ったものだわ・・・




にほんブログ村

説明不能

70代も中盤にさしかかった友達の1週間は忙しい。

老人倶楽部のレクレーション。
歯科・眼科・内科・リハビリ。
友達との食事。

「もう、私も歳よ。病院通いに忙しくて…」

ガン家系の友達は、毎年大腸検査をうけている。
そして、毎年ポリープが発見されるらしく、切除しているらしい。 

「こちるさんも大腸検査を受けた方がいいわよ。」
「私? 会社の健康診断さえ10年以上受けてないよ。」
「まあ、よくそんなことできるわね! 心配じゃないの?」

心配もなにも、会社の健康診断は義務なんだけどね、受けに行くヒマがない。

それでも内科には通っている。
遠い昔の健康診断でコレステロールとガンマgtpに引っかかって以来、薬をもらいに。

「それ、食生活よぉ~」
「いや、違うの家系なのよ。医者にお酒は…と言われても、私飲めないから。
 コレステロールは、なにをやっても善玉が増えない。母の体質と一緒なの。」

「それにしても、健康診断ぐらい受けなきゃだめよっ!」

うん。それは分かっているんだけどね、話が面倒になってイライラする。
会社の人達の手続きは私がする。
そして、みんな一斉に検診を受けに出かけてしまう。
で、私はお留守番。それでお終い。チャンチャン!

それに、もう私、自分の健康に興味がない。
そりゃこの歳だもの、調べたら何か病気が見つかるかも知れないけど、
正直、どうでもいい。

「なに言ってるの? 自分の健康に興味がないって? 死んでもいいのっ?」

はい。死んでもいいです。
というより、長生きしたくないです。。。

…………………

友達のように子どもの頃から恵まれた環境で、経済的な不安のないまま生きて来た人は
無条件に、生きることに、生きていることに価値を見出す。

ホテルで食事をするとか、旅行に行くとか、友達とおしゃべりするとか、観劇するとかetc
そういう、生き甲斐は私にはない。

これからも貧乏引きずって、トボトボ生きる以外の人生見えないもの。

わざわざ死ぬ気はないけど、もう生きることに興味はないのよ。

そんなこと、70代の友達に言うのは残酷だし、理解してもらえないだろうから、
「私、元気だからぁ~」と、笑って見せる。


生きるは食べる。食べるは労働。

「歳をとっても、元気に働けるって、素晴らしいことよねぇ~」

って、なんか、もう、かなり、違ってるよね(笑



にほんブログ村

さて、ご飯にしようと思ったら

飢餓状態で会社から帰ってきた。
が、まだ夕食を食べるには早すぎる5時半。

シフォンケーキでも焼きますかぁ。

ケーキの焼き型を買ってから、あまりの楽しさにしつこく何度も焼いていたのだが
実験がてら色々入れてみて、かなり悲惨なものを作ってしまった。(*'-'*)
とても他人様におすそ分けできないしろもの。

えーいっ!と、一人で食べ続けて、体重が爆増。(O_O)
春になって衣替えをしたら、ジーンズがパッツパツッ。
お腹周りに浮き輪が・・・

慌てて、友達のワンコとの散歩を再開した。

日曜日、うまく焼き上がったらその友達に届けようとシフォンケーキ作り再開。
凝りもせず、オレンジピールを細かく切って入れてみた。

出来上がったケーキは、驚くほど美味しく美しく出来上がった。
友達に絶賛されて、いい気分。

………………

夢よ、もう一度。

そんなわけで、空腹だけど夕食前にケーキ作り。

焼き上がりを待ちながら、ご飯でも食べましょう ♪

が、である!
週末にたくさん炊いたご飯は、冷蔵庫でキンキンに冷えっ冷え。
なのに、オーブンレンジは稼働中。

現在、腹ペコなのに、ケーキの甘い香りに包まれて悶絶中。


段取り間違えると、とんでもないことになるという教訓ですわねぇ。
グゥ~



にほんブログ村

視点

天井のない監獄。

3年後の2020年、東京オリンピックが開催される年には、
ガザ地区は生活不能な状態になると予測されている。

ナチスによって迫害されたユダヤ教徒は、自分たちを受け入れてくれた
パレスチナ人を何十年も迫害し続けている。

ナチスは正義ではなかった。
それでは、イスラエルのユダヤ教徒は正義なのか?

地上はもちろん、空や海にも逃げ場のないガザ住む人達に
ユダヤ人は砲弾を撃ち込む。
それは、虐殺行為ではないのか?

所詮、正義なんてこの世にはないんだよ…

………………

視点を変えれば見えるものの姿は変わる。
damasi


私たちはだまし絵の世界に生きているようだ。

私は自分自身がだまし絵なのかもと思ったりする。

だから、今、肯定している自分を、明日も肯定できる自信がない。

それは、私自身の視線や視点が心と共にと変わるから。

でも、だからといって、今、無理して自分を否定する必要はないよね。

私は、私だ。

ダブルスタンダードと言われようとも、その時々の私は、間違いなく私だ。
今の私と昨日の私が違っていても、誰かに非難される覚えはない。

damasi2
円が隠れていました。

………………

かつて寄生していたブロガーさんのブログを離れて、私が思うことは

『無知ゆえに、無邪気にその庭ではしゃいでごめんなさい。』かな。

ともちん。
あの家主はとても心が広かったと思うよ。
長い間、借金カテとは無関係の私たちを自由に遊ばせてくれたもの。
あのブログの読者に、私たちは異物・邪魔者でしかなかったと思うのだけど
シンさんは我慢強く、あの場にいさせてくれたもの。

最後はどうあれ、ご迷惑かけたのは間違いないし、今の私は感謝している。

………

joenさんが消えた時「何故?」とは思わなかった。
あのキャラに惹かれて、あのキャラに寄せられたコメントは
joenさんにとって重荷だろうなって、いつも思いながら見ていたから。
陽気でお茶目?のjoenさんの現実は、、、、

読者が求める理想のjoenさんは、最初からいなかったのかも知れない。
なんて、思ったりする。

………

ナツジさんは、よく分からない。
律儀な中間管理職的なイメージしか湧かない。
それに、思ったことを書いたら、泣かせてしまいそうな予感しかしないw

………

スペシャルさんは論外。
彼は心が広くて受け入れるのじゃなく、面倒だから放置してるだけだと思うよ。
おちゃらけてはいるけど、かなり陰険な匂いがプンプンしてる。
誰かを攻撃するときは、周りを巻き込んで上手に立ち回るしね。
策士というのか、ヘタレというのか分からないお方ですわ。

…………………

ララさんのブログを、貧乏カテで読むようになって、借金カテからは目が遠のいた。

今では、シンさんも、joenさんも、スペシャルさんも異界の住人なんだって思う。
だから借金のない私は、傍観者でいるのが一番だと思っている。

ま。傍観者以外になれないんだけどねw

…………………

わけも分からぬ傍観者に、ここは自分の居場所ではないと気づかせてくれた
シンさんには、やはり感謝ですわ。

なーなーで受け入れるより、拒絶する方がはるかにむずかしい。
視点を変える、立場を変える。
そうしたら違うモノが見えて来るんじゃないかな。

ブログって、切り取られた部分でしかなくて、PCの前に座る私の一部でしかない。
どんなに書き込んでも、このブログは私の全てにはならないんだよね。

この前、イラストを探しててナツジさんのマンガを見て思ったのよ。
楽しかったな。って。

いつまでも怒りを抱えていてはつまらないよ。
その怒り、パタパタと畳むことはできないかしら?

『お前に言われたくないっ!』と言われたら、身も蓋もないんだけどねw


※昨日、寝たのは3時半。←これって、すでに今日なんだ。
 2日がかりで書いた記事を読んで脱力しとります。
 そして、力尽きました。。。パタリ
 意味不明のまま投稿します。ごめんなさい。
 



にほんブログ村

寝ようと思ったのに、ワロタ

ウダウダの休日。
本日の成果はオレンジケーキと大量のカレー。
部屋の片付けと、長すぎるお昼寝。

さあ寝る前にいつものブログチェック

ブハッ! ブハハハハァ~

寝ようと思ったのに、眠いのに (゚∀゚)アヒャヒャ ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
が、止まらない。

思わず、彼女の感想を聞きたくて、別ブログにコメントを入れようとしてやめた。
だって、映画ブログに関係ないもの。

だから、眠いけどここに書くしかないってことで。

KIDSパンツと○人殺し(人数忘れた)が同一人物だとな?
haibara

  ↑ こちらさんと、
            ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ
  ↓ こちらさんが
0e2aa59c

※カラーイラストはナツジさんのブログから拝借しました。

本文読まずに決めつけられちゃった?

架空ブログ捜しの波に乗るのが悪いとは言わないけど、
見方によっちゃ、アクセス乞食なだけじゃない?

品性ないけど、上位と絡めばアクセスのびるものね。

に、してもだよ、あまりの無理さ加減に思わず吹いてしまった。

………………

懐かしいなぁ~、架空ブログバブル?
『架空』って言葉で、アクセスがギュイーンッとアップする?
まだ続いてるんだぁ。

でも、でも、でもぉ~~~~~~~~
あんまりのガセはいかんぜよぉ~

ララさんが驚いて、母乳がとまったらどうしてくれるのっ!

が、しかし、私は、ブハッと吹いて笑ってしまいました。

アホなことに睡眠時間を削ってしまった。
土曜日は仕事だ。
もう寝る。お休みなさい。



にほんブログ村
livedoor プロフィール